ニュース
» 2022年06月17日 18時00分 公開

人生29年でいまさら「新世紀エヴァンゲリオン(TVアニメ版)」を見たらラスト2話で絶句した話 ……え?(1/4 ページ)

何を見せられているんだ……。

[ケンゾー,ねとらぼ]

【※以下、いまさらですが「新世紀エヴァンゲリオン(TV版)」についてのネタバレが含まれます】

 人生29年、生まれて初めてエヴァンゲリオンのTVアニメ版を全部見ました。なお、最近まで映画館でやっていたものも含めて見たことはなく本当に初めてです。

エヴァンゲリオン (エヴァンゲリオンの公式サイトより)

 29年も生きてきて、なぜこんな超大作を見てこなかったのかと聞かれれば、もともとアニメはほとんど見ないし、話が陰鬱そうな感じがした(ファンの方すみません)ので、自分のようなタイプには刺さらないだろうな、という気持ちがあったからです。

 ところが実際見てみると、思っていた以上に衝撃的な展開と緻密な設定、キャラクターの深い心理描写が繰り広げられ、「えっ? 今のどういうこと?」「何で大人たち14歳のシンジくんにこんな当たり強いの?」「何で裸なの? 」などと思わず口に出してしまうほどハテナの連続。続きがどんどん気になっていき、ついに先日、TVアニメ版全26話を見終わりました。

 ここからは、筆者が「衝撃」という名のボディーブローを浴びに浴び続け、「残酷な天使のテーゼ」「魂のルフラン(Apple Musicにあった高橋洋子さんのシングルに残酷な天使のテーゼと一緒に入っていました)」をずっと聴き続けるまで脳に浸透された強烈なエヴァ視聴初体験をつづっていきたいと思います。

そもそも、なぜ見始めたのか

 そもそも、ほとんどアニメを見ない自分がなぜ突然「エヴァンゲリオン」を見始めたのか。それは、ねとらぼ編集部に配属されたことがきっかけでした。SNSで記事の材料となる情報を探したり編集部内のチャットを見たりしていると、エヴァネタが時々出てきます。電力が逼迫(ひっぱく)する中で国から節電要請が出されると、「ヤシマ作戦」というワードがTwitterのトレンドに上がり、エヴァの話であることはツイートで分かるものの意味があまりつかめませんでした。そんな日々が過ぎていくうち、

 「Web媒体で働いているうえで、エヴァンゲリオンは見ておいた方がいいのでは……?」

 と思うようになったのです。

第壱話、第弐話を見た衝撃

 視聴はNetflixでしました。エヴァンゲリオンは西暦2015年の話で、どうやら都市の一部が荒廃した世界のようです。第壱話冒頭、繰り広げられる軍隊と巨大な怪物「使徒」との戦いの迫力はすさまじく、早速見とれてしまいました。すげえ……。

新世紀エヴァンゲリオン 第壱話

 が、戦車やジェット機では、使徒には対抗できないようです。軍隊が破れ、戦いが一段落すると、主人公のシンジ君がミサトさんに“ネルフ本部”へ連れていかれます。

 そして、ここにきて待ちに待ったエヴァンゲリオンが登場……! しかし、ここで筆者、衝撃を受けます。

 

 「これ、ロボットじゃなくて人造人間だったんだ……」と。

 

 29年間、ずっとエヴァンゲリオンはロボットだと思っていました。だって、どう考えてもこのサイズ感とデザイン、人間じゃなくてロボットでしょ。乗り込むんだし。しかし、そんな衝撃を飲み込む間もなく、突然初対面の女性(あとで赤木リツコさんだと知る)からシンジ君は告げられます。

 「あなたが乗るのよ」

 えっ……? そんないきなりこの少年、ロボッ……間違えた人造人間に乗り込んで巨大な怪物と戦えって言われるの……? 酷すぎない? 教習場に通ったこともないのにいきなりF1出場しろって言われていけます? 死ぬでしょ?

 しかも、リツコさんや、息子を「予備」扱いするグラサン親父に畳みかけるように、さっきまで陽気だったミサトさんまで「乗りなさい」と言い出す始末。なんだこの大人たち……。

エヴァンゲリオン (「新世紀エヴァンゲリオン」第壱話より)

 自分が小さいころだったら違和感を覚えなかったかもしれませんが、大人になった今では、シンジ君かわいそうすぎないか……と思ってしまいました。「何でこの組織は、こんなことになる前にもっと対策しておかなかったのか」とフィクションに対して思わず突っ込んでしまいましたが、現実社会も案外こんなことばっかかも……と妙に納得してしまう部分も。なんか悲しい。

 しかも、この大人たちがズルいのは、シンジ君が乗れないと断った瞬間、代わりにけがだらけの少女をシンジくんの目の前で乗せようとするところです。そんなのないよ……。

エヴァンゲリオン そりゃシンジ君もこの表情になる(「新世紀エヴァンゲリオン」第壱話より)

 結局、シンジくんは乗ると決意したのですが(偉いよアンタ……)、やっぱりうまく操縦できるはずもなく、いきなりぶっ倒れました。そして、そこからは使徒にフルボッコ(これ、操縦者に直接ダメージ来る系なんだ……)。誰かシンジを助けて……。

 ただ、驚いたのはその後でした。エヴァンゲリオンが怪物みたいに暴走し始め、使徒をぶっ倒してしまったんです。「なんだこれは……」と目がかっぴらきました。漫画や特撮で暴走シーンが好きな自分は、ここでぐっと引き込まれます。しかも倒した後、頭の「兜」のようなものが取れ、中から生き物の「眼」が出てくるんです……。

 う、うおぇ……。こ、これはロボットじゃねえ……。ロボットアニメというより、怪獣特撮みたいな作品だな、これがエヴァか……。こういう作品を作ったから、庵野さんは「シン・ゴジラ」とか「シン・ウルトラマン」に関わるようになってくるのかなと思いました。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」