ニュース
» 2022年06月20日 21時00分 公開

劣化した謎のフィルムを復元したら貴重な人形アニメCMがいっぱい出てきた! Twitterで拡散され川本喜八郎作品と判明(1/3 ページ)

復元した北海道アーカイブセンターと、人形アニメーション作家の細川晋さんに話を聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 投影できないまでに劣化した、内容不明の映写フィルムを復元したら、テレビ放送草創期の貴重な映像が大量に――。まるで遺跡の発掘のようなエピソードが、Twitterで注目を集めています。

フィルム 話題のフィルムは、劣化して蛇の抜け殻状態。いったい中身は……?

 話題となったのは、映像や音声といった資料の電子化を手掛ける会社、北海道アーカイブセンター(@Hokkaido_ACC)。くだんのフィルムはある人の遺品で、蛇の抜け殻のような形にゆがんでいて映写機を通らず、「もうゴミにしかならない」と言われていました。

 内容を示すメモもなどなく、ビューワー(簡易的にフィルムの内容を確認する装置)を使っても、コマがゆがんでいて静止画の確認すら不可能。そこで、同社は映写機に通せるレベルまでフィルムを復元し、投影を試みました。

 そうしてスクリーンに映ったのは、昭和30年代のものと思われるモノクロのコマーシャル映像。アサヒビールや三ツ矢サイダーなどの商品が、似た作風の人形アニメーションで演出されています。

フィルム
フィルム

 どうやらフィルムの持ち主は、一連のCMを保存用につないで記録していた様子。同社も把握していない珍しい映像ばかりで、確認できた既存の資料映像と比較してみても、人形の振り付けや歌が異なるバージョンだったといいます。

 貴重な映像が発掘される過程は、「ロマンがあってワクワクする」「これはいい仕事」「見たこともないのに懐かしい」と話題に。拡散するにつれ、これらの映像に「シバ・プロダクション」の作品が含まれるとの情報も寄せられました。

 シバ・プロダクションは、NHKの「人形劇 三国志」などで知られる人形美術家・アニメーション作家の川本喜八郎さんと、劇作家の飯沢匡さんがともに設立したCM製作会社。川本さんは1958年から1962年(昭和33年〜昭和37年)に常務取締役を務め、CM製作にも携わっていました。

 Twitterではこれらを裏付ける証言も上がりました。川本さんの遺作「死者の書」に参加経験のある人形アニメーション作家、細川晋(@hosokawa_shin)さんが、川本さんがアサヒビールのCMを手掛けたことや、当時の製作事情といった貴重な話を明かしてくれたのです。

 北海道アーカイブセンターを取材したところ、細川さんや、広告史に詳しい専門家などから同社に連絡があり、映像は昭和35年(1960年)前後に製作された、シバ・プロダクション作品と判明したとのこと。細川さんによると、全てが川本さんの作品とは言い切れないものの、アサヒビールと江口証券のCMに関わっているのは確かだそうです。ちなみに、多くの人形はシバ・プロダクションに参加していた土方重巳さん(佐藤製薬の象のサトちゃんのデザイナー)のデザイン。

 今回の発見について、北海道アーカイブセンターは「これらが作られたのは、現在のようにアナログとデジタルの力を合わせて復元するなど想像ができなかった時代ですから、多くが破棄されてしまっています」とコメント。「一見ゴミのように劣化したフィルムの中にはとても大切な記録が眠っているかもしれません。みなさんには『簡単に諦めずフィルムを捨てないで!』と呼びかけたいです」と述べています。

 細川さんも、「これまで個人的には見たことがなく、発見されたことはうれしいです」と喜ぶ一方で、「こういったテレビ初期の人形アニメーションのCMがどのように残せるのかという心配はあります」と、映像が失われゆく現状を憂慮。「個人管理は徐々に厳しくなるので、できれば然るべき機関や施設が整備されてほしいです。人形アニメーションの関係者として、このような発見がまたあればうれしいです」と、ねとらぼの取材に答えました。

画像提供・協力:北海道アーカイブセンター(@Hokkaido_ACC

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」