ニュース
» 2023年09月12日 20時00分 公開

ホロライブの新グループ「ReGLOSS」が初配信をするも“カオス”だと話題 「伝説の始まり」「さっそく1年後が楽しみ」(2/3 ページ)

[石関隆景ねとらぼ]

 初っぱなからクセつよだった3人の配信ですが、翌日の10日に初配信をした2人も負けず劣らずオリジナリティーがあふれていました。というより、あふれすぎて何が何だか分からないくらいでした。

儒烏風亭らでん:初配信って、何だっけ……(哲学)

儒烏風亭らでんさんの初配信

 初配信のサムネイルで1人だけ能面をかぶっているとして、その異様さから注目が集まっていた儒烏風亭らでんさんですが(関連記事)、OP画面では意外にもあっさりと能面を外し、端正な顔立ちを見せていました。「今日のひとこと」に「初配信のコツは好感度を上げすぎないこと」とやけに芯を食った言葉があるのは気になりますが、一見普通の初配信が始まりそうな予感がします。

【2023年9月13日訂正】本文で「配信のコツは好感度を上げすぎないこと」となっていましたが、「初配信のコツは好感度を上げすぎないこと」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

 配信本編は、らでんさんお得意の「落語」からスタート。軽快な語り口で、創作落語を披露し見事なオチをつけます。落語も終わり、いよいよ自己紹介が始まるかと思いきや、画面はまた待機画面に。「あれ、待機画面……あっ……」と気付くも、らでんさんはそのまま話を続けます。おっと……?

 それからわざとらしく前日の3人の配信画面について触れるなどすると、らでんさんはいよいよ配信画面へ。そこに写っていたのは、真っ白な空間の真ん中にポツンと浮かぶ、小さならでんさんの姿だけでした。やっぱり、普通に始まるわけなかった。

ホロライブ DE_VIS ReGLOSS 初配信 ちっちゃくて顔が見えない(画像は初配信から)

 しかも、らでんさんはこの状態のまま、なんと約15分も配信を続行。配信開始からおよそ22分がたったころになると、ようやく顔が見えるほどの距離に近づきますが、顔は見えません。なぜなら、ずっと、能面をしているからです。初配信って、何だっけ……(遠い目)。

ホロライブ DE_VIS ReGLOSS 初配信 大きくても顔が見えない……(画像は初配信から)

 結局、らでんさんは最後の最後まで能面を外さず、そればかりか自己紹介を最後の1分で走り抜け、初配信を終えました。コメント欄には「10年は、この初配信を忘れない」「天才かな?」「伝説の始まり」など圧倒されたという声が多く寄せられ、反響を呼んでいます。

轟はじめ:「これぽいしゃ、はじめのぽいしゃ」

轟はじめさんの初配信

 インパクト抜群の4人の配信が終わり、ReGLOSS初配信のアンカーを務めたのは、“番長”こと轟はじめさんです。はじめさんのOP画面は、シティポップを思わせるようなパステルカラーのアニメ。オシャレだ。

 キーンコーンカーンコーンと学校のチャイムが鳴り本編が始まると、後ろの黒板に「轟はじめ」と書き、はじめさんは威勢よく口上を読み上げます。しかし、そこから飛び出してきたのは“番長”という肩書からは想像できない、子どもっぽい声と舌っ足らずな滑舌。思わぬギャップに、チャット欄では「これは予想外」「声めっちゃかわいい」「赤たん……?」など驚きの声が殺到しました。

ホロライブ DE_VIS ReGLOSS 初配信 口上を読み上げるはじめさん(画像は初配信から)

 そんなはじめさんは、基本のプロフィールなどの紹介を終えると、「次ははじめがどんな生活をしているかをお見せいたします」といって、まさかの“実写”コーディネートを披露。マネキンの頭部に設置されたタブレット端末には奏さんの顔が写っているのですが、そのアンバランスな見た目にはどこかディストピア味も感じます。

ホロライブ DE_VIS ReGLOSS 初配信 漂うディストピア感(画像は初配信から)

 一方で、“番長”らしい礼儀正しさや気遣いにひかれる人も。配信後のコメント欄には、「周りに気配りが出来る律儀で優しい番長さんなのは良く分かりました」「マジでありえんくらいかわいい……」など称賛の声が多く寄せられました。

 


 

 こうして初配信を終えたReGLOSSは、その後、5人では初となるコラボ配信も実施。終盤には1stオリジナルソング「瞬間ハートビート」のMVの再生回数が100万回を超えたことを記念して、2ndシングルの制作決定が発表されるというサプライズもあり、盛り上がりを見せました。

ReGLOSSの1stオリジナルソング「瞬間ハートビート」

 それぞれがインパクト抜群の個性を発揮した初配信。そんな5人はこの先、どのように羽ばたいていくのか。今後のReGLOSSの活動からも目が離せません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  4. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  5. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  6. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news095.jpg 韓国俳優、ドラマ「私の夫と結婚して」で37キロ減量した激やせショット公開 末期ガン患者役作りで
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」