ニュース
» 2022年07月19日 19時45分 公開

あずきバーが年間売上3億本突破 人気とともに「硬さがネタにされてるのどう思ってるのか」井村屋に聞いてみた(1/2 ページ)

おいしさを追求した結果の硬さ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 井村屋の定番アイス「あずきバー」が、年間売上3億本を突破しました。長年その人気を衰えさせることなく愛され続けるあずきバーですが、近年はその“硬さ”がネットで話題に上がりがち。井村屋としてはネットでの話題をどんな思いで見ているのか、話を聞いてみました。

あずきバー みんな大好きあずきバー
あずきバー

 あずきバーが発売されたのは、1973年。あずきを炊く技術を生かし、「ぜんざいを凍らせたようなアイスができないか?」という発想から生まれました。シンプルな原材料で小豆本来の味わいを楽しめる人気商品となりましたが、冷凍庫から出したてだと大変硬いことでも有名です。

 冷凍庫から出したてだと、サファイアよりも硬いとされるあずきバー。硬さネタについて頻繁に話題になりますが、井村屋としては、どんな思いなのでしょうか。話を聞いてみました。

―― なぜこんなに硬いのか、あらためて伺えますでしょうか。

井村屋: 主に固い理由は3つあります。1つ目は、空気の含有量が極めて低いからです。2つ目は、乳固形分が全く入っていないから。3つ目は、乳化剤や安定剤といった添加物を使っていないからです。

―― 発売当初から硬いと思っていましたか。

井村屋: 発売したのは50年近く前なので、私も発売当時の商品をリアルタイムで知っている訳でありません。以前開発部に発売当初のあずきバーをつくってもらって試食したことがありますが、発売当初のあずきバーは現在のものよりも甘くそこまで硬くはありませんでした。

 あずきバーは発売してから今まで、お客さまの嗜好(しこう)に合わせてマイナーチェンジを繰り返しています。大きな流れとして、近年の嗜好は「甘さ離れ」や「健康志向」の傾向があり、昔と比較して「甘さを控えた」さっぱり系の商品になっています。

 硬いアイスを作ろうと思っている訳ではなく、お客さまの嗜好に寄り添って甘さを控えたり、添加物を使用していない安全・安心な商品作りを行った結果硬くなってしまったのです。

―― いつごろから硬さが定番ネタとして定着していきましたか。

井村屋: 先述した通り、硬いアイスをつくろうと思って作っている訳ではなく硬さを売りにしているわけでもありません。しかしながら、実際に硬い商品ですし、商品のパッケージにも「固く凍っているため、歯を痛めないようにご注意ください」との注意書きをさせていただいているくらいなので硬いことは否定しません。

 「硬い」と言われ出した時期はハッキリとは分かりませんが、2010年代ではないかと思います。公式SNSやアイスを特集したテレビ番組の影響が大きかった記憶があります。

―― よく硬さでネタにされていることについて、どう思われていますか。

井村屋: 硬さを売りにしている訳ではありませんが、商品や会社を覚えてもらえるPRにつながったり「硬い」ことを知ってもらうことであずきバーを食べる際に「硬いから食べる時に注意しよう」という「歯を痛める予防」に一役買っているのかなと思います。また、「この硬さが良い!」という言ってくださるお客さまもいらっしゃいます。

 硬さが気になる方は冷凍庫から出して少ししてから食べる方法や、井村屋の公式サイトに掲載している溶かして「ぜんざい」として食べるアレンジレシピなどもあるので是非ともご覧ください。あずきは食物繊維やポリフェノールを多く含んでおり栄養価が高い素材です。あずきバー1本あたりには、このあずきを約100粒も使っています。ひんやり冷えたおいしいあずきバーを食べて暑い夏を乗り切ってください!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい