ニュース
» 2022年07月19日 07時30分 公開

子どもと歩くときは「殿(しんがり)になって」! 一人で歩く幼児を事故から救ったママの言葉に「物凄くわかります」と賞賛の声(1/2 ページ)

子どもを守るのは保護者の役目。

[Kamihara,ねとらぼ]

 見知らぬ子どもが車道へ飛び出しそうになったとき、どんな行動をとりますか? そんなヒヤリとした体験を描いた漫画がTwitterに投稿されています。

「子どもと歩くときは殿(しんがり)になってください」と伝える画像 「子どもと歩くときは殿(しんがり)になって」

 作者は、3人の子どもを育てるイラストレーターの羅鳩(@rahato190)さんです。

一人で歩く子どもを見かけた画像 一人で歩く子どもを見かけて、
ひとまず安全なところへ保護しようと考える画像 ひとまず安全なところへ保護しようとしたら、

 羅鳩さんは、車が多い道をウォーキングしているときに、幼い子どもが一人で歩いているところを見かけました。保護者はどこにいるのかと周囲を見渡しますが、それらしき人は見当たりません。子どもの先には男性が歩いていましたが、子どもの方を見ておらず、距離も離れているため、保護者ではなさそうです。

 「やっぱり迷子!?」と心配になる羅鳩さん。あいにくスマホを持ってきていなかった羅鳩さんは、警察に通報するとしても、安全のためにいったん子どもを保護しなければと考えます。

いきなり子どもが車道へ飛び出す画像 いきなり子どもが車道へ飛び出してあわや事故に……!

 しかし、そう考えているすきに、子どもは突然車が走っている道路へと飛び出していったのです。羅鳩さんは「あぶない!!」と叫びながら必死の思いで子どもを追いかけ、抱きかかえました。

 

子どもと歩くときの心構えを伝える画像 父親に不審者と誤解されながらも、子どもと歩くときの心構えを伝えました

 なんとか事故に合わずに済みましたが、羅鳩さんは子どもを抱きかかえたまま、惨事を思い浮かべ呆然とします……。 

 そこへ男性が現れて、「ちょっとなんですか!」「うちの子なんですけど!」と羅鳩さんを咎(とが)めました。その男性は、先ほど羅鳩さんが「保護者ではないだろう」と判断した男性だったのです。

 羅鳩さんは、子どもを見ていなかった父親に憤りを感じながらも、「お父上ですか…?」とたずねました。

 すると男性は「そうです! うちの子です!!」とキッパリ。わが子が事故に合いかけたというのに、一部始終を見ていなかった男性は、羅鳩さんをまるで不審者のように扱います。

 羅鳩さんは男性に「あの…子どもと歩くときは…手をつなぐか…殿(しんがり)になってください」と伝えたのでした。

 “殿(しんがり)”は、「軍が退くときに、最後尾で追って来る敵を防ぐことや、その部隊のこと」を意味します。羅鳩さんは男性に、「子どもと歩くときは保護者がその後ろを歩き、子どもから常に目を離さず見守るべきだ」と伝えたかったのです。

 「初めて殿(しんがり)って使った」という羅鳩さんですが、なかなか普段口に出す機会はないものの、一言でわかりやすい表現です。

一部始終を見ていたおじいさんが状況を説明する画像 一部始終を見ていたおじいさんが状況を説明

 その後、一部始終を見ていた通りすがりのおじいさんが、「轢かれそうになったんだよぉー! この人が助けてくれたんだからぁー! あんた何してんのー!」と説明してくれ、事なきを得た羅鳩さん。羅鳩さんにとっては、子どもを助けたにも関わらず、男性から不審者扱いされてしまった残念な出来事ですが、子どもの命が守られて本当によかった……!

 この漫画には、「物凄くわかります!」「危なかった 子供は 駆けるよになったら興味のある所に走って行っちゃうからね」「ちょっとなんですか! ってこっちが言いたいよ!!」といった共感のコメントが集まっています。

 羅鳩さんはこの他にも、育児漫画などをTwitterアカウント(@rahato190)やブログ「うちの子には負ける気がしない」で公開しています。また、漫画をまとめた単行本『うちの子には負ける気しかしない』も販売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい