ニュース
» 2022年08月27日 09時00分 公開

夏といえばセミ、セミといえばおいしい! 外来種セミを極上のおつまみにする食レポが186万回再生を突破(1/2 ページ)

いろいろ勉強になる。※虫が苦手な人は閲覧注意です。

[k村ねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 夏の風物詩である「セミ」を極上のおつまみに変身させる動画がYouTubeに投稿されました。動画は記事執筆時点で186万回再生を突破、「ちゃんと生態系を崩さないように外来種を食べて貢献してるの尊敬する」「いつも変なので食べ物作ってるけど最終的には、しっかりした料理になってるの草」などのコメントが寄せられています。新たな世界を知ってしまった……。

 ※本記事には幼虫やセミが調理される動画、写真が掲載されています。虫が苦手な人は閲覧注意です。

 投稿者は、登録者数109万人のYouTuber「ホモサピ」さん。タニシのだしラーメン、ドングリからチョコレート、ザリガニからパスタソースを作るなど、身近な生き物をとっておいしく食べる動画を投稿し人気を集めています。エッセイ『地球は食べ物 いきもの獲って食べてみた日記』(KADOKAWA)も販売中です。

 今回ホモサピさんがターゲットにしたのは、夏の風物詩であるセミ。ホモサピさんによると、羽化したての真っ白な「ソフトシェル」と呼ばれる柔らかい個体は、極上のおつまみになるとのこと。セミが、極上のおつまみに……?

セミといえばおいしい セミといえばおいしいらしいです

 ホモサピさんが捕まえていくのは、在来種のセミではなく中国原産の外来種、「タケオオツクツク」。ツクツクボウシの近縁種で竹林を好み、捕まえて食べても日本の生態系に影響を及ぼさないんだそうです。

タケオオツクツク 外来種のタケオオツクツク

 竹林で次々とタケオオツクツクを捕まえていくホモサピさん。途中、クワガタにはさまれるハプニングがありつつも、セミ知識を紹介しつつ、羽化したてのタケオオツクツクを次々とゲットしていきます。

 ソフトシェルゼミは羽が伸び切る前がおいしいそうで、家のカーテンに幼虫を引っ掛けておけば、羽化したての個体が手に入るとのこと。そこで幼虫も次々に捕まえていきます。職人技のようだ。

タケオオツクツク 羽が伸びきる前がおいしいらしい

 たくさんの羽化したての個体・幼虫と帰宅したホモサピさんは、さっそくカーテンに幼虫たちをつけて、今か今かと羽化まで待機。「セミ栽培の自動化に成功」するなど、大胆な発想も披露しました。

 さて、いよいよソフトシェルゼミたちの調理を開始します! 本日のメニューは、エビピラフならぬ「セミピラフ」。

 人参、玉ねぎを手際よくみじん切りにし、フライパンに火をつけます。オリーブオイルを熱してにんにくを入れ、香りが出たら、ここでタケオオツクツクたちを投入。ホモサピさんによると、「野菜の前に入れて下さいね」「最初に火を通したいです」とのこと。

セミピラフ途中 ピラフが出来上がっていきます

 セミたちがキツネ色になったら、野菜とスパイスミックスを入れていきます。ごはんと切ったいんげんを入れて、遂に完成です!

 今回エビピラフならぬ「セミピラフ」を作ろうと思ったのには理由があり、それは「セミを素揚げにした後の油は、めちゃくちゃエビの香りがするから」なんだとか。セミとエビにそんな共通点があったとは……。

セミピラフ完成 完成したのがこちら

 そして実食です! 一体どんな味なのか。ふたを開けると、「今年一番ぐらいうまいかもしれない」と大絶賛の結果となりました……! 動画を見ていると「もしかして、セミっておいしそうかもしれない……」と思ってしまうホモサピさんの食レポは、ぜひ動画でご確認ください。

 外来種のセミが極上のおつまみに変貌を遂げる様子には、「料理のレシピをくれる神チャンネル。圧倒的面白さ、投稿に感謝」「ほもさぴさんだから安心して見れるけど、今日のやつ常人には余りにも地獄絵図でずっと笑ってた」「ゼッタイに食べたくないことは変わらないけど、ちゃんと料理してる」などのコメントが寄せられています。

 ホモサピさんは、他にも「田んぼの水路にいたもの鍋」や「水路に捨てられたペットを塩焼きで食う」など、誰もまねできない料理動画を投稿しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  6. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  9. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」