「シンカンセンスゴイカタイアイス」に込められたカタイ意志 「最高級のアイスクリーム」目指した創業者のこだわり(1/2 ページ)

当時と変わらない味を今も守り続けているそうです。

» 2023年06月16日 13時00分 公開
[春山優花里ねとらぼ]

 すぐに食べられないほど固すぎることから「シンカンセンスゴイカタイアイス」という愛称で知られているスジャータ アイスクリーム。

 車内販売で提供される商品ラインアップの中で、圧倒的な支持を得ているロングセラー商品はどうして作られたのか。商品開発に挑んだ経緯を、製造元のスジャータめいらくグループに取材しました。

スジャータ プレミアムアイスクリーム シンカンセンスゴイカタイアイス 定番のスジャータ「アイスクリーム バニラ」

商品開発の指揮を取ったのは創業者

 スジャータ アイスクリームが発売されたのは1991年ごろ。具体的な販売開始日については、スジャータめいらくグループも把握できていないとのことでしたが、東海道新幹線で運行していた「こだま」か「ひかり」で販売がスタートしたそうです。

 当時から新幹線の車内ではスタッフが「商品をワゴンに乗せて売り歩く」というスタイルが主流でした。保管スペースから商品をワゴンに移し、車内を巡回して飲み物やお弁当などを売り歩くのは想像以上に時間がかかるため、冷凍商品であるアイスクリームを提供するには工夫が必要でした。

スジャータ プレミアムアイスクリーム シンカンセンスゴイカタイアイス 今では公式が採用するほど定着した「シンカンセンスゴイカタイアイス」という愛称(画像はジェイアール東海パッセンジャーズより)

 そこでスジャータは車内販売で売り歩く間に溶けてしまわないように、一般的なアイスクリームよりもオーバーラン(空気含有量)を少なくしています。これによってアイスは溶けにくいかためになり、これが高級感のある濃厚な味わいにもつながっているといいます。

 JR各社ではアイスを保管する温度の管理を徹底しており、提供直前までドライアイスを使ってキンキンに冷やされています。そうした両社の企業努力によって「いつでもおいしいアイスクリームが味わえる」というサービスを届けてきました。

 そんなアイスクリームは、どういう経緯があって作られたのでしょうか。

 商品開発のきっかけは、新幹線の車内販売で「特別な商品」として、「厳選素材をふんだんに使った、最高級バニラアイスクリーム」を売り出すと、スジャータめいらくグループの創業者である日比孝吉社長(当時)が発起したこと。商品開発は社長自ら指揮を取ったそうで、肝入りの企画となったことは言うまでもないでしょう。

 定番のバニラ味のパッケージを見ると、そこには「北海道産生クリーム使用」と書かれ、原材料には砂糖や卵黄などが記されています。これらの原料や製造方法について聞いてみると、驚くことに「原料、製法共にほぼ変わっていない」そうです。

 試行錯誤の繰り返しの末に社長が自信を持って世に送り出した味は、現在もしっかりと受け継がれているそうです。

発売当時から現在までの製品ラインアップの変化

 アイスクリームの王道ともいえるバニラ味などの定番ラインアップは「当時から変わらない味」を守り続けているわけですが、近年はさまざまなフレーバーの開発にも挑戦しています。

スジャータ プレミアムアイスクリーム シンカンセンスゴイカタイアイス 2017年に北陸新幹線の車内限定で販売された「加賀さつまいも」

 自社のロングセラー商品である「スジャータ コーンクリームポタージュ」を製造する技術を活用して、2010年に発売した「スジャータ コーンポタージュアイス」や、東北新幹線開通に合わせて開発した「スジャータ りんごアイス」、「紅ほっぺ(静岡県産)」を使用した「スジャータ アイスいちご 静岡県産紅ほっぺ」といった地域の特産品とコラボした限定商品は好評を得ており、新作が出る度にファンの間で大きな話題となっています。

 「新たな味に挑戦する」ことに対しても創業者から受け継いだ「原料に対するこだわり」を大切にしているそうです。

 ちなみに「シンカンセンスゴイカタイアイス」と呼ばれ、「固さ」が話題になることについては、「販売直前までドライアイスで冷やすほど徹底していただいている品質管理と、濃厚な味わいを極めたことが『固さ』につながっていて、固さの話題と共に味も評価してくださることが多く、大変うれしく感じております」とのことでした。

春山優花里

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news023.jpg 帰省が終わった18歳兄、1歳妹にお別れを言うと…… 妹のけなげな姿に「こっちまで寂しくなります」「また会えるよ」
  2. /nl/articles/2406/19/news029.jpg こんなの売ってるのか! 官公庁オークションで2万円で出品された“まさかの商品”に思わず二度見
  3. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
  4. /nl/articles/2406/19/news027.jpg 産後、夫と貴重な“焼肉デート”に向かう車内でケンカ→ションボリしつつ網を見ると…… 笑って泣ける光景に「素敵」「こんなのずるいw」
  5. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  6. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  7. /nl/articles/2406/19/news018.jpg 小1次男の初登校日、4年長男から“秘伝の技”を指導され…… 受け継がれていく伝統に「今日も笑いをありがとうw」「お兄ちゃんかっけー」
  8. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  9. /nl/articles/2406/19/news060.jpg 「お前……そんな潜り方だったんか」 マテガイの想定外の動きに驚き「そう来るのか」「少しこわい」
  10. /nl/articles/2406/19/news140.jpg 余命宣告から2カ月……「BreakingDown」メインレフェリー、末期がんで逝去に朝倉海ら心痛 最期まで闘病の姿に「奇跡信じていました」「遺された家族の心を救った」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」