猫風邪の我が子を、母猫が「保護してください」と連れてきて…… 威嚇していた子猫が心を開く姿にグッとくる

“この人なら大丈夫、きっと助けてくれる”と思ったのかな。

» 2022年09月18日 20時00分 公開
[三日月影狼ねとらぼ]

 YouTubeチャンネル「にこねこ【保護猫の保育園】」に野良の母猫が猫風邪の我が子を連れてきたように見える姿が投稿され、たくさんの感謝の声が寄せられています。動画は記事執筆時点で32万回以上再生され、8300件を超える高評価を獲得しています。

動画サムネイル 母猫に連れられて、風邪を引いた子猫がやってきた日のお話

 投稿主者のにこママさんとにこパパさんは「にこねこ保育園」(関連記事)という名前で、2014年から猫の保護活動を行っています。保育園には既にたくさんの園児(保護猫)がいますが、2022年7月17日にまた1匹の子猫が自ら保育園を訪ねてきたのだそうです。自ら入園希望を出し、無事入園した子猫は「ちょび」ちゃんと名付けられました。

ちょびちゃん ちょび髭のような模様がかわいい「ちょび」ちゃん

 無事にちょびちゃんを保護できたのは喜ばしいことですが、子猫がいるということは近所にその母猫もいるということ。母猫に関して情報収集を始めたところ、近所の人から「子猫を連れた母猫を見かけた」という有力な目撃情報が。投稿者さんは親子を保護するために、エサとトイレを設置しました。

親子猫が訪ねてきたときの画像 猫の親子が訪ねてきました

 すると数日後、子猫を連れた母猫が投稿者さん宅を訪ねてきました。その日はトラックの音に驚いて帰ってしまいましたが、翌日には子猫だけが近くにやってきたのです。子猫は人間をあまり怖がっていなかったためおもちゃで引き寄せて無事に保護、入園することが決まったのでした。不思議なことに、母猫はいなくなった子猫を探すこともなく、静かに帰っていったそうです。

翌日の子猫 翌日は子猫が近くに来て……
子猫保護の画像 無事保護、からのにこねこ保育園への入園が決まりました

 にこねこ保育園では成猫を保護・隔離するスペースはないため、母猫は後日TNR(※)を行い、一代限りの命として見守っていくとのこと。子猫を保護するのはもちろん、母猫のこともきちんと考える投稿者さんたちの活動には頭が上がりません。

※TNR…野良猫を捕獲し、去勢・避妊をした後に元居た場所に戻す活動のこと。望まぬ妊娠・出産を防ぐことで、野良猫の数や殺処分を減らせると考えられています

威嚇する子猫 必死で威嚇する子猫

 保護された子猫は小さな体で、一生懸命に「シャー」と威嚇します。どうやら子猫のお母さんはずっと野良猫だったらしく、人間との触れ合いがない中で、子猫に身を守る術をきちんと教えていたようです。母猫は愛情たっぷりに子育てをしていたものの、我が子が猫風邪で苦しむ様子を見かねて、大事に保護してくれるだろうにこねこ保育園に連れてきたのかもしれませんね。

お顔が汚れている子猫 病院後、とっても穏やかな表情になりました
眠るトントンちゃん リラックスモードです

 子猫は猫風邪がひどく鼻水が止まらないものの、動物病院できちんと診察されると少しずつ元気に。そしてにこママさんとにこパパさんの愛情に包まれてあっという間にリラックスした姿を見せるようになりました。子猫は自分から“トントン”と尋ねてきたことから、「トントン」ちゃんと名付けられたのでした。

 にこママさんとにこパパさんは、トントンちゃんをはじめとした園児たちがすてきな家族に巡り合い、無事に卒業するまで縁をつないでいくとのこと。1匹でも多くの子猫が幸せになれますように、と願わずにはいられません。

子猫のトントン シャンプーも頑張りました
狙いを定める子猫のトントンちゃん 他の園児たちと遊ぶトントンちゃん
こちらを向く子猫のトントンちゃん お顔もすっかりきれいになりました◎

 動画には、「トントンちゃん、入園おめでとう!」「きっと入園を誰よりも喜んで、そして安堵しているのはトントンちゃんのお母さんですね」「ありがとうございます、日々の活動に対して尊敬しかありません……」「優しいにこパパとにこママの話しかけに直ぐに警戒心も無くなりましたね」といった、たくさんのコメントが寄せられています。

 にこママさんとにこパパさんは日々保護猫活動に取り組みつつ、その様子をYouTubeチャンネル「にこねこ【保護猫の保育園】」とTwitter(@niconeko2575)、Instagram(@niconeko.2575)に投稿しています。また、保護活動のため「Amazonほしい物リスト」で支援を募集しています。

自分から入園しにきた子猫「ちょび」ちゃんのお話
ラグドールの「華」ちゃんのお話
華ちゃんが心を開くまで

画像提供:YouTubeチャンネル「にこねこ【保護猫の保育園】」さん

三日月 影狼

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」