ニュース
» 2022年06月24日 07時30分 公開

「今日のごはんは、一口一口がしみじみとおいしい!」 早食い主婦が“じっくり味わうためにお茶を飲む”エッセイ漫画に4万いいね(1/2 ページ)

食事の時間を、もっと楽しく。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 ささいなきっかけで知った「最近ごはんがおいしくてたまらない理由」を描いた漫画がTwitterに投稿されました。漫画は記事執筆時点で4400件以上リツイートされ、いいねの数が4万1000件を超えるなど注目を集めています。

ごはんがおいしい理由 しみじみと食事のおいしさを感じる、その理由とは?

 投稿者は、コミックエッセイや食事にまつわるイラストを描いているうめやまちはる(@umeyama_chi)さん。もともと早食いの家庭で育ったうめやまさんは、毎日1時間ほどかけて作った夕飯を「いただきます」と同時にかきこんでしまい、10分程度で食べ終えてしまう日々を送っていました。

食事を早食いしてしまう 1時間かけて作った料理を10分で完食

 時間をかけて作ったものを一瞬で食べてしまうのはもったいないと思いながらも、「食べたい」という気持ちを我慢してゆっくり食べることができなかったのです。うめやまさんが食べ終えたときに、一緒にテーブルを囲む夫の食事はまだ半分以上残っている状態。夫はうめやまさんを責めることはありませんが、思わず「早っ」と口に出してしまうのでした。

おつまみのレシピ本を購入 お酒の代わりにお茶を飲んでみることに

 そんな毎日が続いた、ある日のこと。うめやまさんは料理研究家の藤井恵さんが書いたレシピ本『飲める献立』をソファで眺めていました。掲載されているのは、お酒によく合いそうなおいしそうなおつまみ。しかし、うめやまさんはお酒をほとんど飲みません。そこで思い付いたのが、お酒の代わりに温かいお茶を入れて飲むことでした。

おつまみとおかずの違い おつまみと普通のおかずは何が違うんだろう?

 その日の食卓には、レシピ本に書かれていたおかずの横に、常滑焼の急須で淹れた緑茶が置かれました。早速夫のビールと乾杯し、まずはおかずを一口。続いてお茶をすすります。うめやまさんは「いいね! お茶とおつまみ合うわ!」と喜びの声を上げました。

 お茶と一緒に食べながら浮かんできたのが、このおいしいおつまみと普通のおかずは何が違うんだろう、という疑問。塩気を強くしているためかと考えたところで、うめやまさんはあることに気付きました。

夫の言葉に衝撃 おいしく感じる理由に衝撃

 「今日のごはんは、一口一口がしみじみとおいしい〜!」

 じわぁぁ……と身体の隅々まで染み渡るようなおいしさを感じたのは、レシピ本を見て作ったおつまみではありません。うめやまさんが日頃から作り慣れた定番のおかずにも、いつもと違うおいしさを感じたのです。

 お茶に入った成分がおいしさを引き立てているのかと目を輝かせるうめやまさんに、夫は「お茶飲むために口の中のものがなくなるまでよく噛んで食べてるから、その分じっくり味わえてるとかじゃない?」と冷静に返しました。

ごはんがおいしい理由 お茶を選ぶ楽しみが増えました

 確かに、これまでのうめやまさんはよくかむことよりも早く食べたい気持ちを優先させ、早々に飲み込んでしまっていたのかもしれません。それがお茶を飲むことによって自然に食事のペースがゆっくりになり、食事のおいしさを最大限に引き出せる状態になったようです。

 思わず「これはよくできたシステムだ!」と興奮したうめやまさんは、おかずとごはんを食べ、温かいお茶を飲み、ゆったりと食事の時間を楽しんだのでした。近ごろは食事によってお茶の種類を考える楽しみも増えたといいます。

 この投稿には「私も早食いだからめちゃくちゃわかる…」「バクバク早食いしちゃうタイプだからすごい良いと思った」と、早食いしてしまう人からの共感のコメントや「食が楽しみって言うのは、いい事だと思う」「食べるの早いからうちでも導入しよう」と共感の声が寄せられています。

 中には、お茶農家の人からのコメントも。食事中にお茶を飲みすぎるとカフェインやタンニンの効果で胃液が薄まってしまったり鉄分の吸収を妨げてしまったりする可能性があるという意見に「飲みすぎなければ問題ない」とした上で、水出しすることでカフェインやタンニンの抽出を抑えられると紹介しています。これからの時期には水出し冷茶と食事のマリアージュを楽しむのも良さそうですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」