ニュース
» 2022年07月30日 16時00分 公開

台湾チア界の至宝チュンチュン、2022年も変わらぬ人気とパフォーマンスで魅了(1/2 ページ)

ずっと一線級ですごい。

[のとほのか,ねとらぼ]

 日本のプロ野球では北海道日本ハムファイターズのマスコットガール「FIGHTERS GIRL」(ファイターズガール)たちが披露する「きつねダンス」がブームですが、台湾プロ野球で活躍するチアリーダーたちへのまなざしも再燃しています。

台湾チアリーダー界の至宝・チュンチュン 台湾チアリーダー界の至宝・チュンチュン(撮影/羊肉るとん

 台湾プロ野球のチアリーダーはアイドル的存在といっても過言ではなく、ネットを介して日本でもファンになる人が続出。Google Trendsで日本における過去5年の「台湾チア」の検索ワードの推移を調べると、2019年後半に大きな盛り上がりがあり、2022年に入り再び盛り上がっていることが分かります。




 現在再び注目を集める台湾チアですが、2019年の盛り上がりを担ったのが、中信兄弟のチアチーム「熱情姐妹(Passion Sisters)」に所属するチュンチュン。

 チームカラーの黄色いユニフォームに身を包み、イノセントな笑顔とわがままボディーでピョコピョコ踊る姿は、ファンが球場で撮影した動画をYouTubeやSNSに投稿したことで、日本でもファンの心をわしづかみに。時期を前後して北海道各地で撮影した初ソロ写真集のリリースや、『週刊ヤングジャンプ』の表紙と巻頭グラビアを飾ったことでも注目を集めました。

 チュンチュンの存在を日本人ファンに特に印象付けたダンスは、中信兄弟の陳子豪(チェン・ヅゥハォ)選手のために作られたもの。チュンチュンによると「台湾では、中信兄弟チーム全体を応援する踊りが人気で、あの踊りが特別知られているわけではない」とのことですが、なぜか見入ってしまう不思議な魅力を備えています。

 「Passion Sisters」は2014年結成。チュンチュンは2016年に加入しており、チームメンバーの短今や希希、笑笑は同期に当たります。ねとらぼ編集部は、コロナ禍の足音が聞こえつつあった2020年2月、チュンチュンを取材するため台湾へ。取材現場にいた全員をとりこにしながら日本の印象や今後の目標をざっくばらんに語ってくれたチュンチュンが印象的でした。

ねとらぼの取材でダンスを披露してくれたチュンチュン。「なぜあのダンスじゃないのか」と多数ご意見をいただきましたが、主に音源の権利によるものです

 想像以上に魅力的だった“かわいすぎる台湾チアガール”は、その後も球場内外で人々の耳目を集め、2021年からは台湾の人気バラエティー番組「飢餓遊戲」のレギュラーメンバーとして出演。また、2nd写真集『QUNing』は日本版が2022年6月に刊行されました。

 台湾でもその人気は健在で、台湾のケーブルテレビ局「TVBS」が運営しているニュースサイト「TVBS新聞網」が2022年7月、台湾の若い世代に人気のSNS「Dcard」で、3000人に聞いた台湾チアリーダーの人気投票結果を紹介。ここでチュンチュンは次点に15ポイント差を付ける48%でトップに輝いており、変わらぬ人気があることを示しています。

かわいすぎる台湾チアガール・チュンチュン
かわいすぎる台湾チアガール・チュンチュンかわいすぎる台湾チアガール・チュンチュン

 台湾プロ野球(CPBL)は1989年に発足。現在は中信兄弟、統一ライオンズ、富邦ガーディアンズ、楽天モンキーズ、味全ドラゴンズの5チームで、2022年からは台湾南部に位置する高雄市の澄清湖球場を本拠地とする台鋼ホークスが新たに加入。14年ぶりの6球団体制となっています(台鋼ホークスは2023年シーズンは二軍、2024年シーズンから一軍に参入予定)。

 なお、中信兄弟は2021年、チーム名改称後初となる年間王者に輝きました。台湾プロ野球では7月30日、31日にオールスターゲームが開催され、チアは総勢50人が登場するそうです。

チュンチュン
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/16/news127.jpg がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/15/news132.jpg 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  4. /nl/articles/2208/17/news027.jpg いきがる新人子猫が兄猫に向かっていくと…… 優しくポンッとする姿に「手加減たまらない」「何度見ても笑っちゃう」
  5. /nl/articles/2208/16/news167.jpg アルピー酒井、2カ月10キロ減で中年太り克服 腹筋バキバキの肉体美に「かっこよすぎ!」「めっちゃ痩せてびっくり」
  6. /nl/articles/2208/16/news160.jpg 「にじさんじ」周央サンゴ、ついに志摩スペイン村から公式オファー 園内貸し切りで“限界突破”する激アツ動画に「言葉に表せない感動がある」
  7. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  8. /nl/articles/2208/17/news093.jpg 坂口杏里さんの夫、離婚発表から初めての長文投稿 「皆が温かくて涙が止まらない」「ありがとうしか言えない」
  9. /nl/articles/2208/15/news159.jpg ゲオのPS5抽選販売、「購入時にPS4売却」が条件で物議 「なぜPS4を手放さないといけないの?」ゲオに意図を聞いた
  10. /nl/articles/2208/16/news134.jpg 「5x+6=y」をxについて解け 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【算数・式の計算編】

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい