ニュース
» 2022年10月03日 18時30分 公開

LDHとFANTASTICSに出会って人生変わったけど「ハイロー」未見だった初心者オタクが「HiGH&LOW THE WORST X」を見てみた話(2/3 ページ)

[林美由紀ねとらぼ]

あらすじ:映画はやっぱりケンカから始まる! けれど……(※微ネタバレ注意!)

 「HiGH&LOW THE WORST X」は、男たちの熱い友情と闘いを描く「HiGH&LOW」シリーズと、高橋ヒロシ(※高は、はしごだかが正式表記)原作による不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」のクロスオーバー作品「HiGH&LOW THE WORST」の続編です。

 いくつもの高校がテッペンを狙ってうごめく地区。今回は、赤い制服の瀬ノ門工業高校の天下井(三山凌輝さん)がテッペンを獲るために、同じ高校の須嵜(中本悠太さん)たちと一緒に、いくつかの学校と連合し、この地区最強の鬼邪高校とその仲間との闘いを繰り広げるというストーリーです。

 確かに物語の最初から最後までケンカのシーンが多く、その華麗なアクションシーンに目を奪われますが、強く美しい……けれど、本当はさまざまなものを背負った人たちの人間ドラマも垣間見ることができます。

 

林は「ハイロー」にハマれたのか ※ネタバレ注意!

 映画が始まってすぐ、自転車が積みあがり、グラフィティアートが書き殴られている校舎が映り(FANTASTICSという文字とPOWERという文字を見つけ、心の中で湧いた)、ケンカがぼっ発。もし、自分がこの高校の教師になったら、授業はできるんだろうか……いつ、どこで? と不安になりました。完全に教師目線からスタート。

 その後、物語に引き込まれ、それぞれが抱えている思いに涙し、「みんな強いよ。誰も負けないで……」と、よく分からない感情が湧き上がり、どうしたらみんなが仲良くなれるんだろう(いや、テッペン獲りたいから!)と思いながら見ました。最後の方はそりゃもう泣きました。そして、物語が進むにつれて、どこの高校に入学しようかと考えるようになり、気が付くと、自分の視点は、教師目線から生徒目線に移っていました。

ミリしらHiGH&LOW THE WORST X それぞれの友情や信頼感に胸が熱くなる (C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX(※高は、はしごだかが正式表記)

 また挿入される音楽もかっこよく、自分も一緒に戦いに行くような気持ちになり、いい意味で煽られ、鼓舞されました。

 出演者の全てが個性的で魅力がある、という有識者の話は本当にその通りで、中でも、小田島君(塩野瑛久さん)轟君(前田公輝さん)の強さと色気とちょっとおちゃめなところに、ああ、みんながやられる理由はこれか……と少し分かった気がしました。

 なんていうか、頭脳派で落ち着いているし、穏やかな空気感が本当にステキで。2人に共通の趣味があり、一緒にいると落ち着くという話や、2人が写ったセルフィーを見せてくれるところがかわいすぎた……。その2人だけの世界をずっと愛でていたい。だけど、そんなかわいい2人は、めっぽう強くてやさしくてかっこいい。2人のことを一気に好きになりました。

 このように、魅力と魅力しか出てこない出演者の中、私にもさらに気になる人が3人できました。

 まずはじめに、鳳仙学園のじんじんこと仁川英明君(小柳心さん)です。「橋の上(かな?)で、鬼邪高に加勢するときの一言で好き!」となりました。今回のお話の中ではメインキャラクターではないと思うのですが、鬼邪高の楓士雄に加勢するときのそのセリフの「間」に、照れ臭さが程よく醸し出されていて、人間味にあふれ、義理堅さも伝わって、かっこよかった。すごく派手だったり器用だったりするわけではないかもしれないけれど、一歩後ろに引きつつ、出るときは出て、守ってくれそう! ケンカするときにそこに子猫がいたら、サッと安全な場所に連れて行ってくれそう!

 こんな風に、私にとっては妄想がはかどる、非常にキュンな一言だったのですが、共感してくださる方はいらっしゃるでしょうか。ぜひ橋の上の仁川君に注目してみてください。

 次に、劇中、常に気になって仕方がなかった、丸刈り頭の沢村正次君(葵揚さん)。第一印象は「寡黙だけど強そう。どんな人かもっと知りたい」でした。ケンカが強いのか、優しい人なのか怖い人なのか……実は、沢村君がどんな人か、という印象や情報は自分の中に全く残っていません。でも、なんだか気になるんです。私の記憶の中では、劇中ではほぼ声も聞いてないかも……という感じなのですが、オーラというか存在感がすごい。多分、寡黙。で、多分、ケンカもめちゃくちゃ強いはず。どんな食べ物が好きで、どんなことでニッコリ笑ってくれるの? もっとあなたのことを知りたい!

 そして、最後は、鳳仙の次の頭を張る? とうわさの徳山門司君(堀夏喜さん)。制服のデザインもあってか、とにかく涼やか。次世代を担う人なのできっと強い。でも、ケンカっ早いタイプではなく、相手を見て動きそう。冷静さを感じるあの視線は、きっとひれ伏したい願望を満たしてくれますし、この涼やかさで実は極悪だったらどうしよう(好き)。スンとした表情と凛とした佇まいが本当にステキで、何気ない「腹減った」の一言をいただければ、喜んでコンビニに走らせていただきたいと思っています。今後の活躍にも期待!

 と、今回、3人の気になる人ができたのですが、見事に鳳仙偏りになってしまった……。どこの学校も強そうだけど、やっぱり気になる人がいる学校のことを知りたい! そんな訳で私が入学するとしたら、鳳仙学園を選びたいと思います。

 

ザワまで、もう間もなく!

ミリしらHiGH&LOW THE WORST X 大勢のケンカでもタイマンでも、とにかく跳ぶ、蹴る、殴る。爽快なアクションシーンがてんこ盛り (C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX(※高は、はしごだかが正式表記) 出典:HiGH&LOW公式YouTube

 ほぼ初めて見たアクション映画。確かに少し怖いと思うところもありましたが、目を閉じたり塞いだりすることなく最後まで見ることができました。ケンカのシーンはスピード感が爽快で、途中から「本当にこんなキックができるのだろうか。だとしたら強すぎるな」とみなさんの身体能力、そしてそれぞれのキャラにのめり込むことができるお芝居に感心。「THE WORST X」の続きはあるの? 今後が気になります。

 そして! 有識者の方に見てみてと言われた前作「THE WORST」。なんと、私が気になる人たちが通う鳳仙学園と鬼邪高の話だと教えてもらいました。鳳仙学園のキャラクターのことがもっと分かる? 鬼邪高との関係は!? これは見ない訳にはいきません! 早速ネトフリとHuluどちらに入るか検討をはじめています。ザワ視聴まで、もう間もなく……!

 

気になる人ができ、深堀りしたくなるかも!

ミリしらHiGH&LOW THE WORST X キャプション:気になる人や気になる高校が出てくるかも (C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX(※高は、はしごだかが正式表記) 出典:HiGH&LOW公式YouTube

 数あるハイロー作品の中で、「HiGH&LOW THE WORST X」を初めて見た正直な感想としては、映画に詳しくなくても、ケンカのシーンが苦手でも、登場人物の魅力とバトルシーンの爽快感と躍動感が気持ちよかったです。

 過去作品も見ていれば、もっとそれぞれの関係も分かったでしょうし、違う見方や深い考察もできたと思います。でも、本作品で「ハイロー」を初めて見たとしても、アクションを楽しんだり、それぞれの人物のよさを感じたり、相関関係を追いたくなったりと、さまざまな角度から興味を持つことができる映画だと思いました。何より、有識者に教えてもらった通り、出演者のその全てが美しかったんですよ……。見た目だけでなく、その心意気とか友情とか強さとか。

ミリしらHiGH&LOW THE WORST X 「瀬ノ門工業」の須嵜亮(中本悠太さん)と「鬼邪高校」の花岡楓士雄(川村壱馬さん)の強者同士の対決シーン。お互いに守るものがある (C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX(※高は、はしごだかが正式表記)

 「HiGH&LOW」(映画1作目)は、「THE WORST」の世界線とはまた違う、なんてお話も聞いているので、今回をきっかけに、深掘りしていきたいと思います。

 この原稿を書きあげるまでは、前知識を入れないようにするため、逆に「HiGH&LOW」に関する全てを見ない、調べない、知識を入れない……と公式もSNSもチェックせず、何も分からないまま、ここまで書いてきました。

 そんなわけで、この後は心置きなく、登場人物を調べたり、SNSを検索してみなさんの感想を読んだり、ネタバレありの記事を読んだりして、ハイローに関する知識を深めていきたいと思います! 何より、ザワを早く摂取せねば……。いや、もう一度映画を見るべきか……。

 ねとらぼエンタでは、川村壱馬さんと三山凌輝さんへのインタビュー記事も公開していますので、こちらもぜひチェックしてくださいね!(関連記事:川村壱馬×三山凌輝 異なるグループのアーティストが協力して作品を作るためには「蚊帳の外にいる人をゼロにしたかった」 HiGH&LOW THE WORST Xインタビュー

「HiGH&LOW THE WORST X(クロス)」

企画プロデュース:EXILE HIRO

総監督:二宮“NINO”大輔 監督:平沼紀久 アクション監督:鈴村正樹

原案・キャラクター設定:高橋ヒロシ(※「高」は、はしごだか) 脚本:増本庄一郎 渡辺啓 平沼紀久 音楽:中野雄太

企画制作:HI-AX 製作著作:『HiGH&LOW』製作委員会 配給:松竹

2022年9月9日(金)公開


 

読まれている記事

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」