AI人形ホラー「M3GAN/ミーガン」レビュー ChatGPTが話題の今だからこその絵空事ではない恐怖(1/3 ページ)

「クレしん ヘンダーランド」を連想した理由がある

» 2023年06月11日 20時30分 公開
[ヒナタカねとらぼ]

 奇妙なダンスがSNSで話題を集め、全米どころか全世界で大ヒットを記録したホラー映画「M3GAN/ミーガン」は、結論から言えば、ものすごく面白い! 「AI人形のお友達が怖い」というキャッチーなコンセプト通りの作風を期待すると期待以上のものが出てくる、エンタメ性抜群かつ万人向けの秀逸なホラーだった。

AI人形ホラー「ミーガン」レビュー ChatGPTが話題の今だからこその絵空事ではない恐怖 「M3GAN/ミーガン」 2023年6月9日(金)全国公開 (C) 2023 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved. 配給:東宝東和

 

 ゾッとするバイオレンスな場面はあれど、PG12指定止まりで直接的な残酷描写は比較的ひかえめなので、映画館でアトラクション的に怖い映画を見たい、中学生ごろの若い方にも存分におすすめできる。後述する理由で、子どもを持つ親御さんにも観てほしい理由もある。

 そして、自動生成イラストやChatGPTが話題の今、本作で描かれていることは決して絵空事ではない。「AIへの依存」の恐怖を描いた作品としても秀逸だったのだ。ネタバレにならない範囲で、さらなる魅力を記していこう。

映画「M3GAN/ミーガン」本予告

お友達人形のはずが、“排除”をも厭わない存在に……

 あらすじはこうだ。おもちゃメーカーの研究者のジェマは、交通事故で両親を亡くしてしまった9歳のめいのケイディを引き取ることになる。だが、ジェマは仕事が忙しいだけでなく、ケイディへの良い接し方が分からずにいたため、研究段階のAI搭載の人形ミーガンを、実験を兼ねて彼女に与える。ミーガンはケイディの遊び相手になるばかりか、まっとうなしつけもしてくれる、ありがたい存在に思えたのだが……。

AI人形ホラー「ミーガン」レビュー ChatGPTが話題の今だからこその絵空事ではない恐怖 (C) 2023 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

 AI人形が恐怖の対象になるホラーとして、2019年公開のリメイク版「チャイルド・プレイ」もあるが、ミーガンはそちらよりもさらに高性能。ただ会話の受け答えをするだけでなく、良くない行動をたしなめたりすることもできるため、ドラえもんよろしく、子守用ロボットを超えた大切な存在になっていく。

映画「M3GAN/ミーガン」本編映像【史上最高のお友達AI人形編】

 とはいえ、本作はホラーなので、穏当なお話の流れになるわけがない。「あらゆる出来事からケイディを守るようプログラムされた」ミーガンは、徐々に“暴走”の片りんを見せていき、やがてケイディ以外の対象に対して「バレない範囲での“排除”」を試みようとするのだ。なお、ロボット三原則は基本的にガン無視である。

映画「M3GAN/ミーガン」本編映像【暴走の片鱗を見せるミーガン編】

「悪の教典」「クレしん ヘンダーランド」を連想した理由

 目的をプログラミングされただけのAIは、人間であれば当然抱く、真っとうな倫理観が欠如している。そんなミーガンの行動原理は、小説・映画「悪の教典」に登場する、「目的のためなら殺人どころか、最終的に生徒を皆殺しにしても構わない」最悪のサイコパスの殺人教師を連想させるところもあった。

 もうひとつ連想したのは、今Twiiterで「待ちなさーい!」が流行っている、「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」だ。同作では「みんなのトラウマ」として語られることが多い、ス・ノーマン・パーという雪だるまのようなキャラが登場し、しんのすけがその恐ろしさを必死に訴えようとしても、みさえとひろしが彼のことを心から受け入れていく様がめちゃくちゃ怖かった。

 ミーガンは、逆に子どもに取り入り、次第に保護者に対し排他的になっていくのだが、やはり「人の心をつかむ魅力がある」「懐柔がうまい」ス・ノーマン・パーと同様の怖さがあるのだ。

映画「M3GAN/ミーガン」本編映像【ジェマVSミーガン編】

秀逸な子育てのメタファーと、AIへの依存

 本作は子どもへの教育のメタファーに満ちた物語としても、AIが身近な存在になった今だからこそのホラーとしても面白い。劇中では9歳の少女ケイディにとって、ミーガンはなんでも話し合える、いちばん大切なお友達ともいえる存在になっていく。保護者であるジェマからすると子育ては楽にはなるのだが、それは裏を返せば「AIへの依存」にもなっているのだ。

AI人形ホラー「ミーガン」レビュー ChatGPTが話題の今だからこその絵空事ではない恐怖 (C) 2023 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

 そのケイディはミーガンと出会う前、両親が事故死したその時も、車の中でタブレットで操作するおもちゃに夢中だった。現実の世界でも、子どもはAIが関わっているアプリやゲームで遊んでいるし、YouTubeでもAIが選定したおすすめ動画を見ている。劇中でケイディがAIのミーガンに依存していく過程は、こうした現実の延長線上に確実にあるものだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」