ニュース
» 2022年07月07日 12時45分 公開

サメの悪霊と霊界大バトル! Z級サメ映画「ウィジャ・シャーク2」まさかの日本独占限定上映(1/2 ページ)

霊界で再び幽霊ザメと対峙せよ……!

[サメ映画ルーキー,ねとらぼ]

 一部かいわいで爆発的な大ヒットを記録したオカルティックサメ映画「ウィジャ・シャーク 霊界サメ大戦」の続編が「ウィジャ・シャーク2」として日本に上陸、しかも日本だけで劇場公開されることが決定した。「コマンドーシャーク 地獄の殺人サメ部隊」以来数年に渡りサメ映画翻訳を続け、本作が14本目のサメ映画翻訳作となる筆者(サメ映画ルーキー)としてもこれ以上ない大きな出来事なのでぜひダイレクトマーケティングさせてほしい。

(C)2021 Wild Eye Releasing and Survival Zombie Films. All rights reserved.
ジョン・ミリオーレ監督からのメッセージ

 1作目は2021年の日本リリース直後からサメ映画ファンの間で話題となっていた。主人公のジルがビーチで偶然拾ったウィジャ盤(欧米版のこっくりさん)から召喚されてしまったサメの悪霊が次々と人を襲っていくという非常にシンプルなストーリーであり、猛烈に間延びした展開や雑に死ぬモブたち、一周回ってキュートな幽霊ザメなど、ある一点を除けばよくあるタイプの(よくあっては困るのだが)Z級サメ映画である。

 監督が「ジュラシック・シャーク」や「ロスト・ジョーズ」のスコット・パトリック(=ブレット・ケリー)と聞けば往年のサメ映画ファンには大体の雰囲気が伝わるはずだ。

(C)2021 Wild Eye Releasing and Survival Zombie Films. All rights reserved.

 しかし「ウィジャ・シャーク」がその名を世に知られるようになったのは、サメではなく“ミスティックシールド”と呼ばれる必殺技(?)のおかげだ。クライマックスのシーンでジルの父親でありオカルトの使い手でもあるアンソニーは娘を守ろうとして無残にも幽霊ザメに殺されてしまう。しかしアンソニーは霊界で再び幽霊ザメと対峙し、サメに特攻を仕掛ける。そこで使われるのが“ミスティックシールド”なのである。

(C)2017 Wild Eye Releasing. All rights reserved.

 単なる脇役によるわずか1分ほどのこのシーンのためだけにこの映画が存在すると言っても過言ではないほどエネルギーが一極集中しているのが分かる。筆者も少なくない数のサメ映画を観てきているが、このシーンのインパクトは「シャークネード カテゴリー2」の“エビぞりチェーンソー・サメ二枚おろし”や「シャークネード5 ワールド・タイフーン」で対シャークネード決戦兵器にトランスフォームするオペラハウスに匹敵するだろう。

 そうした強烈な印象を抱いたのは日本人だけではない。1作目のエグゼクティブプロデューサーにして、「シャーケンシュタイン」や「エクソシスト・シャーク」などの悪食向けサメ映画のプロデューサーも務めたワイルド・アイの代表ロブ・ハウスチャイルド氏もミスティックシールドの魅力に心を奪われてしまった一人だ。彼はその権限をフルに活用し、アンソニーを演じたジョン・ミリオーレ氏を監督に抜てき、2作目の製作にGOサイン(とカネ)を出してしまったのだ。

(C)2021 Wild Eye Releasing and Survival Zombie Films. All rights reserved.

 今作の主演・監督・脚本・撮影・編集・音響・特撮・クリーチャーデザインを務めるジョン・ミリオーレ氏は「バイオハザードII アポカリプス」や「サバイバル・オブ・ザ・デッド」などの数々のゾンビ映画で「ゾンビ俳優」としてキャリアを積みながら、自身の映画プロダクションとしてサバイバル・ゾンビ・フィルムズを立ち上げて自主映画を監督してきた人物。監督作が日本上陸を果たすのは今作が初となる。なお本作の製作にはミリオーレ氏のリアルご親族が多数関わっているのでエンドロールでは怒涛のミリオーレ一族の名を目にすることになるが、決してホームビデオではない。本気の商業映画である。

 さて、そんなこんなで制作された「ウィジャ・シャーク2」のあらすじはこうだ。

――ウィジャ盤の力で地獄から召喚された無敵の幽霊ザメ「ウィジャ・シャーク」との激闘から数ヶ月。オカルトマスターのアンソニーはサメとの戦いの果てに地獄を彷徨っていた。彼を復活させるべく家族や仲間がその方策を探る一方、地獄の支配者である悪魔カルドゥーラはサメを現世に解き放ってしまう。巨大化し街をも破壊する力を得た幽霊ザメに人類は成す術もなく蹂躙されるが、アンソニーにはある秘策があった……! 唸れ! サメはめ波! 輝け! ミスティックシールド! オカルト殺法で再び敵を打ち破れ!

 ストーリーを読んだだけでは何も分からないと思うが、とにかくサメが馬鹿デカくなっていることと、ミスティックシールドが大増量していることだけは約束しよう。

(C)2021 Wild Eye Releasing and Survival Zombie Films. All rights reserved.

 さらに驚きなのが、本作が劇場公開を控えているという点だ。数々のZ級サメ映画をDVDと配信で日本に垂れ流してきたコンマビジョンにとっても史上初の劇場公開作となる。

 しかも劇場公開予定があるのは日本だけであり、本国(アメリカ&カナダ)では予告編はおろかタイトルすらまだ公表されていない。完全に日本市場が全てにおいて優先されている形だ。「サメ映画が作られるのは日本人のせい」と言われてしまうのも致し方ないのかもしれない。

 劇場公開は池袋HUMAXシネマズにて8月4日19時の1回のみ。チケットは7月7日より「プレチケ」にて販売中だ※。入場特典として「ミスティックシールドうちわ」も配布予定の他、劇場では数量限定でTシャツなどの各種グッズの販売も予定している。おそらくこの手のサメ映画が劇場で流れることはそうそうないはずなので、サメ映画の深淵を覗き込みたいならこの機会をどうか逃さないでほしい。

※チケット予約数が規定期日までに成立枚数に到達しなかった場合、上映はキャンセルされ全額払い戻しとなる。

(C)2021 Wild Eye Releasing and Survival Zombie Films. All rights reserved.
(C)2021 Wild Eye Releasing and Survival Zombie Films. All rights reserved.
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい