大人気の「ミスドミュージアム」に行ってきた! 好き勝手トッピングできるコーナーなど魅力が盛りだくさん(1/3 ページ)

行くと確実にドーナツが食べたくなります。

» 2023年06月22日 10時00分 公開
[しげるねとらぼ]

 SNSで定期的に話題になる、ドーナツチェーン店「ミスタードーナツ」の歴史やおいしさの秘密を紹介する「ミスドミュージアム」。大阪・吹田市の「ダスキンミュージアム」内にあり、土日祝日のみならず平日でも多くの来館者で賑わっています。一部の体験は有料ですが、入館料はなんと無料……!

ダスキンミュージアムの建物。ミスドの看板も出ています

 ミスドファンとしては「どう考えても行きたい……!」ということで、ミスドミュージアムのある江坂駅にやってきました。江坂はミスタードーナツを運営するダスキンの創業の地です。ちなみにダスキンミュージアムの横はダスキンの研修施設になっており、本社は同じ江坂の別の場所に建っているそうです。江坂はダスキンのホームタウンなんですね。

というわけで江坂までやってきました
エントランスがあります
建物の中に入るといきなり何か面白そうな感じのスペースがありますが、ここについては後述します

アメリカにはミスドがほぼない!?

 ダスキンの広報さんに案内されつつ、早速ミュージアムの中へ。ダスキンミュージアムの内部は1階がミスドミュージアム、2階がダスキンの事業や掃除そのものについて知ることができる「おそうじ舘」という施設になっています。やっぱ、まずはドーナツが気になるでしょということで、ミスドミュージアムへGO!

館内は2階建て。ミスドミュージアムは1階にあります
ミュージアムの入り口ではダス犬とポン・デ・ライオンがお出迎えだ!

 ミュージアム内に入ると、いきなり「ミスタードーナツ魂」という文字とともに、2体の銅像が。これはアメリカでのミスド創業者であるウィノカー夫妻の銅像です。ダスキン創始者の鈴木清一氏が渡米した際に出会ったミスドのおいしさに感動し、「ミスタードーナツ・オブ・アメリカ」との事業提携を決断したことから、日本でのミスドのフランチャイズ展開が始まったそうです。

いきなりミスド魂の象徴が登場
ミスドの創始者がこのウィノカー夫妻なんですね

 ちなみに、このウィノカー氏は現在アメリカで最大のドーナツショップチェーンであるダンキンドーナツの運営に携わった後、独立してミスドを創業。しかし、その後紆余曲折を経て、ダンキンドーナツもミスドも同じ会社に買収されてしまい、現在はほとんどの店舗がダンキンドーナツに改装してしまったため、アメリカにはミスドがほぼ残っていません。一方、日本では国内最大規模のドーナツショップチェーンとして現在でも営業しているわけで、世の中何がどう転ぶか分からないものですね……。

ウィノカー氏のスピリッツはダスキンに受け継がれているのだ……!

懐かしすぎるミスドのオリジナルグッズが大量に

 ウィノカー夫妻の銅像を過ぎると、次は「ミスタードーナツヒストリー」のコーナー。ここでは1971年の営業開始以来展開されてきたさまざまな商品、店舗デザインの移り変わり、大量のオリジナルグッズが年代順に展示されています。ミスド、創業当初からけっこうオリジナルグッズを作ってたんだな……。

 それらグッズの内容もジェームズ・ディーンやマリリン・モンローのハンガー、ポール・アンカのレコードなどで、当時のミスドの売りが「アメリカっぽさ」にあったことがよく分かります。

ここから先は年代ごとのメニューや数々のミスドグッズを展示。この辺りは創業初期のものです
こちらの壁面には現在に近いアイテムを展示
1970年代のミスド、かなりアメリカンな雰囲気を推してたんですね
1980年代のコーナー
「いいことあるぞ〜」のCMが始まったのもこのころだったんですねえ
江口寿史コラボのグッズ、もうなんか逆に今のトレンドとマッチしとるな

 1987年生まれの自分にとって強烈に懐かしいのが、1990年代前後のオリジナルグッズやドーナツの箱。特にイラストレーターのペーター佐藤さんデザインの箱! 子どものころに親が買ってきてくれたときのミスドの箱がまさにこれで、勝手に実家の居間の空気感まで思い出しました。

 イラストレーターの原田治さんデザインのグッズ類も強烈に懐かしい。同年代と行けば絶対に盛り上がるし、歳の離れた人と行くとジェネレーションギャップでグニャグニャにされそうなコーナーです。

ギャーッ! ペーター佐藤箱! 懐かしすぎる!!
このあたりの原田さんデザインのグッズ、実家にある人も多いのでは……
そうか〜、1990年代に入ると飲茶が始まるのか〜
あったな〜、ピングーのグッズ……
ポン・デ・リング発売が2003年……ということは発売から20年経ってんの!? もう!?
このあたりになってくると、最近すぎて逆にあんまりピンとこない。おっさん臭くてイヤですね……
ポン・デ・ライオンと仲間たちのオモチャも集結。全部欲しい
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」