ニュース
» 2021年08月25日 14時43分 公開

チャーリー・ワッツさん訃報にストーンズの「大きな打撃」とPマッカートニーら追悼 メンバーはドラム「CLOSED」の悲しい画像投稿(1/2 ページ)

メンバーの絶大な信頼を得ていた物静かなドラマー。

[城川まちね,ねとらぼ]

 8月24日(現地時間)、ザ・ローリング・ストーンズのドラマーであるチャーリー・ワッツさんが80歳で亡くなりました。メンバーやミュージシャンらが続々と追悼しています。

ザ・ローリング・ストーンズ チャーリー・ワッツ 80歳でした(画像はザ・ローリング・ストーンズのInstagramから)

 ザ・ローリング・ストーンズのSNSは24日(現地時間)、ワッツさん広報による声明を発表。投稿には、ワッツさんがほほ笑む写真も添えられています。

「最愛のチャーリー・ワッツ氏の訃報を伝えなければいけないことは計り知れない悲しみです。彼は先ほどイギリスの病院内で、家族に見守られながら穏やかに息を引き取りました。チャーリーは夫として父として祖父として愛され、そしてザ・ローリング・ストーンズのメンバーとして同世代の最も偉大なドラマーの1人でした。この困難な時期に際し、彼の家族とバンドメンバー、親しい友人らのプライバシーを尊重していただきますようどうかお願いいたします」

チャーリー・ワッツ ミック・ジャガー ミック・ジャガーさんは笑顔のワッツさんを(画像はミック・ジャガーのInstagramから)
チャーリー・ワッツ キース・リチャーズ キース・リチャーズさんの投稿はとても悲しい(画像はミック・ジャガーのInstagramから)

 ザ・ローリング・ストーンズのメンバーはワッツさんが亡くなった後、それぞれSNSに画像を投稿していますが、2人ともコメントのない無言のものでした。ボーカルのミック・ジャガーさんは笑顔でドラムをたたくワッツさんの写真を投稿。普段穏やかで冷静な印象のワッツさんが子どものように楽しそうに笑っており、メンバーからワッツさんへの愛を感じられる1枚です。

 そしてギタリストのキース・リチャーズさんが投稿した画像は無人のドラムセットに「CLOSED Please Call Again(閉店です、またお電話ください)」のプレートが掛けられた、深い悲しみに満ちたものでした。無言の2人の投稿には、「お悔やみを」「彼がいなくてさみしい」「彼なしではもう2度と同じバンドではない。チャーリー・ワッツ、安らかに」などたくさんのお悔やみのコメントが寄せられています。

チャーリー・ワッツ リンゴ・スター 若いころのチャーリー・ワッツさんとリンゴ・スターさん(画像はリンゴ・スターのInstagramから)

 元ザ・ビートルズのリンゴ・スターさんはSNSに若いころと最近のものとの2枚の2ショット写真を投稿。「チャーリー・ワッツに神のご加護を。君がいなくなると僕たちみんな寂しくなるよ。平穏と愛をご家族に。リンゴ」と追悼しています。

 元ザ・ビートルズのポール・マッカートニーさんはSNSに動画を投稿し、お悔やみのメッセージを送りました。マッカートニーさんは「彼が病気なのは知っていたけどここまでだとは知らなかった」と前置きして、彼の家族とザ・ローリング・ストーンズのメンバーへたくさんの愛を送るとしました。また、ワッツさんの喪失がバンドにとって「大きな打撃」になるだろうとし、「チャーリーはロックで素晴らしいドラマーだったから。岩(ロック)のように確固と安定していた」とその理由を述べ、最後にワッツさんへの愛を強く表明しています。

ザ・ローリング・ストーンズ エアロスミス エアロスミスも追悼(画像はエアロスミスのInstagramから)

 また、米ロックバンドのエアロスミスは、ドラムをたたく若きワッツさんの写真とともに、「名高いチャーリー・ワッツの訃報を聞いて、私たちは大変な悲しみに暮れています。チャーリーのご家族とザ・ローリング・ストーンズへお悔やみを申し上げます。心から、エアロスミスのメンバーより。あなたは私たちへ本当にたくさんのものを与えてくれました。安らかに」と追悼のコメントを投稿しています。

ザ・ローリング・ストーンズ  レニー・クラヴィッツ 尊敬にあふれたレニー・クラヴィッツの投稿(画像はレニー・クラヴィッツ(のInstagramから)

 米ミュージシャンのレニー・クラヴィッツさんはドラムスティックを握る理知的なワッツさんの画像を投稿。「チャーリー・ワッツ。言葉はない、全てのグルーヴが彼自身を語っていた」と簡潔なコメントで悲しみと尊敬を表しています。

 ワッツさんの最後の演奏は2019年8月30日の米マイアミでの公演。コロナ禍で延期になっていた、2021年9月から始まるザ・ローリング・ストーンズのツアー「ノー・フィルター」へは病名の公表されていない手術の回復に時間がかかるとして、不参加が発表されていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声