仏名優ジャン=ポール・ベルモンド逝去に元仏代表ジダンら追悼 仏では『ルパン三世』『コブラ』に影響と報道も(1/2 ページ)

フランスの“国宝”とマクロン大統領。

» 2021年09月08日 13時20分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 「勝手にしやがれ」(1960年公開)「気狂いピエロ」(1965年公開)などで知られるフランスを代表する俳優ジャン=ポール・ベルモンドが9月6日(現地時間)、パリの自宅で亡くなりました。88歳でした。日本ではヌーヴェルヴァーグを代表する俳優という印象が強い一方、フランスでは危険なアクションをこなし強靭な肉体を持つイメージも強い俳優でした。バンドデシネ(フランス・ベルギーを中心とした漫画)のヒーロー像にも影響を与え、スポーツ愛好家でも知られるベルモンドの死を多くの人が悼み、仏国内外のメディアが報道しています。

ジャン=ポール・ベルモンド エマニュエル・マクロン エマニュエル・マクロン大統領も追悼(画像はエマニュエル・マクロン大統領のInstagramから)

 エマニュエル・マクロン仏大統領は自身のSNSで「彼はずっと“ル・マニフィック”(※素晴らしい人という意味、主演した1973年の映画『おかしなおかしな大冒険』の原題)です」とコメント。「ジャン=ポール・ベルモンドは国宝であり、豪快ではじけるような笑いに満ち、大きな声としなやかな身体、気高いヒーローであると同時に親しみやすい存在、疲れを知らない無鉄砲な人であると同時に言葉の魔術師でもあった。彼の中にみんな、自分自身を見いだしました」とベルモンドについて表現しました。

ジャン=ポール・ベルモンド ジダン 元フランス代表のジダンが公開したサッカーをするベルモンド(画像はジネディーヌ・ジダンのInstagramから)

 スタントを使わず自ら激しいアクションに挑む作品で次々とヒットを飛ばしたベルモンドは、香港の俳優ジェッキー・チェンらによる後年のアクション映画にも影響を与えたといわれています。スポーツ愛好家で、観戦はもちろん激しいアクションをこなす基盤となる身体を作るためにも自ら競技に取り組んでいました。元サッカー選手のジネディーヌ・ジダンは自身のSNSへ「ジャン=ポール・ベルモンド、“ル・マニフィック”。みんなが愛した偉大な人」とベルモンドがサッカーをする姿など数枚を公開して追悼しています。

 東京オリンピックでは個人で銅、団体で金を獲得したフランスの柔道家テディ・リネールは、ベルモンドと撮った写真をSNSに公開し「伝説的な俳優であり、スポーツに情熱を注ぎ、唯一無二のプロフェッショナルであるこの偉大な人物に会えたことは、私にとって大変光栄なことでした」と追悼。「私の思いは彼の家族と友人にあります。さようならムシュー・ベルモンド、安らかに眠ってください。私たちに残してくれた全てに感謝します」とコメントを添えました。

ジャン=ポール・ベルモンド パリ・サンジェルマンFC PSGへは初期に出資していた(画像はパリ・サンジェルマンFCのInstagramから)

 仏パリに拠点を置くサッカーチーム、パリ・サンジェルマンFCは設立当時、ベルモンドが出資していたことが知られています。同チームは「ジャン=ポール・ベルモンドが月曜に88歳で亡くなったことを知り、パリ・サンジェルマンFCファミリー全員が深く悲しんでいます」との声明を発表。「私たちの“ベベル”はずっとフランス国民から愛される俳優の1人であり、ゴールキーパーとして熱心にプレイしていたサッカーに夢中でした」とコメントし、ベルモンドの家族と友人にお悔やみを述べています。

 また若いころから、テニスの4大国際大会全仏オープンを観戦することも多かったベルモンド。大会公式SNSは観戦中のベルモンドの写真とともに「偉大な俳優のジャン=ポール・ベルモンドが亡くなったことを知り悲しみに暮れています。全仏オープンは最も忠実な恋人の1人を失った、孤児となりました」とベルモンドが同大会に大変な情熱を注いでいたことを明かしています。

ジャン=ポール・ベルモンド ローランギャロス 全仏オープン 全仏観戦中のベルモンド(画像は全仏オープンのInstagramから)

 ベルモンドはバンドデシネにも大きな影響を与えていました。『孤独のグルメ』作画の故・谷口ジローさんが影響を受けていたことを公言していた仏漫画家ジャン・ジロー(※メビウスの本名)の代表作「ブルーベリー」はベルモンドにインスパイアされたもの。

 また仏Le Figaro紙では「日本でもジャン=ポール・ベルモンドの男性的でゆったりした雰囲気が模倣されている」として故モンキー・パンチさんの『ルパン三世』と寺沢武一さんの『コブラ』を例に挙げました。さらに「寺沢武一さんは『コブラ』を制作する際に「ベベル」の体格だけではなく彼の演じるキャラクターの特徴(魅惑的、シニカル、口うるさい)からもインスパイアされた」とも付け加えられています。

 カンヌ国際映画祭のTwitterは、ベルモンドが名誉賞であるパルム・ドール・ドヌールを受賞した2011年でのエピソードに写真を添えてツイート。「カメラマンたちは“彼に拍手を送るため”と階段にカメラを置いた。人として、俳優としての度量の広さが映画史に残る名場面を生み出した。ありがとうジャン=ポール」とベルモンドをたたえ追悼しました。

 仏パリのアンヴァリッドでは9日に故人を追悼する国家式典が催され、葬儀は10日にサン=ジェルマン=デ=プレ教会で執り行われる予定です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評