「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」レビュー 映画史上ナンバーワンの「密度」と「飢餓感」(1/3 ページ)

「万全の態勢で見てほしい」作品。

» 2023年06月17日 18時30分 公開
[ヒナタカねとらぼ]

 6月16日よりアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」が公開されている。まず、見る前に知っていただきたいこととして、4つの注意点を挙げておきたい。

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」レビュー 映画史上ナンバーワンの「密度」と「飢餓感」 「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」 6月16日(金)全国の映画館で公開 (C)2023 CTMG. (C) & TM 2023 MARVEL. All Rights Reserved.

【4つの注意点】

  • 「スパイダーマン:スパイダーバース」の明確な続編なので、そちらを先に見ておくことを強くおすすめする
  • すさまじいアニメの表現が超高密度でぶっ続くので、体調をなるべくよくして見たほうがいい
  • 上映時間が2時間20分とアニメ映画としてはかなりの長尺なので、鑑賞直前のトイレは必須
  • ネタバレ注意案件なので、ネタバレを踏む前に早めに見に行った方がいい

 これほどまでに、「万全の態勢で見てほしい」作品なのだ。

 事実、筆者は脳が処理できる情報のキャパシティーをはるかに超えていたためか、本作を見た直後にものすごい疲労に襲われ、その数時間後に泥のように眠った。本作は同じ日に「ザ・フラッシュ」も公開され、アメコミヒーロー映画同士の真っ向からの対決となっているが、それぞれ別の日に見たほうが良いかもしれない。

 「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は海外ではすでに大ヒットを記録しており、全米では公開からわずか3日間で1億2000万ドルと、前作「スパイダーマン:スパイダーバース」の3倍以上のオープニング興行収入を記録。観客からの評価もおそろしく高く、米批評サービスのIMDbでは10点満点中9.0点、Rotten Tomatoesでは批評家支持率96%・オーディエンス支持率95%を記録。アニメ映画という枠組みどころか、全ての映画の中でトップクラスのスコアにまで到達している。

 日本のSNSでの公式ハッシュタグが「#今年一番スゴいアニメの話をしよう」というのは、さすがに「感想をそんな風に統一させようとしないでよ!」「2023年はこれからも注目のアニメ映画が続々と公開されるからまだわからないだろ!」と文句も言いたくなったが、本編を見ればなるほど、そこまでのハッシュタグをつける自信のほども納得できるものだった。

 なお、スパイダーマンに詳しいとより楽しめる小ネタも仕込まれているが、知らなくても物語は問題なく楽しめるので、その点は安心してほしい。最低限の予習は「スパイダーマン:スパイダーバース」だけでOKだと、あらためて告げておく。大きなネタバレにならない範囲で、さらなる魅力を記していこう。

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」ファイナル予告

キャラクターを“深掘り”する続編に

 あらすじはこうだ。スパイダーマンとして悪党と戦う毎日を送っていたマイルス・モラレスは、15歳になり人生の進路に向き合う時期を迎え、両親との関係にも悩んでいた。ある日、彼はかつて一緒に戦ったグウェン・ステイシーに導かれ、あらゆるユニバースから集結したスパイダーマンたちと出会うのだが……。

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」レビュー 映画史上ナンバーワンの「密度」と「飢餓感」 (C)2023 CTMG. (C) & TM 2023 MARVEL. All Rights Reserved.

 本作はキャラクターを“深掘り”する、それだけを取り出せばスタンダードな続編ともいえる。まるで主役が交代したかのように、グウェンの暗い過去、はたまた彼女の現在進行形の危機的状況が明確に描かれ、それは前作から少し大人になったマイルスがぶつかる問題とも一時的にシンクロする。2人の悩みは現実の少年少女にとっても普遍的なものであると同時に、スパイダーマンの作品群でおなじみの「大いなる力には大いなる責任が伴う」「自らの運命に向き合う」様も描かれている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. /nl/articles/2406/14/news035.jpg 2歳弟、大好きな姉とハグをするはずが…… 胸がギュッとなる数秒後→まさかの展開に「かわいいー!」「男の子って面白い」
  3. /nl/articles/2406/13/news190.jpg 「全員死ねばいいのに」人気グラドル、局部写真送るファンにうんざり 被害明かす→被害拡大で「俺が死ぬわ」
  4. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  5. /nl/articles/2406/14/news106.jpg 「マジだ! すげー!」 Google Chromeロゴに隠された“まさかの事実”に驚きの声 「今年いちばん驚いたかも」
  6. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  7. /nl/articles/2406/11/news173.jpg 2年かけて金箔やメッキを集める→完成した“1本の延べ棒”が1466万表示 夢あるビフォーアフターに「ロマンある―!」「継続は力なり」
  8. /nl/articles/2406/14/news028.jpg 「もう付き合っちゃえよ!」と言いたくなるオオタカとトビが話題 集会中のレアな姿に「既に付き合ってるな!」「面白すぎ」
  9. /nl/articles/2406/13/news018.jpg 40歳女性「顔周りに多い白髪、昔は“よりによって……”と落ち込んだけど今では……」 白髪を楽しむグレイヘアに「めっちゃ素敵!」「勇気出た」
  10. /nl/articles/2406/14/news120.jpg 「虎に翼」、まさかの人物が全てをかっさらう Xトレンドで「目力強すぎて圧倒」「“直明役の子かっこいいなあ”と思ったら」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」