子どもに「走っておいで!」→家族全員走ってきた 勘違いで生まれた家族写真が幸せすぎる(1/2 ページ)

「違う違う そうじゃ そうじゃない」とツッコみつつ、写真家もお気に入りの一枚。

» 2023年02月08日 11時45分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]

 写真の撮影中、子どもに「走っておいで!」と声を掛けたら、両親も駆け寄ってきて……。偶然撮れた心温まる家族写真がTwitterで話題となり、16万6000もの「いいね」を獲得しました。

そうじゃない家族写真 子どものいきいきとした表情と動き、両親のあたたかな表情に引き込まれます

 投稿したのは写真家のマスダヒロシ(@Masuda_H)さん。家族3人の写真撮影中、女の子だけに「走っておいで!」と言ったところ、お母さんもお父さんも自分のことだと思って反応してしまい、家族全員が走ってくる写真に。

 この状況に、「違う違う そうじゃ そうじゃない」と鈴木雅之さんのヒットソング『違う、そうじゃない』風にツッコむマスダさん。ですが、明るい神社の境内を全力で走ってくる女の子と、微笑みながらやってくる両親という、家族愛があふれる写真となりました。

 投稿への「めっちゃ良い!大好き!」というコメントに、マスダさんは「ありがとうございます 僕も好きです笑」と回答。やはり、お気に入りの一枚だったようです。

 また、「主役はよく見ると走りやすそうな履き物だな!笑」と女の子がスニーカーを履いていることへのコメントへは、「真面目なの撮ったらさっさと動ける靴に履き替えさせるのが僕のスタイルです。草履は指が傷みやすいし、スニーカーの方がおもろくなるので笑」とのこと。子どもへの負担を少なく、いきいきとした姿をとらえる撮影スタイルのようです。

 そのほか、「すごいいい写真ですね! 嬉しい、楽しいが伝わってきます。よい思い出になったんだろうなぁ」「最高の一枚!幸せが凝縮してます♪」「朝から笑顔になれました。本当に良い写真!! 皆んなが笑顔になれる!」「年齢のせいなのかな、なんかコレ見ただけで涙が飛び出た」「何が良いって、子供の目線はカメラなんだよ。でも親の目線は、子供に向いてるんだよ。なんというか、我が子を見守ってる感が、めちゃくちゃに尊い」など感動の声が多数寄せられていました。

 マスダさんはTwitterInstagramなどに写真を投稿しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」