ニュース
» 2022年07月07日 19時00分 公開

20年前のGBAソフト「どうぶつ島のチョビぐるみ」を今でも攻略していた人にまさかの奇跡 「最後の鍵」はずっと身近にあったドラマみたいな本当の話(1/3 ページ)

神のお導きとしか言いようがない。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 19年前からどうしても解けないゲームの謎が、夫が偶然持っていた“あるアイテム”のおかげで攻略できた――。奇跡的なエピソードがTwitterで注目を集めています。編集部は話題の主、らげしば(@293szsn)さんに詳細を聞きました。

チョビぐるみ 奇跡的なドラマを生んだ「どうぶつ島のチョビぐるみ」

 らげしばさんを悩ませていたのは、2003年にロケットカンパニーが発売したゲームボーイアドバンス(GBA)用ソフト「どうぶつ島のチョビぐるみ」。『なかよし』に掲載されていた同名漫画が原作です。手帳に友だちや有名人などのプロフィールを入力すると、それに応じて「チョビぐるみ」が登場。彼らを大勢招いて島での生活を楽しむコミュニケーションゲームです。

 らげしばさんは子どものころから遊んでいましたが、チョビぐるみには特殊な条件で登場するものもあり、発売から10年以上遊び続けても、全部はなかなかそろいません。その後攻略ブログを立ち上げたところ、協力してくれる人も現れて、チョビぐるみはコンプリートに近づいていきましたが、最後の1つ「ニジのおうじさま」の出現条件は長らく判明しないままでした。

 しかし、同作の開発に携わっていたHikaru Horiuchi(@Horivish)さんのSNSアカウントを、協力者が発見してコンタクトをとったことから事態は急転。思い入れのあった作品のファンからお願いされたとあって、Horiuchiさんも開発当時の関係者に呼びかけるなど尽力してくれたのです。

 そしてHoriuchiさんのおかげで、とうとう「ニジのおうじさま」に関する有力な情報が判明。それは「GBA2台を通信ケーブルで接続し、それぞれ『どうぶつ島のチョビぐるみ』と、ロケットカンパニーが同年に発売した『ガチャステダイナデバイス2』を起動して通信する」というものでした。確かに当時GBAではこうした通信ケーブルを使ったお遊び要素がしばしばありましたが、これは自力で気付くには難易度が高すぎる……!

 ともかく、あとは実際に「ガチャステダイナデバイス2」を手に入れ、情報が本当かどうかを検証するだけ。らげしばさんはさっそく、中古ショップでソフトを捜索……しようとしたそのとき、まさかのドラマが発生しました。夫のてぃがががさんが、急に「ガチャステダイナデバイス2持ってるよ俺」とツイートしたのです(現在はバズりすぎたせいか鍵垢に)。攻略の鍵は青い鳥のごとく、身近な場所にずっといた……!?

 夫が学生時代にワゴンセールで入手していたという“鍵”を自宅から発見し、らげしばさんは大興奮。2本のソフトを連携したところ、Horiuchiさんの情報は事実と判明――つまり、長年追い求めていた「ニジのおうじさま」が、とうとうどうぶつ島に姿を現したのです。

チョビぐるみ ガチャステダイナデバイス2を起動すると、メニューに「チョビぐるみとつうしん」の文字が……!
チョビぐるみ どうぶつ島のチョビぐるみ側でも、通信メニューの不自然に空いた1枠を選ぶ必要があるという
チョビぐるみ 双方で名刺交換をしたら、ニジのおうじさまがやって来た!

 長年研究していたゲームを解く鍵を、夫が結婚前から持っていたというよもやの展開。一連の投稿は、「とんでもねー奇跡を見た」「これは運命の赤い糸」「夫こそ本物のおうじさまだったんだ……」と大きな反響を呼びました。

 編集部は念願を果たしたらげしばさんと、てぃがががさんに詳しい話を聞きました。

協力・画像提供:らげしば(@293szsnどうぶつ島のチョビぐるみ攻略ブログ)さん

 

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  5. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  10. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい