20年前のGBAソフト「どうぶつ島のチョビぐるみ」を今でも攻略していた人にまさかの奇跡 「最後の鍵」はずっと身近にあったドラマみたいな本当の話(2/3 ページ)

» 2022年07月07日 19時00分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

らげしばさん夫婦インタビュー「ゲームは仲良くなるきっかけの1つだった」

―― 「どうぶつ島のチョビぐるみ」はいつごろから遊んでいましたか?

らげしば:小学生のときに友だちから長いこと借りて遊んでいたのですが、返したあとでどうしても自分でも欲しくなって入手しました。中学生になってからもずっと攻略を続けていた記憶があるので、自分のソフトなのか再度その友だちから借りたのか覚えていません……。

―― 思い入れなどあればぜひお聞かせください。

らげしば:初めてプレイしたときはどんなチョビぐるみが登場するのか、わくわく感がたまらなかったです。自分の好きな収集要素もあって純粋に楽しくプレイしていました。プレイ目的が「攻略」になってからは、 「苦しい」「地獄だ」「早く終わらせたい」という気持ちでしたが(笑)、もう執念だけでプレイしていました。やめろと言われてもやめられません。協力していただいているかたからお声掛けがくるまで、基本的に1人でやっていたのでつらかったです。

―― Hikaru Horiuchiさんとはどのような経緯でやりとりするようになったのでしょうか。

らげしば:まず協力者の方から「Horiuchiさんへオウジ攻略に関するメールを送った」旨の連絡がありました。それから約2週間後、私が過去に投稿したチョビぐるみに関するツイートに、Horiuchiさんからの「いいね」通知が届きました。「もしかして!?」と思いアカウントを見に行くと、チョビぐるみ攻略についてのツイートをされていて、「自分もソフト入手して検証します」とリプライした次第です。

―― てぃがががさんに「ガチャステダイナデバイス2持ってるよ」と言われたとき、どんなお気持ちでしたか。

らげしば:そのソフトは自宅にないと思っていたので、まさに「寝耳に水」な事態に混乱しました。夫のゲームソフトを漁ってダイナデバイス2を見つけたときは心臓バクバクさせていました。普段連絡取り合っているLINEだったら、「今お前の話を聞いてる場合じゃない」と未読無視していたかもしれないので、Twitterで連絡くれたのはナイスでした。

―― 気心の知れた仲だからこそのファインプレーですね(笑)。念願の「ニジのおうじさま」を入手できたときのお気持ちをぜひ教えてください。

らげしば:もちろんすごくうれしかったし、なにより解放された気分でした。本当にゲットできたのか疑ってゲームデータをセーブしてから再開して確認したくらいです。もう本当にずっっっっと会いたかったキャラクターなので昼間に自宅で泣きましたし、夫の帰宅後にもゲットした旨を伝えてまた泣きました(笑)。落ち着いてからは「こんな攻略法わかるわけないだろ!」と笑いましたね。

―― らげしばさんが必要としていたゲームを、ご自分が持っていたと気付いたとき、どんなお気持ちでしたか?

てぃががが:学生時代に中古で購入し、押し入れで忘れられていたソフトがこんな形で役に立つとは思わなかったので驚きました。実はダイナデバイス側のメニュー画面には「チョビぐるみと通信」とハッキリ表示されていたらしいのですが、購入時点で発売から何年も経過していたので、誰かと通信対戦する機会が一度もなかったんです。もっとしっかり遊んでいれば、より早く答え合わせができていたでしょう。その点は妻にも、開発のかたにも申し訳ないですね。

 たとえ飽きてしまっても、きっかけ一つで思い出すことができれば、今回のように時を超えて驚きを提供してくれるというのは、物理的な媒体が残る古いゲームならではの魅力かもしれないとあらためて思いました。

―― 2人そろってGBAで遊ばれているとは、けっこう珍しいなと感じました。お二人とももともとゲーム好きだったのでしょうか。一緒にゲームで遊ぶことはありますか?

らげしば:幼少期から自宅と母親の実家に任天堂・ソニー・セガのハードがあり遊べる環境だったので、もともとゲームは好きでした。私は1人で遊ぶゲームが好きなので、対戦や協力プレイは共通の友達や家族と遊ぶときぐらいですね。普段は同じ部屋でおのおの遊びたいゲームをやってる感じです。GBAは私たちの世代だしまだレトロゲームではないと思い込んでいるので珍しいと言われるのはびっくりしました(笑)。

てぃががが:幼少期はあまり自由にゲームを遊べる環境ではなかったので、ある程度自由に小遣いを使えるようになった高校生くらいのころから「かつて欲しかったゲーム」を中古販売店で集めるのが趣味になりました。妻と出会ったのもそのころなので、最新作よりも少し古い世代のゲームの話をできたことが、仲良くなるきっかけの1つだったように思います。妻と一緒のゲームで遊ぶことはけっこう少ないですね。おのおの好きなゲームをやりながら、興味が出たらなんとなく眺める……という感じでのんびり過ごしています。

協力・画像提供:らげしば(@293szsnどうぶつ島のチョビぐるみ攻略ブログ)さん

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」