全ての犬を助ける力がないのなら―― 特定犬種を扱うブリードレスキューの知られざる活動とメリット、“どんな状態でも助ける”決意とは(1/3 ページ)

ブリードレスキューを取材しました。

» 2023年02月03日 19時00分 公開
[Yukiねとらぼ]

 近年、動物の虐待や飼育放棄、悪質な業者による販売、不適切な飼養が社会問題となっています。個人や団体、地域が行き場をなくした動物たちを守るため、日々保護活動に取り組む一方で、動物たちが命を失う悲劇は後を絶ちません。

 環境省Webサイト「動物の愛護と適切な管理」は、2020年4月1日〜2021年3月31日に殺処分された犬・猫の全国総数が2万3764匹と発表。昨今、国内では殺処分への否定的な意見と保護への関心が高まり、殺処分数は減少傾向、保護犬・猫の譲渡数は増加傾向を見せています。微力でも地道に保護という選択を伝え続けていくことが、動物たちの命を守ることにつながるかもしれません。

 今回ねとらぼ生物部では、犬の保護活動の中でも特定の犬種を対象とした「ブリードレスキュー(単犬種レスキュー)」に注目。すでに欧米では大きく発展している活動のひとつですが、日本ではまだ一般的とは言えない中、約10年に亘ってキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(以下、キャバリアと略)の保護活動を行っている、「キャバリアレスキュー隊 東京」代表・本多歩さんを取材。ブリードレスキューの知られざる活動内容やキャバリアが手放される理由、特定犬種を扱う意外なメリットと存在意義、保護活動の実態などについて聞きました。



犬種の魅力を知ったからこそ保護活動に関心

――キャバリアレスキュー隊 東京の設立はどのような経緯だったでしょうか。

 大学生のころに実家の両親がキャバリアを2匹お迎えしました。見た目の愛らしさもさることながら穏やかで優しい性格のキャバリアの魅力に、私もすっかり虜になり、後に自らもブレンハイムの男の子「ニコラ」を迎えたのです。保護活動に関心を持ったのは、実際に一緒に暮らして犬種の魅力を知ってからのことでした。「こんなに愛らしい犬種なのに飼育放棄される子がいるなんて……!」とショックを受け「自分に何かできることはないか?」と保護活動について勉強し行動に移しました。2012年、収容期限の過ぎたキャバリアを近県の保健所から引き受け、預かりボランティアをしたのが最初です。

ネロ 預かりボランティアから始め保護を学んだ。写真は、保健所の収容期限が切れた翌日に引き受けて命をつなげた最初の預かりっ子「ネロ」くん

 2012年ごろに、SNS「mixi」を通して知り合ったキャバリアオーナー有志で収容犬の情報を集めるところから、おのおの個人で活動し始め、5人ほどの組織で活動するようになったのは1年後です。それから10年……現在は預かりスタッフ、会計、監査を含めて12名ほどになりました。他にもWebサイトを更新してくださる方、長距離専門で搬送して下さるボランティア様、全国の収容犬情報にキャバリアの情報がないかをチェックしてくださる方、地方で急な引き取りの際に一時預かりなどをしてくださる方、保護時とお見合い前にシャンプーとトリミングをしてくれる人などたくさんの人にご協力いただいています。


ニコラ 本多さんが最初に迎えたキャバリア、ニコラくん

――具体的な活動内容について教えてください。

 キャバリアの保護犬情報は、「協力団体からの情報提供」「保健所の収容犬公表」「里親募集サイト」で主に収集します。年に数件、個人の飼育放棄の相談も舞い込みます。それぞれの事情ごとに、基本は現場に引き取りに行きます。当会にはシェルターがありませんので、保護した子は預かりボランティアの家庭でお世話いただき、適切な医療措置を受け、里親が見つかるまで家庭犬として暮らします。私の家でも常に1匹は預かっている生活です。

 保護した子たちの情報は、「キャバリアレスキュー隊 東京のWebサイト」や各種SNS、ブログ「キャバリア ニコラ様 ご奉仕日記」で発信し、里親希望者からの連絡があれば、飼育条件確認・お見合い・トライアル期間を経て譲渡します。本格的に譲渡も開始した2013年から2022年の年末までに301匹の卒業犬が本当の家族に迎えられました。この他、残念ながら当会でケア中のまま看取った子が7匹います。

 年に数回、啓発活動のためのイベント参加や活動資金のためのフリーマーケットも開催しています。コロナ禍以降中止していた譲渡会も様子をみて再開できれば……と思っています。


プリロジ 預かりっ子からそのまま本多さんの家の子になったプリシラちゃん(繁殖犬を引退)とロジータちゃん(ブリーダーの多頭飼育崩壊)

あむさんとあぽ 代表の本多さんとアポロくん

――「飼育放棄する」理由はどういったものが多いのでしょうか。

 「吠える」「物を壊す」などいわゆる問題行動は少ない犬種で、運動量も大型犬ほどではないので、“手に負えなくて”飼育放棄するケースは少ないです。しかし、残念ながらキャバリアは遺伝的な心臓疾患(僧帽弁閉鎖不全症)を発症することが多く、定期的な心臓検査や、発症して進行した場合は通院・投薬などお金や時間がかかります。また、脳など“治すことが難しい”部位が病気になるケースもあり、そういった意味では知らなくて迎えた人は“手がかかる”と思われるかもしれません。

 私が最初に引き取ったのは、さまよっていたところを保護・収容されていた男の子で、重度の水頭症を患っていました。おそらく病気のせいで捨てられたのではないかと思います。手放す人もいれば、キャバリアがそういう犬種だと十分理解して引き取ってくれる人もいる……そこにブリードレスキューの最大のメリットがあります。


アポロ 最初に保護犬から我が子に迎えたアポロくんは重度の水頭症でした

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」