ニュース
» 2022年06月26日 07時30分 公開

「お産だ〜!!!」「(ええええ)」 “予定日一カ月前の出産”を淡々と描くレポート漫画に「感動した」「泣きながら大笑いした」の声(1/4 ページ)

初めての出産はわからないことだらけ。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 自らの出産体験をユーモアを交えて描いたレポート漫画がTwitterで公開され、記事執筆時点で5000件超えのリツイートと3万1000件以上の“いいね”が寄せられて話題になっています。

出産レポ漫画 2021年某日、第1子を出産

 投稿したのは漫画家の古山フウ(@fuu_furu_essay)さん。2021年に我が子を出産した時の様子を描いています。

「まさかこれが陣痛じゃないでしょ」予定日一カ月前の腹痛

出産レポ漫画 朝からおなかが痛かったものの、陣痛ではないと思っていました

 出産予定日の1カ月少し前、友人とピクニックの約束があった古山さんは、おいなりさんを買いに出かけました。朝からおなかが痛かったものの、子宮筋腫合併妊娠症の経験があったこと、まだ予定日まで日があったことから、そのときは「まさかこれが陣痛じゃないでしょ」と思っていたそうです。

出産レポ漫画 人生における痛みランキング

 「出産は人生で一番痛い」と聞いたことがあったので、これまでに経験した痛みのランキングを考えることに。1位は気絶した生理痛、2位はハオコゼ(毒魚)に刺されたときで、ピクニックを予定していた朝の痛みは3位だったのだとか。しかし、後にこの痛みは陣痛だったことがわかります。古山さんは当日を振り返り「陣痛は痛みの強さよりも間隔の方が重要なので、少しでも『これは?』と思ったら産院に連絡しましょう」と呼びかけています。

出産レポ漫画 友人のアドバイスもあり産院へ

 ピクニックに出かけたものの、友人に体調のことを話すとすぐに産院に行った方が良いということに。すると子宮口が2センチほど開いており、そのまま入院が決まりました。ちょうどその日の朝に完成していた出産用の入院セット家族に届けてもらい、入院生活が始まります。

 赤ちゃんが1日でも長くおなかにいた方がいいということで、陣痛を止める点滴をしながらおなかの張りを観察。点滴の副作用でものすごい動悸(どうき)を感じたそうです。

 おなかの張りを測る機械は、赤ちゃんの心音や胎動を拾う構造。「ドンドコ」「バゴォン」と音が響き「こんなんで寝られるかーッ」と思っていたら、案外よく寝られたとのことです。よかった。

「子宮口8センチ開いてますね」突然始まったお産

出産レポ漫画 一晩たつと痛みが引き、いったん退院の話が進みますが……
出産レポ漫画 子宮口が8センチ開いていて帰宅できず

 一夜明けて痛みがなくなり、一度家に戻るという話になりました。一安心したのもつかの間、退院前の内診をしてみると子宮口が8センチも開いていたことがわかります。カーテンで仕切られた検診台の向こうで、「だめだ帰れないわコレ」「お産だ〜!」と産院の人たちがザワザワ。結局退院ではなく出産の方向に話が進みました。

 大きな痛みもないまま、突然お産は最終局面に。長い廊下の向こうにある分娩室に向かいます。年配の助産師さんも、古山さんを内診しすぐに産まれると判断。準備をしている間、大きく広げたお股をライトで照らされたまま待つことに……。

出産レポ漫画 陣痛が来ない!
出産レポ漫画 痛みが来るまで分娩台を降りて待機
出産レポ漫画 便意に気付いちゃいました

 しかし、このときにはなかなか陣痛が来ませんでした。一度分娩台を降りて待つことになりましたが、痛みが強くなる気配はありません。出産という戦いが始まらないという現実……。

 そんな中、古山さんはふと自分の便意に気付いてしまいました。記憶をたどると、前回出たのは前日の朝。出産時に便が出てしまうことは少なくなく、助産師さんたちも慣れているはずですが「これは絶対大惨事になる」と感じ、トイレに行きたいと伝えます。

 しかし、助産師さんからは「NG」の判断を下されてしまいました。赤ちゃんが産まれる直前になると、妊婦さんは「いきみたい」感覚になるもの。これは排便の時の感覚とよく似ています。赤ちゃんがトイレで産まれてしまっては危険なので、出産直前にはトイレに行けないことが多いそうです。

出産レポ漫画 スッキリしたらおなかの痛みも強くなり……

 ただ、古山さんはこの感覚を「いきみたい」ではなく「出したい」方だと判断。10分ほどかけて必死に助産師さんに説明すると、「下剤を入れたら陣痛が進むかも」という話になり、トイレに行かせてもらえました。すっきりした結果おなかの痛みも強くなり、再び分娩台に上がります。

出産レポ漫画 助産師さんに必死にアピール

 おなかの痛みがハオコゼの時より強くなってきたころ、子宮の収縮を測定している機械を見てみると数値がMAX(100)を振り切っていることに気が付きました。耐えられる痛みだったものの、「もう産まれるのでは?」と思い助産師さんに「めっちゃ痛いです!」とアピールをして再び内診。案の定子宮口は全開大に開いており、周囲がバタバタしはじめます。

出産レポ漫画 破膜してもらうと羊水がドーン!

 破水がまだなので先生の許可を得て破膜(人工破水)。その瞬間、温泉のようにドーンと羊水が流れ出ました。

 破水を終え「いきんでいいから」と声をかけられた古山さん。「ついにか」と思うと同時に、一番痛みを感じる瞬間にもかかわらず自分が耐えられていることに衝撃を受けます。古山さん、めちゃくちゃ痛みに強かったんだ。

いよいよ出産! と思ったら……

出産レポ漫画 お産の最終局面! と思ったら寸止め

 さぁ、今度こそお産の最終局面。周りの人に励まされて頑張っていると、駆け込んできた看護師さんから「先生がくるまでもう少しかかるので、いきむのをいったんやめてもらえます!?」という非情な声が。なんと直前で出産が寸止めになってしまいました。

出産レポ漫画 痛みの合間に夫へメッセージを送ります
出産レポ漫画 サンシャイン池崎いきみを実践し

 謎の“いきみ中止タイム”に枕元へスマートフォンを持ってきてもらい、夫に連絡。陣痛が治まっている隙をみて「産まれるよー」「きてー」とメッセージを送ります。

 その後やっと先生が来て、再びいきみが始まりました。ウワサのサンシャイン池崎いきみ(「いきむときはヘソの上のろうそくを吹き消すサンシャイン池崎になれ」という出産方法)を全力で実践します(関連記事)。

出産レポ漫画 頭が見えてきた!
出産レポ漫画 いざご対面してみると……「誰だコレぇ」

 「頭が見えてきた」といわれて思い出すのは、おなかの中の赤ちゃんと一緒に過ごしてきた9カ月のこと。不思議な連帯感もあり感慨に浸っていると……ついに出産! 

 「おめでとうございまーす!」の声とともに見せられた赤ちゃんは「誰だコレぇ」と言いたくなるような未知の存在でした。

出産レポ漫画 赤ちゃんの現れ方は超現実的

 出産するまでは妊娠の延長線上に出産と育児があると思っていたものの、実際には突然、“超現実的に”目の前に現れた赤ちゃん。古山さんは育児がこんなに「超ゼロベースからスタート」するとは思っていなかったそうです。

 赤ちゃんは2300グラム台と小さめで産まれたため、すぐ保育器に入ることに。産まれたてホヤホヤの状態での抱っこはかないませんでした。

「すいませーん、胎盤見ていいですか?」

出産レポ漫画 胎盤が気になり
出産レポ漫画 見せてもらいました

 出産の後に来るのが胎盤(赤ちゃんに栄養を送っていた組織)が出てくる「後産」。古山さんが胎盤を見てみたいというと「やめといた方がいいですよ」「内臓ですよ」と止められてしまいましたが、ついさっきまで自分の中にあったものを見ないで処分されるのが寂しく「どうしても見たい」と伝えた結果、見せてもらえることになりました。目にした胎盤は、思った以上の大きさ。「かっこええ〜でけえ〜」と写真を撮ります。

一番つらかった「後陣痛」

出産レポ漫画 分娩室の前には夫が

 会陰切開のあとを縫合してもらい分娩室を出ると、そこには夫が。「産まれるよ」の連絡を受けて10分で駆け付けたものの「もう産まれました」と言われ、ずっと新生児室の我が子を見ていたのだとか。

 病室に入って「産まれたねぇ」「産まれたねぇ」と言い合う二人。もうおなかに誰もいないのかと思うとちょっとさみしく感じたそうです。子どもが産まれた途端に体温調節がうまくいかなくなってしまったのか、暖房がついているのに寒いと感じた経験も。これは治まるのに半年くらいかかったそうです。

出産レポ漫画 子宮が縮むときに起こる「後陣痛」
出産レポ漫画 陣痛よりつらかったそうです
出産レポ漫画 人生の痛みランキングも入れ替わりました

 大きく広がっていた子宮が元の大きさに戻ることを後陣痛と呼びます。古山さんの場合は、陣痛より後陣痛がきつく、いつ終わるのか分からないこともストレスになったのだとか。痛みというのは「物理的痛み」に「精神的つらさ」が上乗せされて「総合的痛み」になると実感するのでした。

 ちなみに、出産を終えた古山さんの「人生の痛みランキング」は2位に後陣痛、3位に出産がランクイン。1位は気絶した生理痛で変わらず、後に3位は「本気の母乳マッサージ」となりました。

「人の数だけある出産の、ある1人の話としてお楽しみいただけたら」

出産レポ漫画 この尊い時間を覚えておこうと決意しますが……?
出産レポ漫画 光の速さで記憶が消えていくので漫画を描くことに

 赤ちゃんは保育器に入っているため、母子同室ではない入院生活。会いたいときには長い廊下をゆっくり歩き、新生児室まで見にいきます。

 小さな赤ちゃんを見ていると、ふと「私は今、この子の一番古い時間を生きている」と気付いた古山さん。たとえこの子が覚えていなくても、私がちゃんと覚えていよう…としんみりしていたものの、退院後の目まぐるしい子育ての日々の中では光の速さで記憶が消えていってしまいます。そのため、思い出を心に留めておくために漫画で残すことにしたといいます。

出産レポ漫画 出産は一人一人違う経験です

 古山さんはこれまでいろいろな人に出産時の話を聞きましたが、誰1人として同じ経験をした人はいなかったとのこと。数ある出産の1人の話として楽しんでいただければ……と漫画を結んでいます。

 リプライ欄には「すごい読みやすかったです」「受け止めたまま淡々と書かれるエッセイすてきでした」「世のお母様方は本当にすごい」といった声が。「来週予定日ですが頑張ります」という決意表明や、「おっぱいマッサージ痛いですよね」「私も今、光の速さで大きくなる幼児と乳児を育てています」といった体験談も寄せられ、注目を集めています。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  9. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい