2年をかけて野犬を保護、初めてのおうちに戸惑うも3年後…… 先住犬と仲良く暮らすビフォーアフターに涙がにじむ

お迎えして3年たちました。

» 2023年02月20日 20時00分 公開
[神奈川はなねとらぼ]

 野犬だったワンちゃんを家族として迎え入れるまでの日々が、YouTubeで紹介されています。動画は記事執筆時点で25万回再生を突破、6500件を超える“高評価”が寄せられています。

野犬との出会い〜家族になるまで
野犬を保護 野犬だった空くん

 投稿主さんがワンちゃんの存在に気付いたのは2017年の春。遠くからこちらを見ている犬を目撃し、「どこの子?」と近づくと逃げていきました。

野犬を保護 遠くからこちらを見ているワンちゃん

 その年の秋、愛犬「コウ」くんの散歩中に突然例のワンちゃんが登場。目の前にちょこんと座り、真っすぐこちらを見てきました。投稿主さんは驚きましたがコウくんはうれしそうに駆け寄り、ワンちゃんもやさしい表情で受け入れたといいます。

野犬を保護 その年の秋、目のまえに現れてこちらをみつめてくる

 ワンちゃんの目がきれいな空色だったので「空」くんと命名。その後、空くんは時々投稿主さんの畑に現れるように。昼寝をしたり、一緒に散歩に行ったりして、距離を縮めていきます。

 畑は自宅と別の場所にあり、車で行き来していた投稿主さん。近所の人から、空くんが県道の脇で車が来る方向をじっと見ていたという話を聞き、自分たちを待っていてくれたのかな……と切なく感じたそうです。

野犬を保護 長靴をあげたら気に入ってカミカミ
野犬を保護 一緒に散歩に行くように

 このころ、町役場のサイトには野犬として空くんの情報が掲載されていたとのこと。野犬を手なずけていると役場に訴えられたこともあり、「そろそろ保護しなければ」と焦る気持ちがありました。

 一方で、頭がよくて警戒心が強い空くんは捕獲を失敗したら二度と近づいて来ないだろう……という思いも。懐いてはいるけれど警戒心を忘れない空くんに対し、できるだけ信頼関係を強くしようと考えます。

野犬を保護 懐いているけれど警戒心は忘れず

 チャンスがやってきたのは、2019年11月29日。ビニールハウスに入ってご飯を食べているときに保護しましたが、突然のことで動画を撮る余裕はなかったそうです。ドアを閉められた空くんはビニールを少し破いたものの制止すると大人しくなり、すぐに落ち着いて寝たということです。

野犬を保護 ビニールハウスに入ったところを保護

 翌日から2カ月間は保護施設で生活。家庭で一緒に暮らせるように訓練してもらい、2020年1月31日に自宅にお迎えしました。

 初めての家に連れて来られた空くんは困惑した表情。心細そうにしている空くんにコウくんが寄り添います。「空くんと一緒に暮らしたい」という願いがかない、うれしい気持ちの投稿主さん。家庭生活に慣れるための課題もありましたが、既に信頼関係はできていたので不安はなかったといいます。

野犬を保護 うちの子になりました

 たくさんの課題をクリアしてきた空くんと投稿主さん。コウくんも一緒にがんばってくれました。1月は2匹の「うちの子記念月」。3年目の今回は、ボイルスペアリブのスペシャルおやつをもらいました。コウくんはその場で立って食べる派で、空くんは離れた場所に持って行って落ち着いて食べる派。2匹の個性の違いも興味深いです。

野犬を保護 うちの子記念の特別おやつ

 空くんを保護する前、1日中一緒に過ごすことが夢だったという投稿主さん。今は朝起きてから夜寝るまで空くんが近くにいます。穏やかな表情でじゃれ合う空くんとコウくん。ずっと仲良く暮らしてね。

野犬を保護 ずっと仲良くね

 この体験を紹介してくれたのは、YouTubeチャンネル「空 と コウ 【元野犬】」のアカウント。コメント欄には「辛抱強く空さんと接して、引き取って無事ご家族にされた奥様の努力と優しさに頭が下がります」「空ちゃん、優しい人に出会えてホント良かったと思います」「出会うべくして出会った運命の絆ですね」といった声が寄せられています。

 実は同居しているコウくんも野犬の子ども。きょうだいで保護された中の1匹で、2015年にこちらの家にやってきました。お迎えして1週間は心細い顔をしていたというコウくん。今では立派な先輩です。

【元野犬】コウの生い立ち
野犬を保護 保護されたころのコウくん
野犬を保護 畑では最初から笑顔に

 2匹の様子はYouTubeの他、Instagram(@sora.kou.355)でも公開中。ドッグランを楽しんだり、近所のワンちゃんにごあいさつをしたり、元気でかわいい姿を見ることができます。

画像提供:YouTubeチャンネル「空 と コウ 【元野犬】

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」