身軽に手軽に親子で雪遊び! 都心から電車で40分の屋内施設「狭山スキー場」で汗だくになって遊んできた!(1/2 ページ)

寒いのに、汗だくで遊ぶ子どもたち。

» 2023年03月11日 18時30分 公開
[かのんねとらぼ]

 せっかくの冬、雪で遊びたい、でも遠出する時間はない……。そこで都心(池袋)から電車で40分、天候に左右されない屋内スキー場「狭山スキー場」に親子で遊びに行ってきました!

狭山スキー場 ベルーナドームの奥にある狭山スキー場
狭山スキー場 入口

 2月某日、雪と触れ合う機会のない子ども(小1男子)に雪遊びをさせたい、ということで編集部員が向かったのは「西武レクリエーション」が運営する室内スキー場「狭山スキー場」。最寄り駅はプロ野球チーム・西武ライオンズの本拠地「ベルーナドーム」のある西武狭山線「西武球場前」。

 事前にネットで調べた情報によると、開場前には入場の行列ができる、ということで会場30分前には駅に到着。事前情報通り、すでに20人ほど並んでいました。入場の列は事前に予約サイト「アソビュー」でチケットを購入している人、当日券を窓口で購入する人で分かれています。

狭山スキー場 スノーパーク入口

 わが家のように雪遊びゾーン「スノーパーク」(3歳〜小学生&保護者のみ利用可)のみの利用の場合は入場券だけでOK。スキー・スノボを楽しむ場合は別のチケットが必要となります。ウェアや道具のレンタルは入場後にレンタル窓口へ(手袋のみレンタル不可)。こちらも開場〜お昼前までは列ができていたのでご注意を。

狭山スキー場 ゲレンデ(公式Webサイトより)

 ロッカールームで着替えを終えて場内へ足を踏み入れると、スカーっと広がる縦長〜いゲレンデで早速ガンガン滑っている上級者の姿が。スキーはウン十年前に修学旅行で滑ったことしかない私……15年ほど前にスノボで骨折して以来行ってない夫……わが家も次回はぜひ家族で“初心者レッスン”を受けて、スキーかスノボをやりたいなぁと華麗なスキーヤー&スノーボーダーを見て憧れを抱きました。

狭山スキー場 息子「わぁ〜!」

 さて、雪に大興奮している息子とともにゲレンデの脇に作られたスノーパークへ。場内は人工雪なので、自然の雪よりもシャリシャリした感じ。人が何回も通った後はツルっと滑りやすくなっているので注意が必要です。服装は、子どもは動き回るのでぬれる心配もありスキーウェアがベストだと思いますが、大人は防水のパンツと“寒波が来た日の防寒の装い”くらいで大丈夫です。ただ、子どもと違って大人は動かないので長くいるとだんだん体が冷えてきます。+1枚中に着るものやストールなどを持っていくとよいと思います。

狭山スキー場 キッズスライダー
狭山スキー場 雪ダルマドーム

スノーパークには奥からソリ滑りの坂、キッズスライダー(滑り台)、かまくら型ドーム&イルミネーション、ふわふわランド、おままごとゾーン、ショーステージがあります。

 まずは待望のソリ滑りをするべく奥まで突き進みます。ソリは持ち込みもOKですが無料のレンタルのものも数多くおいてあり、私がいた時間帯(10〜15時)は無くなっているということはありませんでした。ただ昼過ぎくらいからは混んできて、ソリ滑りから離れるときもソリを持ち歩く人も多かったので、心配な人は持ち込みが良さそうです。

狭山スキー場 フー!

 アスレチックも絶叫マシンも大好き、怖いものなしの息子。途中でバランス崩して転ぼうが、壁にぶつかろうが、何回もソリ滑りにチャレンジ。はちきれんばかりの笑顔で「アハハハハ」と笑いながら滑り続けていました。開場してすぐは割と空いているため、すぐに順番が回ってきてオススメです。

狭山スキー場 息子「楽しさしかない」

 お次はキッズスライダー。空気で膨らんでいるのでトランポリンのようにはずむ滑り台で、ぴょんぴょん飛びながらお尻で滑るという器用な滑り方をしてくるわが子……と、ほかの子どもたち。階段をのぼっては滑り、のぼっては滑り、思い思いにさまざまな滑り方で降りてくる元気キッズたちはみんな楽しそう。息子も例にもれず、声をかけるまで飽きることなく滑り続けていました。

狭山スキー場 階段をのぼって
狭山スキー場 すべ……ってる?

 大きな雪ダルマのかまくら型ドームをくぐり抜けて、今度はふわふわランドへ。こちらは横長〜いふわふわのアスレチック。ネットでおおわれているため親からは中がほぼ見えなかったのですが、息子はほふく前進したり、山を飛び越えたり、棒を倒したり、何往復もして楽しんでいました。

狭山スキー場 イルミネーションの横を通過
狭山スキー場 ふわふわランド/今から入ります(汗だく)

 ステージ近くには雪遊び用の道具が置かれており、借りて使うことができます。が、昼頃にはすっかり無くなっているので、確実に道具を使いたい人は持っていくのがオススメ。息子は道具が無かったので、手袋でザリザリと雪ダルマを作ってご満悦。じっと座り込んでずっと雪遊びをしている子たちもいて、あちこちに小さな雪ダルマが出来上がっていましたよ。

狭山スキー場 雪ダルマ作成中

 場内入口近くにある飲食スぺースは座席に限りがあるので、早めの時間に席を確保して昼食。キッチンカーも出てはいるけれど、行きにコンビニでごはんを買っていたので、それをモグモグ。おなかが満たされてほっと一息ついて、すでに汗だくの息子が風邪をひかないようにしっかりと汗を拭いておきました。

 場内のステージではイベントも行われており、お昼過ぎにはステージでスキー場のキャラクターたちとの撮影会(要整理券)が。われわれが帰った後にはキャラクター(チキップダンサーズ)たちのショーもあったそうです。他にも「雪の宝探し」「雪合戦」「親子でチューブ滑り」など整理券の必要なイベントが開催されており、我が家は雪合戦に参加。

狭山スキー場 ステージにはチキップダンサーズの“ほねチキンとスキップガエル先生”

 鬼の格好をしたスタッフさん2人vs.子ども10人で子どもたちの投げた雪玉(スタッフが事前に用意)が当たれば子どもたちの勝ち。10人ずつ5回戦行われます。息子は2回戦に登場、人生初めての雪合戦にワクワクを隠せません。結局鬼が持つガード用のマットにしか当てられなかったそうですが、チームとしてはほかの子が鬼を倒して勝利! にへらっと笑った息子は勝利に満足していました。

狭山スキー場 雪合戦に参加

 その後は再びソリ滑りに挑戦し、途中コケることなく最後の壁まで進んで喜ぶ息子。うれしそうにもう1回と並ぶ息子。ニコニコの笑顔に、「連れてきてよかったなぁ〜」と私もうれしくなりました。その後「暑い!」とニットの帽子も取り去り、最後にスライダーを10回ほど滑り倒して終了。

狭山スキー場 再び滑る
狭山スキー場 滑り倒す

 息子は動き回って疲れているはずなのに、着替えの最中暗い顔で「まだ遊びたかった……」と落ち込んでいました。それほど楽しかったようです……すまん、今日はもう帰らないといけない時間なんだ……! また今度(か次年度)はスキーやスノボをしにゆっくり行けるといいなぁと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評