ニュース
» 2022年06月15日 17時31分 公開

「ポケモンカード大会に出るのでライブ休みます」→全敗に終わり結局出演 あるバンドメンバーの悲劇に同情の声(1/2 ページ)

バンドの運営に詳細を聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ロックバンド「秘密結社ニルヴァージュ∀」のメンバーが、ポケモンカード(ポケカ)の公式大会に出場するためにライブを欠場すると発表される珍事が起こりました。これだけでも相当珍しいですが、勝負の果てにはさらなる斜め上の結末が……編集部はバンドの運営に詳細を聞きました。

ニルヴァージュ∀ 秘密結社ニルヴァージュ∀のメンバー。右上にいるのが話題の主となったセイゴ=マーベラス=カネキさん

 ライブ当日の6月11日は同バンドの楽曲リリースイベント(リリイベ)開催日にして、ポケモン公式イベント「ポケモンジャパン チャンピオンシップス2022」の初日。カードゲーム部門では、ポケカ日本一を決める大会の予選が予定されていました。

 バンドメンバーの1人、セイゴ=マーベラス=カネキさんは、抽選に当たり大会の出場権を獲得。前日に「超超超個人的な理由なんですけど僕にとってとても大事な大会があるので」と謝罪しながら、バンドのイベントよりも日本一への挑戦を選びました。

 バンドもこれを認め、公式Twitterで本人の意向を説明。「楽しみにしてくださっていた皆様、大変申し訳ございません、優勝してこなかったらぶん殴ってやってください。全敗した場合はイベントに参加させます」と告知して、セイゴさんを大会へ送り出します。

 あとから振り返ればこの告知、よくないフラグの塊だったもよう。セイゴさんは予選で全敗し、公約通りイベントへ出場することになりました。「なんと、全敗したのでリリイベ会場に向かいます。余裕を持って到着します。振り回してごめんなさい」と失意に沈む彼をよそに、バンドはセイゴさんの出場を発表。「無料ハイタッチ会はセイゴのみ無料ぶん殴り会になります」と、先述の予告を踏まえたブラックジョークでいじり倒しました。

 この悲喜劇は、一連の流れをまとめたツイートがきっかけで話題に。「オチが完璧で好き」「無料ぶん殴り会でめちゃ笑ってしまった」と笑いを呼ぶ一方で、「少し推したくなった」「かわいいしおもろいしノリがいいしすき」といった温かい声に迎えられました。

 セイゴさんはその後も「ポケカ負けすぎてバズるのつらい……」「みんながおもてる8倍落ち込んでます」と落胆。編集部は秘密結社ニルヴァージュ∀の運営に、事の経緯やセイゴさんの様子など、詳しい話を聞きました。

―― セイゴ=マーベラス=カネキさんからポケカ大会のためにライブをお休みしたいという連絡があったのは、どんなタイミングでしたか?

秘密結社ニルヴァージュ∀ 大会に当選した際は本人も出場するか迷っていたようで、その報告だけは事前に受けました。その後イベント前日になって「やっぱり出たい」と言ってきたので、「優勝してくるなら出てもいいよ」と出場を許可したんです。

―― イベント本番で、セイゴさんやファンの様子はいかがでしたか

秘密結社ニルヴァージュ∀ 本人は前日に「いや、正直僕の優勝ありますよ」と意気込んでいましたが、大会当日の13時ごろに「みなさんに報告があります」とLINEが入り、続けて「全敗したので向かいます」との連絡がありました。

 会場でその日初めて見たセイゴは、結果に落ち込みすぎて、目はうつろでやせこけているように見えました。無料ぶん殴り会では殴られることなく、ファンに慰められて無事でいます。

―― それは良かったです。バンドの自由な気風を感じる出来事でしたが、これまでにも似たケースはありましたか

秘密結社ニルヴァージュ∀ 以前にメンバーのアヤァが、自分の生誕チェキ会と推しアイドル「PASSPO☆」の解散ライブが重なり、チェキ会を早々に切り上げて解散ライブに行ったことがありました。アヤァは現在、なぜかPASSPO☆元メンバーの増井みおさんと組んで、アイドルグループ「オグメンタル」をプロデュースしております。

―― 今回の件で秘密結社ニルヴァージュ∀を知った人へ、ぜひバンドのアピールポイントを教えてください

秘密結社ニルヴァージュ∀ ポケカでバズったので説得力ないと思いますが、何よりもライブを大切にしてるグループです。バンドサウンドが主体なのでキラキラしてるというよりは泥臭いですが、初めて見る人でも楽しませる自信があります! 8月9日にリリースする新曲「SUPER DRIVE」のリリースイベントがたくさんあります。ライブは無料で観覧できますので、気になった方はぜひ遊びに来てください。よろしくお願いいたします。

画像提供・協力:秘密結社ニルヴァージュ∀@S_S_NiRVERGE

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」