「女性講師ゼロ」「残念過ぎる」 国交省の講座で講師25人“全員男性”に批判の声 女性講師追加へ【追記あり】(1/2 ページ)

近年、イベントの登壇者やテレビの出演者に女性などのマイノリティの割合が少ないことが問題視されています。

» 2022年07月21日 15時50分 公開
[上代瑠偉ねとらぼ]

 国土交通省が実施するオンラインスクールの講師が“全員男性”であることに対し、「どうして女性が1人もいないのですか」「女性も障がい者も若者もいない」などの批判が集まっています。

 公式サイトによると、「公務員アーバニストスクール」は、「人中心の居心地が良く豊かなまち」を実現するため、主体的に考え、実践していく公務員の育成を目的としたもの。市区町村、都道府県、国などの行政機関の職員を対象としています。批判を集めているのは「人中心の居心地が良く豊かなまち」とうたいながらも、講師25人が全員男性であり、女性や障がい者などのマイノリティが登壇しないことです。

国土交通省「公務員アーバニストスクール」 公務員アーバニストスクールの告知物(画像はTwitterより)

 SNS上では「おじさんの居心地のいい町つくり?」「国土交通省のお役人には女性という『人』の姿が見えていないようだ」「車椅子を使う人は入っているのでしょうか?」など、登壇者の偏りを問題視する声がみられます。

 この問題には著名人らも言及しており、作家の乙武洋匡さんはTwitterで「『男性ばかり』『女性がいない』と炎上していますが、(写真だけでは判断できないけれど)『健常者ばかり』である可能性も否定できません。まちづくりなら、『現役世代の男性」に限定せず、女性や若者、高齢者、障害者や外国ルーツの方など、様々な視点を持つ講師がいるといいですよね」と意見を述べています。

 国土交通省は、登壇者に偏りがある理由について「講師の皆様については、女性も含めて検討しておりましたが、 日程等の都合などから最終的にこのような女性講師がいない形となってしまいました」とコメント。「今後予定している交流会等に女性講師をお願いすることも引続き検討しております。 頂いたご意見を真摯(しんし)に受け止め今後の取組に生かしてまいります」と述べています。

 近年、イベントの登壇者やテレビの出演者(※)に女性などのマイノリティの割合が少ないことが問題視されています。国内でもイベント企画・開催を手がけるComexposium Japanが国際カンファレンス「ad:tech tokyo」で女性登壇者比率を3割超に設定するなど、少しずつであるものの改善へ向けた取り組みが進められています。

※例えば、NHK放送文化研究所 メディア研究部が実施した調査によると、日本のテレビ番組では全チャンネルで、出演者は男性が約62%、女性は約38%と、大きな偏りがあることが明らかになっています。

女性講師追加へ【7月22日11時35分追記】

 編集部が問い合わせたところ、国土交通省は批判の声を受けて、公務員アーバニストスクールに女性講師による講座を追加するとのことです。Twitterでは今後について「検討」という曖昧な言葉を使っていましたが、担当者は「Twitter上での言葉の選び方も配慮が足りなかった」と認め、現在は「交流会とは別に、女性の講師による講義を複数追加するため、講師のリストアップを早急に進めている」と話しています。

 担当者は「建築・土木業界では学生は女性の割合が増えているものの、過去には男女比率がものすごく偏っていた。まちづくりに携わる方は係長クラスでは女性の方が増えているが、民間の実務者では女性の数が少ない」など現状の問題点について言及したうえで、「女性の視点はまちづくりに欠かせない。まちにお住まいの方の半分は女性だ」として、今回の対応にいたったと説明しています。

 また、「みなさんからのご意見を真摯に受け止めて、至らなかったことを重々承知のうえ、深く反省している。『来年度から』という話ではなく、『今年度から』スクールをしっかり良いものにしていきたい」と述べました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」