子どもがお祭りですくってきたメダカを飼うため…… 泥沼状態の池を再生する父に「ものすごい努力の結晶」と称賛の声

家にこんな池があったらうれしくなっちゃう。

» 2023年08月20日 06時00分 公開
[三日月影狼ねとらぼ]

 YouTubeチャンネル「小さな村で暮らす」に泥沼だった池を再生し、魚が泳げる状態にするまでの奮闘記が投稿されました。泥と落ち葉だらけだった池が再生していく様子がすがすがしいこちらの動画は、記事執筆時点で10万回以上再生されています。

サムネイル 池再生計画始動です!!

 投稿主さんは東京生まれ東京育ちの夫妻と2人の子ども、移住先で生まれた子どもの5人家族。自給自足的な生活を目指し、東京から日本で2番目に人口が少ないとされる、人口360人の村に移住してきたのだそうです。

 そんな投稿主さん一家が暮らす村では、2023年7月中旬に保育園で夏祭りが開催されたとのこと。そこで子どもたちがメダカをすくってきたため、投稿主さんは古民家にある池を再生してメダカを泳がせることにしました。

メダカ 子どもたちがメダカをすくってきました
池を再生させます メダカを飼うために池を再生させます

 池の再生は、まず周辺環境を整備することからスタート。パパ友と一緒に池の横にあった木の電柱を引き抜き、周辺にある木を剪定(せんてい)していきます。ついでに離れの屋根に覆いかぶさる木も剪定(せんてい)し、使わない電線も撤去して……黙々と作業した結果、木で覆われていた池の周りは見違えるほどキレイになったのでした。

電柱を素手で 電柱を引っこ抜くパパ友、パワフルです
次は剪定(せんてい) 次は池の周りの木を剪定(せんてい)します

 周辺の環境が整った後、ついに池本体のお掃除に入ることに。まずは積もりに積もった落ち葉と泥を外に出していきます。たっぷりと水分を含んだ落ち葉と泥はいずれ畑になるところへ運び出していきますが、その作業は見るからに重労働です。

池に入ります いよいよ池本体の作業に入ります
泥をスコップですくう 重そう……!!

 頑張って作業を続けた結果、泥沼状態で地面と半分同化していた池は無事に本来の姿を取り戻しました。詰まっていた排水口も掃除すると十数年ぶりに水が流れましたが、排水口のセメントは劣化してボロボロになっていました。そのためセメントで固めなおし、翌日セメントが固まったら水を入れることになったのでした。

排水口のつまりを 排水口のつまりを除去します
キレイになりました とってもキレイになりました!

 翌朝投稿主さんが池に行くと、なぜかすでに水が張った状態になっていました。最初はホースが暴れて水が入ったのかな? と思った投稿主さんでしたが、どうやらパパ友が早朝に来て水を入れてくれていたようです。

 池にはすでにパパ友宅の金魚が泳いでいたため、「大きく育ってくれますように」と願いを込めながら、子どもたちがすくってきたメダカを池に放った投稿主さんなのでした。

水を入れてくれていた パパ友が水を入れてくれていました
元気に育ってね すてきなビフォーアフターでした◎

 こちらの動画には「池復活おめでとうございます、お子様達も喜びますね」「池ができるとほっとする場所ができた感じですね」「主様はもちろん、パパ友さんいての移住動画ですね」といった、たくさんの前向きな応援のコメントが寄せられています。

 投稿主さんはYouTubeチャンネル「小さな村で暮らす」とInstagram(@ live_in_a_small_village)に、古民家や周辺を再生しつつ自給自足生活を目指す日々の様子を投稿しています。

古民家ルームツアー
鉄くずを売ってみると……?
劇的なビフォーアフター

画像提供:YouTubeチャンネル「小さな村で暮らす

三日月 影狼

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」