「今度は沖縄で怪獣と戦いたい」見た目はオトナ、中身はコドモの異色ヒーロー演じるザッカリー・リーヴァイ 「シャザム!〜神々の怒り〜」インタビュー【ネタバレ追記あり】(1/2 ページ)

ザッカリー・リーヴァイを構成する「S.H.A.Z.A.M」とは?【ネタバレ追記あり】

» 2023年03月16日 18時00分 公開
[小西菜穂ねとらぼ]

 映画「シャザム!〜神々の怒り〜」が3月17日から公開。見た目はオトナ、中身はコドモという異色のヒーローを前作に続き「CHUCK/チャック」「塔の上のラプンツェル」のザッカリー・リーヴァイが演じています。

 第1作「シャザム!」は、スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンらと世界感を同じくするDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)の7作目として2019年に公開。偶然からヒーローに選ばれてしまった少年ビリーが、強大な力に振り回されながら強敵へ立ち向かうコミカルなストーリーは、比較的シリアスなトーンが多かったこれまでのDCEU作品とは一線を画し、公開から早々に続編が決定するヒット作に。

 ねとらぼでは、主演のザッカリーにリモートでインタビュー。劇中さながらユーモアたっぷりに作品への愛情や、撮影の舞台裏を語ってくれました。

「シャザム!〜神々の怒り〜」ザッカリー・リーヴァイ ザッカリー・リーヴァイ(Photo by Eric Charbonneau)

「おばかで謙虚、そして魅力的」 異色ヒーロー演じるザッカリー・リーヴァイの自己分析

「シャザム!〜神々の怒り〜」メインビジュアル 「シャザム!〜神々の怒り〜」

―― シャザム(SHAZAM)の名前は、「ソロモンの知恵(S)、ヘラクレスの剛力(H)、アトラスのスタミナ(A)、ゼウスの万能(Z)、アキレスの勇気(A)、マーキュリーの神速(M)」と、6つの神のイニシャルと能力に基づいています。これにちなんで、ザッカリーさんを構成する要素を「SHAZAM」の文字で表してください。

ザッカリー・リーヴァイ(以下、ZL) SはSillySilly Goose(どちらもおばかさん、ばかばかしい、アホ、まぬけといった意味)。Hは当然Handsome(ハンサム)……あ、いや、Humble(謙虚)で! 謙虚でお願いします。そこで一歩引いておけば、次はAttractive(イケてる/魅力的)って言えるでしょ? うん、今のはスムーズにいったな。

 で、Z……どうしよう。Zから始まる単語、あまり知らないかも! えーと、じゃあZesty(スパイスがピリッと効く感じ)にしよう。ちょっぴりスパイシーだけどそこまで強烈じゃない。うん、このゲーム、楽しい! 2個目のAは……そうだ、Artistic(アーティスティック)!

 それからMは……Mはなんだろう……Magnanimous(寛大、心が広い、寛大)にしておこうかな。意味を100%理解している単語じゃないけど、だいたい見当がつくから。絶対自画自賛ワードだよね? これにしておくよ。

―― 続編撮影にあたりデイビッド・F・サンドバーグ監督とはどんな話をされましたか? 2019年に続くタッグの感想をお聞かせください。

ZL デイビッドと僕は1作目の撮影を通じて、あうんの呼吸を身に付けたんだ。僕はデイビッドの演出を学び、デイビッドは監督として僕をすごく自由にしてくれた。遊べる“余白”がたっぷりある中でキャラを構築し、アドリブを楽しめる余裕があった。脚本もとても良かったしね。今回もその流れは変わらず、お互いに相手が好む仕事のスタイルを分かっていた。

 この映画には、デイビッドらしさが思い切り反映されている。監督をはじめ、すばらしい撮影監督のギュラ(・パドス)を含めたスタッフ陣、絵コンテが本当に見事でとてもシネマティックな作品になった。全てのフレームがデイビッド的に構築され、監督が持つ芸術性がたくさん息づいている。

―― 敵の数も1人から3人に、ヒーローも1人から6人に増えてパワーアップ。アメコミ原作映画にはつきものですが、舞台となったフィラデルフィアの街と市民が大変なことになっています。撮影ではどんなことが大変でしたか?

ZL 大きな爆発やスタントがあっても、ストレスや安全性への不安を感じたことはないんだ。スタントチームもすばらしかったし、めちゃくちゃイケてる派手なスタントだって安心して挑める。

 一番大変だったのは、空を飛ぶシーンとそのためのハーネスワーク。ワイヤー用にハーネスを装着しなければいけないんだけど、これが本当に……ご想像通り、下半身のあたりがとてもきつくて(笑)。着け心地がかなり悪い。それが一番大変だったね。でもそれ以外は本当に楽しかった。走り回ったりドラゴンが迫ってくるようなふりをしたり、想像が現実になるわけだから楽しくないわけがない。

「シャザム!〜神々の怒り〜」 6人になったヒーローチーム

ヒーローとヴィラン、どちらも自分が正しいと思っている 両者を分けるものとは

―― 今回の敵は女神三姉妹で、長女のヘスペラ役をヘレン・ミレン、次女のカリプソ役をルーシー・リュー、末っ子のアンテア役をレイチェル・ゼグラーが演じています。彼女たちは世界征服をたくらむようなステレオタイプのヴィランとして描かれておらず、むしろ描き方によってはビリー/シャザムが悪役と取れるシーンもみられました。演じる上でどうアプローチすべきか気を付けたポイントはありますか?

ZL その通り。「誰もが自分の物語のヒーローだ」という哲学的な言葉がある通り、いろいろな物語や映画のヴィランもきっと「自分こそがヒーローだ」と思っているはず。それぞれ自分が正しいことをやっていると信じている。

 でも今回の場合、明らかに彼女たちのしていることは良いことじゃないよね。だって、自分たちが正しいと思うことのために、罪のない人たちをたくさん殺すこともいとわないんだから。それが彼らとビリーや子どもたち、シャザミリー(=シャザムファミリー)との最大の違い。

 特にビリーはファミリーにとって、いつも正しい方角を指すコンパスのような存在。彼の心は誠実で、闇落ちすることなど決して許さない。人の命を救おうとするし、できるだけ戦闘はさけて女神たちを傷つけずにしようと努力する。そういう心を持っているからビリーは主人公なんだ。

「シャザム!〜神々の怒り〜」 できれば話し合いで解決したいビリー/シャザムだけど……

 正しさに根差した心を持ち、常に正しい行動をしたいと考えている。女神たちは自分たちのしていることは間違っていないと確信しているけど、僕ら観客の視点からは、犠牲を出さずに力を取り戻せるんじゃないかと疑念が生じる。彼らのそういう側面が、彼らを主人公に敵対するキャラ、“ヴィラン”にしているんだと思う。

―― キャスト本人の印象はいかがでしょうか? ヘレン、ルーシー、レイチェルそれぞれの魅力をお聞かせください。

ZL  3人とも役者としても、人間としてもすばらしい人たちだ。ヘレンは何といってもデイム・ヘレン・ミレン(デイムはナイトに相当する叙勲を受けた女性への敬称)だからね。アイコニックで、トーンの決め手となったのはやはり彼女。役者としても傑出していて、同時に現場へ威厳や優雅さ、そしてそれ故の穏やかさをもたらしてくれる。素顔はとてもすてきで優しいのに“バッドアス”になる方法も知っていて、僕とお互いをコンクリートにたたきつけ合うような大乱闘シーンも一緒にこなしてくれた。本当にすごい人だよ。

 ルーシーは「チャーリーズ・エンジェル」から「キル・ビル」まで、これまで何度もバッドアスな役柄を演じているよね。「ああ、この人の邪魔はしちゃいけない」と思わせる、そんな雰囲気を持っている。下手なことをしたらボコボコにされそう、そんな強さをカリプソでも発揮してくれた。

「シャザム!〜神々の怒り〜」 ヘレン・ミレン演じるヘスペラ(左)と、ルーシー・リュー演じるカリプソ

 レイチェルは2人に比べればキャリアは浅いけど、すでにスーパースターになりつつある新たなすばらしい才能だ。歌えて演技もできて、全部を兼ね備えている。今回は三姉妹のうちで最も優しい末っ子役として、強烈な姉2人に比べて柔らかさや共感力を出しつつバランスを取っている。

「シャザム!〜神々の怒り〜」 姉たちとは少しスタンスが違うレイチェル・ゼグラー演じるアンテア

 3人が望むものは少しずつ違う。一方でビリーたちが望むものは一致していて、ただ生き残り一緒にいたいだけ。この違いが両者の運命を分けることになるんだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  4. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  5. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評