「仮想と現実の境界についての問いがあります」 東京藝大の卒展で話題の“お嬢様人形”作者に制作理由を聞いた(1/3 ページ)

作品は「平成芸術賞」を受賞しています。【訂正あり】

» 2024年02月14日 19時30分 公開
[石関隆景ねとらぼ]

 1月28日から2月2日まで開催された「第72回 東京藝術大学 卒業・修了作品展」は、現代らしくさまざまな作品がSNSで多くの反響を呼んでいます。ねとらぼ編集部では“お嬢様アンドロイド”としてX(Twitter)で話題となった作品の作者であるマッキン愛奈(@LUKE_machina)さんを取材。その制作理由や今後の展望を尋ねました。

「仮想と現実の境界」を問う作品

 話題になったのは、Xユーザーのよすかわ(@rdlf)さんの動画です。赤いドレスを身にまとった「お嬢様」のような人形が、“アンドロイド”のような無機質な表情をしながらも、お嬢様らしいしぐさを披露するミスマッチさが注目を集めるきっかけとなりました。

 そんな作品の名前は「少女 通り過ぎていく人々のために」。巨大な少女の人形を模したインスタレーションであり、話題の投稿では“アンドロイド”とあるものの、実際にはマッキンさん本人が中に入って人形を操作しているとのことです。

東京藝術大学 マッキン愛奈 「少女 通り過ぎていく人々のために」 お嬢様らしく手を振るしぐさ(動画提供:よすかわさん)
東京藝術大学 マッキン愛奈 「少女 通り過ぎていく人々のために」 人形を操作しているのは作者のマッキン愛奈さん(動画提供:よすかわさん)

 本作において、マッキンさんは「アナログ/デジタル、人形/人間、過去/現在」といったさまざまな対になる関係を表現しており、それらの根幹には共通して「仮想と現実の境界についての問い」があるとしています。

東京藝術大学 マッキン愛奈 「少女 通り過ぎていく人々のために」 作品の説明(画像提供:マッキン愛奈さん)

 例えば、人形のスカートの中をのぞくと、鑑賞者は“数秒前の過去の自分”の映像や写真を見ることができる仕組みになっているのですが、そこには「アナログ(肉体)とデジタル(データ)」「現在(映像や写真をまなざす自分)と過去(映像や写真に写る自分)」といったさまざまな境界が立ち現れるのです。

東京藝術大学 マッキン愛奈 「少女 通り過ぎていく人々のために」 スカートの中をのぞくと、過去の自分を見ることができる(画像提供:マッキン愛奈さん)

 ドレスの赤色は「女性や愛、欲望、暴力、怒りを象徴する色」であるそうですが、スカートの中をのぞくという背徳的行為を通じて、そうした感情を包括した“自分自身”と対峙することになるというその構成には、思わずゾッとする感覚を覚えます。

「卒業制作にふさわしい集大成」として作成 今後は“ゲーム”に関心

 平成建設による若手芸術家への奨学金制度「平成藝術賞」を受賞した本作は、いったいどのような思いから作られたのでしょうか。

 なぜ本作を制作したのか、その理由について尋ねると「これまでの自身の活動を振り返り、卒業制作にふさわしい集大成としてこの作品プランをまとめました」とマッキンさん。制作の根拠にしている事柄は多々あるそうですが、今回は特に「“私だからこそ、今だからこそ、この展示だからこそ発表する意味のある”作品にすること」に気を付けたといいます。

 作品の反響については「作品を多くの人の心に届けることができて、大変光栄に思います。私を支えてくれた家族や、協力してくれた友人達への感謝の気持ちで胸がいっぱいです」と感謝を述べつつ、「絵や彫刻だけじゃなくて、『こんなのもあるんだ!』と興味を持つきっかけを作れていたらとてもうれしいです」と、本作の鑑賞をきっかけに芸術への興味関心が広がることに期待を込めました。

 また、今後の活動については「昨今“第10芸術”ともいわれるようになったゲームの要素を取り入れた、インタラクティブなメディアアート作品をチームで制作し、発表したい」とのこと。ゲームを「身体拡張の一種」と捉え、「大学院進学後は、これまでのテーマだった『仮想と現実』に『身体』も加え、研究をさらに深めていきます」と展望を述べました。

東京藝術大学 マッキン愛奈 「少女 通り過ぎていく人々のために」 マッキン愛奈さんのプロフィール(画像提供:マッキン愛奈さん)

 なお、マッキン愛奈さんは2024年6月から7月にかけて、平成記念美術館ギャラリーで開催予定の「第10回 平成藝術賞 受賞作家展」に新作を出展予定。正式な情報は平成記念美術館ギャラリーの公式サイトで更新されます。

【2024年2月15日修正】本文およびタイトルにおいて「仮装と現実」という表記がありましたが、正しくは「仮想と現実」でした。お詫びして訂正いたします

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」