91歳で死去したゴダール、スイスで認可の“自殺ほう助”選択 2014年すでに意向ほのめかすが「まだ好意的な返事はない」

多くの著名人らが追悼しています。

» 2022年09月14日 17時35分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 9月13日(現地時間)に映画「勝手にしやがれ」(1960年)「気狂いピエロ」(1965年)「中国女」(1967年)などで知られる仏映画監督ジャン=リュック・ゴダールが91歳で亡くなりました。スイスとフランスの国籍を持っていたゴダールは、70年代から住んでいたスイスで、同国が認可している「自殺ほう助」により人生を終えたと仏リべラシオン紙が報じています

ジャン=リュック・ゴダール、91歳で自殺ほう助により亡くなる 世界三大映画祭全てで最高賞を受賞した(ヴェネツィア国際映画祭のInstagramから)

 同紙は、妻のアンヌ=マリー・ミエヴィルとプロデューサーらが「スイスのロール、レマン湖のほとりにある自宅で愛する人々に囲まれ安らかに亡くなった」と午前遅くにゴダールの死を確認したこと伝えています。また、家族の友人は「彼は病気ではなくただ疲れ果てていた」と説明したとのこと。さらに別の友人も「彼は全て終わらせることにした。それは彼の決断で、公表することは重要なことだった」と語ったそうです。

2014年にRTSとのインタビューで自殺ほう助について語っていたゴダール

 ゴダールは2014年5月にスイスの公共放送ラジオ・テレビジョン・スイス(RTS)とのインタビューですでに自殺ほう助について語っていました。

 インタビュアーが「あなたが死ぬとき――できるだけ遅くにということですけど……」と言いかけると「必ずしも“できるだけ遅く”ってわけじゃない」と遮ったゴダール。そして、自殺ほう助について考えを聞かれると、「よく主治医や弁護士にこう尋ねる。ペントバルビタール・ナトリウムやモルヒネを頼んだら、くれるのかって。でもまだ好意的な返事はないね」と答え、自身の死について自殺ほう助も考慮に入れていることをほのめかしていました。

 スイスでは消極的安楽死など、さまざまな形で死の援助が認められており、自殺ほう助は最もよく知られているもの。医師が薬品を注入するといったことは認められず、処方された致死量の薬を付添人が運び、自分で服用するという方法で死を迎えます。国内だけでなく国外からの希望者を受け入れる団体もあり、一定の条件下で認められます。また、“利己的な動機で”自殺ほう助した者には5年以下の懲役または罰金が科せられます。

ジャン=リュック・ゴダール、91歳で自殺ほう助により亡くなる カイエ・デュ・シネマも長文で追悼(カイエ・デュ・シネマのInstagramから)

 ゴダールが若いころ、フランソワ・トリュフォーやエリック・ロメールらと批評を書いていたヌーヴェルヴァーグの象徴的な仏映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』は、「ジャン=リュック・ゴダールが死んだ」という一文から始まる長い追悼文を公式サイトなどで公開しています。

 同誌は彼の作品が「いくつかのものがすでにそうであるように古典になるだろう」と予想し、ピカソやマティス、ジョイスら近代の偉人と同様にゴダールの芸術が「古いものへの膨大な知識に根差したものだった」と分析しています。

 また、映画史にとって重要な人物であるゴダールの死は国内外で大手紙が報じていますが、「彼をパンテオンに埋葬したり彼の偉大さを公にしようだなんて思わないことが大切だ。全ての栄光と評価を慎重に隠してきた人なんだから。芸術以外の全ての文化ルールに逆らった人。墓に“その反対に”と刻んでほしがった人」と近しい友人のように言い表す語り口には同誌からの深い愛がにじんでいるようです。

 ゴダールは2019年にフランス・キュルチュールの番組で、「以前妻が――まあ、墓は作らないと思うが――私の墓には“その反対に”、妻の墓には“疑いを抱いている”と入れたいと言ってた」と冗談めかして語っていました。

ジャン=リュック・ゴダール、91歳で自殺ほう助により亡くなる カンヌ国際映画祭では21作品が上映された(カンヌ国際映画祭のInstagramから)

 ゴダールは世界三大映画祭全てで最高賞を受賞した映画監督でした。ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭、カンヌ国際映画祭はそれぞれSNSで彼を追悼しています。

 特に1968年にゴダールがトリュフォーやクロード・ルルーシュらと乗り込み各賞の受賞を阻止した因縁あるカンヌ国際映画祭は、意図的にその当時の写真も投稿。2018年にスペシャル・パルムドール賞を受賞し、最新作「イメージの本」で映画人たちへ語りかけた際、審査委員長であったケイト・ブランシェットが同映画祭を代表し「映画を前進させ、限界を押し広げ、映画の定義と再定義を探し続けた芸術家」と賛辞を送ったことを紹介。そして「彼の働きなくして映画に現在の姿はなく、私たち映画祭は深い悲しみと限りない感謝、深い尊敬の念とともに、かの芸術家に最後の敬意を表します」と結んでいます。

 また2001年から2014年まで同映画祭代表を務めたジル・ヤコブもTwitterで「ジャン=リュック・ゴダール、映画界のピカソ。直感と閃光、言葉とイメージ、音と色で遊び時代の先を行った。難解で魅惑的な、道しるべとなるような映画を即興で作った。世界中の映画が孤児になってしまった」とゴダールの死について述べています。

 ゴダールの代表作の1つである「軽蔑」(1963年)の主演俳優ブリジッド・バルドーは同作での画像とともにコメントを投稿。「そしてゴダールは『軽蔑』を作り出し、力尽きて偉大な創作者たちの最後の星として天空に加わった」と「勝手にしやがれ」の原題「A bout de souffle」を引用したツイートをしました。

 エマニュエル・マクロン仏大統領はTwitterで「まるでフランス映画の出現でした」とゴダールの存在を表現。「そして巨匠になった。ヌーヴェルヴァーグのもっとも象徴的な映画作家ジャン=リュック・ゴダールは、断固としてモダンで、強烈に自由な芸術を発明したのです。我々は国宝、天才のまなざしを失ってしまった」とその死を惜しんでいます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」