共演声優からも過去に「いろいろな役ができる」 飯豊まりえ、「夏へのトンネル、さよならの出口」 ヒロイン役で抱いた“望み”とは(1/2 ページ)

「繊細な『寄せる』『寄り添う』ことが意外と得意なのかな」。

» 2022年09月09日 17時00分 公開
[斉藤賢弘ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 八目迷さんの小説を基にした劇場版アニメ映画「夏へのトンネル、さよならの出口」が9月9日に全国公開されます。

 同作は、“欲しいものがなんでも手に入る”とうわさされる「ウラシマトンネル」を巡る青春SF。過去に起こったある体験から心に傷を負った主人公・塔野カオルがひょんなことからトンネルを発見し、芯の強さともろさを併せ持つ孤高の同級生・花城あんずと“共同戦線”を結び、その謎を追っていくというミステリアスな物語です。

「夏へのトンネル、さよならの出口」主人公の花城あんずと塔野カオル 物語の主人公となる花城あんずと塔野カオル

 切なさもただよう同作でヒロインのあんず役を務めたのが飯豊まりえさん。“ずっと憧れだった”という声優仕事への熱い思いや、作品を貫く大きなテーマのひとつでもある「壁を乗り越えること」についてうかがいました。

「夏へのトンネル。さよならの出口」で主演声優を務めた飯豊まりえ ヒロイン・花城あんず役を演じた飯豊まりえさん ヘアメイク:本岡明浩 スタイリスト:有本祐輔(7回の裏)

ヒロインの花城あんずは「絶対的存在」

―― 原作を読んだときの印象をまずお聞かせください。

飯豊まりえ(以下、飯豊) 何かを得るために何か代償があるという、ファンタジーだけども現実離れしていないところに引かれただけでなく、何でも欲しいものを手に入れられる「ウラシマトンネル」が、自分の過去や現在を変えてくれる存在だということにちょっと勇気を与えてもらえるなと。

 それって「今が一番素晴らしいんだよ」「過去があったからこその今なんだよ」っていうメッセージなんですけど、すてきだなと思いました。

―― オーディションを受けた際の心境についてはいかがでしょう?

飯豊 声優のお仕事に憧れがあったので、作中のどの役でもやってみたくて。

 その上であんずは、かなりクールに見えつつ繊細な部分もあったりして、自分とちょっと違うキャラクターな分、逆にとても演じやすかったです。

―― あんずは飯豊さんからみてどんなキャラですか?

飯豊 魅力的ですよね! みんなの注目を集められるという、絶対的存在というか気になる存在だと思います。私はその点全然かけ離れていましたけど(苦笑)。

―― では、飯豊さんはどんな高校生でしたか?

飯豊 急に姿をみせて「みんなで楽しもう!」って声を上げるんだけど、いの一番にいなくなっちゃうタイプの子でした。

 みんなとずっと何かをするより、もうワンテンポ進みが早いというか、「もう完結した!」と思った途端、私は「よかった!」「じゃ!」ってその場からポンポン飛んでいくタイプです。

―― 高校時代の話になりましたが、「夏へのトンネル」はタイトル通り、ひと夏の出来事を描いた作品です。夏にまつわる思い出もうかがえますか?

飯豊 子どものころ、父と大好きなカブトムシを朝早く取りにいったことです。「(甲虫王者)ムシキング」というカブトムシのカードゲームがありましたが、私はカッコいいものが当時好きだったんですよね。

 「実際に野生で生きているカブトムシが欲しい」っていうことで山へ取りにいったんですけどいなくて。でも、オオクワガタの幼虫を手に入れて孵化させて。

―― 昔から活発に外で遊ぶ子だった?

飯豊 いや、そうでもなかったですね! 1人っ子だったので、両親から「危ないから家の外には出ないでくれ」って頼まれていて。あんまり外に冒険しにいくことはなかったんですけど、そのときは家の敷地内でオオクワガタを放して自然に返してあげました。

共演者の鈴鹿央士さんは「塔野とはちょっと違う性格」

―― あんずはどのように演じましたか?

飯豊 あんずのせりふで好きなものを読みながら、「こういう声にしようかな」ってイメージしていきました。

 声の調整に直前まで悩んでいたんですけど、「どいてくれる?」「世界は断絶されてるんだ」っていう、ちょっと冷たいせりふをどういうテンションで言うのが正解か、っていうのもひとつ決め手になりましたね。

―― 今のお話だと、声音や声量にもだいぶ気を遣っている?

飯豊 そうです。ラストから逆算してあんずの声を徐々に高めに調節する、といった工夫もしていました。

 あんずは、物語の最後でウラシマトンネルに入るか選択を迫られるキャラ。塔野と寄り添うようにして物語を進んでいくさまを声で表現したかったので、とにかく細かくチューニングしていましたね。

―― 現場の雰囲気もうかがいたいです。初共演の塔野役・鈴鹿央士さんにはどのような印象を抱きましたか?

飯豊 不思議な方だなって思いました。「(役柄用の)衣装着ていないから気持ちが入らないかも!?」とか思ったことを口にする人で(笑)。塔野とはちょっと違う性格の方だな、面白いなと感じたんですよね。

―― 鈴鹿さんは飯豊さんから「教えていただいた」と。

飯豊 あのときはリテイクが何回もかかっていて、メンタル的にやりづらくなっちゃいそうだったので、「今は目の前の子に声を当ててるので、その向こう側の人に話すようにしてみたら、声のボリュームが変わってやりやすいと思いますよ」って言ったんです。そうしたらすぐにクリアしていました(笑)。

―― すてきな“共演”です(笑)。では、収録で印象に残っているせりふやシーンは?

飯豊 あんずが塔野に“床ドン”をして、「ねぇ、塔野くん。わたしにもあなたの見ている世界見せてよ」って言って、「味気ない世界だよ」って返されるシーンが大好きです。

「夏へのトンネル、さよならの出口」で花城あんずが塔野カオルを“床ドン”するシーン 飯豊さんが語った“床ドン”シーン

 この物語って登場人物がかなり少ないんですよね。恋なのか友情なのかはわからないけど、あんずと塔野の世界はきっと忘れることができない思い出なんだなっていう、はかない感じがとても青春だなと思いました。

「夏へのトンネル。さよならの出口」で主演声優を務めた飯豊まりえ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」