なぜ戦争中のウクライナ剣士たちは国際大会に参加できたのか ヨーロッパの国境を越えた“剣道の理念”(1/2 ページ)

「ウクライナの剣士たちにとって大会参加は『希望』の1つだった」

» 2022年06月29日 19時00分 公開
[佐藤まり子ねとらぼ]

 5月27日から30日まで、ドイツ・フランクフルトにて「欧州剣道選手権大会」が開催された。日本ではあまり知られていないが、ヨーロッパには約2万人の有段者がいて、本大会はヨーロッパ最大級の剣道の祭典だ。


2019年にセルビアで開催された「欧州剣道選手権大会」(写真提供:KENDO FAM)

 3年に一度開催される「世界剣道選手権大会」の開催年を除き毎年開催されており、今回は31回目。コロナ後初の開催だったため例年より参加国は減少したが、ヨーロッパ・アフリカ地域32カ国から剣士が集まり剣を交えた。

 この大会に、戦争中のウクライナからも参加があった。各国に散らばった選手たちの旅費や防具を集めたのは、パリ在住のEvgeny Andreev氏(以下エブゲニイ氏)だ。大会開催の約3カ月前からクラウドファンディングで協力を呼びかけ、最終的に1万1936ユーロ(約168万7675円)を調達。ウクライナに住む男性選手の一部の参加はかなわなかったが、9人の選手(ジュニア1人、男性3人、女性5人)が参加した。


試合開始前、礼をするウクライナ女性剣士たち

 なぜ、ウクライナ人たちは戦争中にもかかわらず、剣道の大会に参加したのだろう? パリ在住剣士がクラウドファンディングを行った理由は? そこには、日本文化の「剣道」を通して培った、ヨーロッパ剣士たちの友情があった。

 実際に試合に足を運んだ筆者が、現地の様子をレポートしつつ、ウクライナ剣道連盟会長のKostyantyn Stryzhychenko氏(以下コスチャ氏)、クラウドファンディング発起人のエブゲニイ氏(錬士六段)に話を伺った。

2022年3月2日、クラウドファンディング始まる

 筆者は中学1年生のときに剣道をはじめ、2017年にオランダに移住した後も現地で剣道を続けていた。ヨーロッパに来て知ったことの1つに、国を超えた剣士たちの交流が挙げられる。隣国のドイツ、ベルギーとの交流はもちろん、ウクライナからもよく剣士たちがオランダに稽古に来たり、オランダ主催の国際大会に参加したりすることもあった。


ウクライナ剣道代表チーム

 さて、そんな状況だったので、今回のロシアのウクライナ侵攻は衝撃だった。「今度防具を持って遊びに行くね」と話していた地域が爆撃に遭ったと聞いて、すぐにウクライナ剣道チームキャプテンのAlex Konstantinov氏(以下アレックス氏)に連絡した。するとロケットが空を飛ぶ動画と、街に落下した残骸の写真が送られてきた。これまでに感じたことのない、大きな衝撃を受けた。

 彼らのために何もできない自分に無力さも感じた。せめて、人道支援をしている団体に募金を……と考えていたときに、ウクライナ剣道代表チームのためのクラウドファンディングが立ち上がったことを知った。

 しかし、世界中が注目する戦争の最中だ。正直、「剣道どころではないのでは?」と最初は思った。また、ウクライナにも公式の剣道連盟がある。なぜウクライナ剣道連盟ではなく、エブゲニイ氏がこのキャンペーンを立ち上げたのかも疑問だった。

 そこで同氏に連絡し、なぜクラウドファンディングをしているのか、そしてそこにどんな意味があるのかを伺った。

 エブゲニイ氏は現在パリ在住。何年も前から剣道を通じてウクライナの人々と交流し、友情を深めてきたそうだ。


左から二番目:ウクライナ剣道チームキャプテン・アレックス氏、写真一番右:クラウドファンディング立案者エブゲニイ氏(写真提供:エブゲニイ氏)

 エブゲニイ氏「ひどいニュースばかりが飛び交う中で、何かたった1つでも、ポジティブなことをしたかったんです。それがきっと希望につながると信じていました。

 クラウドファンディングは、私の自己責任で始めました。そしてコスチャ氏(ウクライナ剣道連盟会長)に『大会参加のための資金を集めているんだ。君たちが来なくちゃ始まらないよ』と呼びかけたんです。

 彼はすごく喜んでくれたけど、でも、状況に対してあまり楽観的ではありませんでした。確信が持てなかったのかもしれないですね。私の周りの人たちは、誰もうまくいくとは思っていなかったみたいで、『それ本当にうまくいくの?』と言われていました」。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  2. /nl/articles/2406/15/news010.jpg 生活難易度MAX トイレも簡単に行けない“謎すぎる間取り”の都内マンションがシンプルに変な家で「癖強すぎ」「どんな部屋やねん」
  3. /nl/articles/2406/15/news064.jpg “未発売”のはずの新商品がフリマアプリに流出…… スノーピークが謝罪「心よりお詫び」
  4. /nl/articles/2406/15/news027.jpg 6カ月赤ちゃん、生まれて初めての体験に思わず「かあちゃんたすけてー!」 SOSの理由に「感情が迷子になってる感じが最高に可愛い」
  5. /nl/articles/2406/14/news020.jpg 爆弾岩のようなイカつい見た目の生き物を茹でてみたら…… ありえない変化に反響「何回見てもおもろい」「ダンジョン飯っぽさがw」
  6. /nl/articles/2406/14/news030.jpg 【今日の計算】「9+4×5−8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  8. /nl/articles/2406/14/news013.jpg 深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」