ニュース
» 2022年07月15日 11時00分 公開

ポケモン 赤・緑の「カントー地方」全土をジオラマ化 建物から行き交うトレーナーまで再現したファンの力ってすげー!(1/2 ページ)

小学生時代のアイデアを大人になって実現した作者に話を聞きました。

[沓澤真二ねとらぼ]

 「ポケットモンスター 赤・緑」の舞台、「カントー地方」を再現したジオラマが、すさまじいクオリティです。本来は俯瞰(ふかん)のマップを、ゲーム中の構造をもとに立体化している……!

カントー地方 マップを立体化すると、こんな形になるのか!
カントー地方 ななめから見ると、立体感がより分かりやすい

 作者はTwitterユーザーのうま(UMA)さん(@UMA_RABBIT)。2020年の6月ごろに製作に着手し、YouTubeチャンネルを立ち上げて製作の過程を配信してきました。

カントー地方 製作は冒険の始まりの地、マサラタウンからスタート。南のほうに「かがくのちからってすげー!」の人まで配置されている

 製作にあたっては、ゲーム画面で地形を確認して設計図を作成。公式のイラストマップも参考に、画用紙とスチレンボードで工作しています。

 ゲーム上の段差や山地といった地形もさることながら、ディテールもとことん作り込まれています。草むらや水辺には、そこに生息するポケモンがいますし、橋やサントアンヌ号などの構造物もばっちり。スマブラのステージにも採用されているヤマブキシティには、マリオやカービィらファイターを配置する遊び心も。

カントー地方 よく見ると主人公とヒトカゲが
カントー地方 サファリゾーンもポケモンがいっぱいで楽しげ
カントー地方 俯瞰で見ると出航が難しそうなサントアンヌ号も、これならどうにか出られそう?
カントー地方 ヤマブキシティの大乱闘
カントー地方 ヤマブキシティとタマムシシティには、発光ギミックまで仕込まれています

「小学1年生のころのアイデアを今こそ実現してみよう」

 ポケモン愛が詰まった作品は、「冒険の思い出がよみがえる」「立体で見ると『ディグダの穴』のすごさが分かる」「かがくのちからってすげー!」と大好評。編集部は壮大な製作をやり遂げたうまさんに詳しい話を聞きました。

──製作を始めたきっかけを教えてください。

うまさんジオラマの元になったポケモン 赤・緑を初めてプレイしたのは、小学1年生のころです。最初にマサラタウンを出発して1番道路から2つ目の町へ向かったとき、下からは登れない段差の多さから、この土地は山のような形なのだと気が付きました。

 「この地形が立体的にはどんな見た目になるのか、作って確かめてみたい」というアイデアが浮かんだのですが、当時はジオラマを作るすべを身につけておらず、20年以上もアイデアを忘れていました。

 それから時は流れ、2020年。猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、当時勤めていた会社での外回りの営業が停止して、4〜5月は自宅待機を余儀なくされました。この機会に新しいことに挑戦しようと考えたとき、小学1年生のころのアイデアを今こそ実現し、ジオラマの製作過程をYouTubeに上げてみようと思ったわけです。

──ジオラマのサイズはどの程度でしょうか。

うまさんゲーム内の1マスを1センチ角で計算して作りました。最終的に、サイズは縦幅3メートル87センチ、横幅は3メートル60センチにまでなりました。

──1番大変だったのはどの部分でしょうか。

うまさんタマムシシティとセキチクシティとをつなぐ「サイクリングロード」というマップがあるのですが、ゲームの設定ではタマムシシティ側からセキチクシティ側にかけて下り坂になっています。ただ、公式イラストでは橋として描かれていまして……傾斜のついた1メートル超の橋を立体に起こす作業に苦労させられました。

 そんな中、YouTubeを見てくださっている人のなかに建物の設計士の方がいらっしゃって、橋の補強案をうかがえたのは幸いでした。それでも素材に画用紙やカラーボードを使う都合上、補強だけでは下に大きく反ってしまうので、公式の設定とは異なりますが、タコ糸を使ってつり橋にすることで解決しました。


 2年間、苦心の末に壮大なジオラマを作り上げたうまさん。これに飽き足らず、8月からは「ポケットモンスター 金・銀」のジョウト地方に着手するとのことです。

画像提供・協力:うま(UMA)さん(https://twitter.com/UMA_RABBIT/media

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」