ニュース
» 2022年07月01日 18時30分 公開

映画「ゆるキャン△」レビュー 愛に満ちた「社会人物語」の大傑作(1/3 ページ)

環境は変わった、でも変っていない、みんながそこにいた。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 「テレビアニメの劇場版」としても、「社会人物語」としても、最上級の作品を見届けた。7月1日より劇場公開されている映画「ゆるキャン△」が、そうだったのだ。

映画「ゆるキャン△」レビュー 愛に満ちた「社会人物語」の大傑作 映画「ゆるキャン△」 7月1日(金)全国ロードショー 配給:松竹 (C)あfろ・芳文社/野外活動委員会

 溢れんばかりのキャラクターへの愛と、そして優しいメッセージに触れ、終盤では涙がポロポロこぼれ落ちた。個人的に「トップガン マーヴェリック」をも超えて、2022年のベスト1候補の映画が本作である。「ゆるキャン△」を全く知らないという方でも、丁寧に紡がれた物語と、かわいいキャラクターが織りなすクスクスと笑えるコメディー要素、そして劇場のスクリーンで映える演出を大いに楽しめるはずなので、老若男女を問わず幅広い世代に見ていただきたい。

映画「ゆるキャン△」本予告

「その後」を描いた物語

 テレビアニメ化だけでなくドラマ化もされた漫画「ゆるキャン△」は、個性豊かでかわいい女子高生たちが、タイトルさながらの「ゆるい」キャンプをしていく、優しくてほっこりとした印象が好評を博した作品だ。キャンプのノウハウもしっかりしており、現在に至るキャンプブームの火付け役にもなっていて、天真らんまんな女の子を筆頭とする仲間たちとのグループキャンプだけでなく、1人でいることを好む女の子によるソロキャンプの良さを示したことも画期的だったのではないか。

映画「ゆるキャン△」レビュー 愛に満ちた「社会人物語」の大傑作 天真爛漫ななでしこは東京のアウトドア用品店に勤務。休日はキャンプはもちろん、ロードバイクや山登りもしているらしい。(C)あfろ・芳文社/野外活動委員会

 そして、今回の映画「ゆるキャン△」では、女子高生だったキャラクターたちは社会人となっている。原作でもある種の妄想のような形で、大人になった、またはおばあちゃんになった彼女たちの姿が描かれたこともあったが、今回の社会人の描写は「ガチ」。もしも社会人だったら…?といった「IF」と言うよりも、原作者のあfろも監修を務めた形での、「その後」を描いた作品なのだ。

映画「ゆるキャン△」レビュー 愛に満ちた「社会人物語」の大傑作 1人でいることを好んでいたしまリンは名古屋の出版社で編集者として働く。休日はバイクでツーリングに行くのが息抜き。(C)あfろ・芳文社/野外活動委員会

 おそらく、映画「ゆるキャン△」において、ファンが最も危惧していることは、その社会人という設定、そして完全な映画オリジナルストーリーであることだろう。原作はもちろんテレビアニメでもまだ「正史」として描かれていなかった、未来の話を先んじて映画で語ることはやぼともいえるのではないか、はたまたこれまでのキャラクターや世界観、もしくは「ゆるキャン△」という作品にあった良さが失われてはしないかと、不安に思っている方も多いと思うのだ。

 だが、安心してほしい。そこには変わらないキャラクターの魅力があった上で、2時間をかけて語る物語としてのダイナミズムも作り出し、さらに後述する「ゆるキャン△」という作品の素晴らしさをも広げていくような、「映画でしかできない」「社会人という設定を最大限に生かした」、最適解を見事に提示した内容になっていたのだから。

「ゆるさ」がありつつも「甘やかさない」作劇

 予告編などで示されている通り、今回の物語は「みんなでキャンプ場を作る」というシンプルなもの。これまでキャンプ場でキャンプを楽しむ側だった「野クル(野外活動サークルの略)」のメンバーが、忙しい社会人として働く傍ら、空いた時間を使って集まり、草が生い茂ったままの場所を、キャンプ場へと作り替えるまでの切磋琢磨が描かれているのだ。

映画「ゆるキャン△」レビュー 愛に満ちた「社会人物語」の大傑作 (C)あfろ・芳文社/野外活動委員会

 特筆すべきは、そのキャンプ場作りの過程に「野クルらしいゆるさ」はあるものの「甘やかしていない」ことだろう。例えば、草を手作業で刈り取る作業は過酷だが、そんな作業もしっかりやりきる姿が描かれ、さらには効率的で負担をかけない作業方法も提案される。

 さらに作業の過酷さは「腰が痛い〜!」というギャグに昇華され、バイクでの長距離移動も「相変わらずストロングスタイルだねぇ」と評されるなど、明るい彼女たちの「らしさ」が存分に描かれる。キャンプ作りにおけるさまざまな問題も良い意味であまり深刻にならず、やはり「ゆるキャン△」らしいほっこりとした印象のまま見られるのだ。

 それでいて、キャンプ場作りをする上で、工事はもちろん経営の経験などない彼女たちには、草刈りや長距離移動以外だけではない、大小さまざまな困難が待ち受けていて、それもまた「実際そうなるだろうなあ」というリアルさで描かれている。

 そもそも「山梨の観光推進機構に勤める千明が、数年前に閉鎖された施設の再開発計画を担当していた」ことからキャンプ場作りに着手できたという設定も、とても「ありそう」なものだ。原作も本格的なキャンプ描写が好評だったが、今回の映画でも徹底した取材を行ったことがうかがえるのだ。

道の駅しもべ×映画「ゆるキャン△」 リアルでキャンプ場づくりプロジェクト

 個人的に泣きそうになってしまったのは、野クルのみんなが同じ日に集まれないことさえも、「とある自分たちの呼び名」を持って明るいギャグにしてしまっていること。「休みの予定が合わずなかなかいつものメンバーがそろわない」ことは社会人あるあるだが、それでも野クルのみんなはしょげたりなんかしない。思えば原作でも、メンバー全員が揃わなくても、それぞれの時と場合でそれぞれの楽しいキャンプを描いてきたので、この点でも「社会人になってもみんな変わらないなあ……」と、やはりほっこりとできるのだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい