ありがちな女性向け恋愛ゲームと思いきや、なんだこれ!? イケメン×突然二丁拳銃を装備して戦うハイクオリティ3Dアクション「恋と深空」(1/2 ページ)

なんだこれ……!

» 2024年02月17日 20時00分 公開
[怪しい隣人ねとらぼ]

 2024年に入って大作ゲームが数多くリリースされ、どれを追いかけようか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そんな中でひときわ目立つ、というか「何だこれ」という話題になっているゲームがありました。それは「恋と深空(しんくう)」という作品。

 女性向けの恋愛ゲームという前評判であり、実際3Dで描かれた美麗な男性たちの画像が印象的なのですが、プレイした人のスクリーンショットを見てみると、どう見ても3Dアクションゲーム。これは一体? となりダウンロードしてみました。

タイトル画面。タイトルが小さい!!

ライター:怪しい隣人

モバクソ畑でつかまえて

出来の良くないソーシャルゲームを勝手に「モバクソゲー」と名付けて収集、記録、紹介しています。モバクソ死亡リストは500件を超えました。年々ソーシャルゲームが複雑になり、ダメさを判定するのに時間がかかるのが最近の悩みです。本業はインフラエンジニア。そのためソーシャルゲームの臨時メンテは祭り半分胃痛半分な気分です。


 ゲームタイトルがよく分からないタイトル画面からゲームを開始すると、自分の分身であるキャラクターの作成を求められます。キャラクターの作成方法は「デフォルトのパターンから選ぶ」「パーツを細かく指定してカスタマイズする」以外に「写真からキャラクターを生成する」というものがあり、なんとその場でインカメラを使って顔を撮影し、そこからデータを生成してくれるのです。

 そんな面白いもの試さずにはいられません。さっそく自分の顔を撮影してキャラクターを生成してみました。あまり似ていないものの目元がなんとなくそれっぽい、ぐらいの美少女キャラが出来上がってくるバランス感覚が絶妙だと思います。中年のおっさんをリアルに再現されても困りますからね。

この後撮影画面へ移行します。
生成された自キャラです。

 キャラクターメイク完了後ゲームがスタートするのですが、突然謎の宇宙船が事象の地平面を超えブラックホールの特異点に墜落するシーンから始まります。

ある意味衝撃的なオープニング

 前知識を全く入れずにゲームを開始したので、ここで「え、これSFなの!?」となってしまいました。このシーンにどういう意味があるのかは分からないのですが、とにかくオープニングは進んでいき、ここが遠い未来であることが分かります。

 自分が住んでいる未来都市に“ワンダラー”と呼ばれる怪物が現れることになったこと、自分がその怪物を狩る“深空ハンター”と呼ばれる存在になったことが語られ、自分が“Evol”と呼ばれる超能力を持つ“Evolver”と呼ばれる存在であることもそこで分かります。

端的で分かりやすい状況説明

 ここまで自分がプレイしているのが本当に恋愛ゲームなのか疑わしい展開が続いてきたのですが、深空ハンターとなった主人公が参加した初の任務で謎の男性に出会います。すると、突然現れた編成画面と「戦闘時は画面が横向きになります」というメッセージの後にロードされた画面には、本格的な3Dゲームが。

倒れている青年に遭遇
突然二丁拳銃を装備して戦うアクションゲームに

 現れた敵を相手に華麗な二丁拳銃で戦う自分。気がつくと、名前も聞いていない彼と2人で戦闘することになっていました。「最初の試練」というステージタイトルに「恋愛ゲームの試練かこれ!?」という気分になってきます。

 超能力者だとは聞いていましたがここまでアクションができるとはまったく想像していませんでした。仮想十字キーで移動し攻撃ボタンやスキルボタン、必殺技ボタンを駆使して戦う別の意味で安心感がある操作系なのですが、その代わり恋愛ゲームとは思えません。

 戦闘が終了すると、自分のことを誰にも言わないでくれという男が、ようやくセイヤという名前だと分かります。このあたりのやりとりはいかにも恋愛ゲームのようでちょっとホッとします。ここで「願う」という名のガチャが解放され、彼のブロマイドのようなものが思念として手に入ります。まだ「思念」がどういうものかここではよく分かりません。

戦闘終了後にやっと名前が聞けるセイヤ
願う=ガチャ画面
思念=装備的なモノらしい

 ストーリーを進めていくと、今度は“幼なじみ”“医者”“自分の主治医”“クールな男”というちょっと属性が盛られぎみの男性、レイが登場します。

若干ツンデレの気配を感じるレイ

 自分も幼いころの事故で心臓にワンダラーのコアが残ってるとか言うとんでもない属性がサラッと語られるのですが、クールな彼とのやりとりはこれまた恋愛ゲームらしく、戦闘から離れてしまえばやはりそういう作品なのだと再認識させられます。

 別の任務で出掛けた先でレイと偶然出会うところまでは大人しく恋愛ゲームとして進められる一方で、自分はハンターであり任務といえばやはりワンダラーと戦うこと。やっぱり横画面の戦闘が待っており、ここでレイも超能力を使って戦うことになるので「えっ君もそうなの!?」みたいな驚きがありました。レイとの出会いの後にはキャラクターごとの個別エピソード的なシナリオを閲覧できるようになり、ちょっとしたデートのような文章が読めたりします。

氷の能力を使うレイ。この人も戦うのか……となる
メインストーリーとは異なる彼とのお話が読める

 デートのような文章を挟んで再び任務へと戻る主人公。任務のきっかけとなった絵画について調べるうちにその絵を描いた画家・ホムラと出会うことになります。こちらもその絵に秘められた謎を調べていくうちに一緒に戦うことになるのですが、このあたりになると男性との出会いの後には戦闘が来る、というリズムにだんだん慣れてきてしまっています。

画家でちょっと高飛車な感じのホムラ

 この戦いを終え、ホムラの家から帰る途中にセイヤと再会。セイヤはもともと自分と同じハンターっぽいので戦いの場で再開することに違和感は感じませんし、もう完全に男性との出会いとお話の展開に戦闘がセットになっていることに慣れてしまいました。

もはや彼と一緒に戦うことにも違和感を覚えない

 ここで、さきほど解放されたガチャから登場するブロマイド的なもの、思念が装備になることが判明。ブロマイドに属性がついており、戦場と属性を一致させることで戦闘が有利になることが分かります。だいぶ恋愛と戦闘のセットに慣れてきた脳がこのあたりでまた揺さぶられます。

思念の属性を一致させる
属性の一致で色々と有利なことが

 

 ここまでで概ねチュートリアル終了となります。チュートリアルを終わらせたところでレベル7ぐらいになるのですが、次のシナリオを読むのにレベル21を要求されて「???」となっている状態です。

 ここまで解放された要素が「レベル上げ用アイテムの収集」「スキルレベル上げアイテム収集」「男性たちとの好感度を稼ぎお話を進める」なので、スマホRPGでよく見る要素と恋愛ゲームでよく見る要素両方が存在している状態です。

スマホRPGによくある素材収集ステージもたくさん

 この時点で願いことガチャも自由に回せるようになっているものの、思念は最高レアが星5、70連回すと最高レアが確定というどこかで見たようなガチャではあります。なお戦闘は先に書いたように基本的に3人の男性のうち誰かと組むことになるので、属性の組み合わせをうまく考えて編成しないといけないようです。

 ここまでやってきて最初は異様な組み合わせに見えたSFアクションRPGと恋愛ゲームなのですが、意外とその要素は共存できるものではないだろうかと思えてきました。男女のキャラが出て来るスマホゲームで、主人公が男性の場合好意を見せてくるキャラクターが居るゲームは結構多く、その逆もまたしかりです。

 ゲームによっては好意を寄せてくるキャラクターからバレンタインやホワイトデーにプレゼントがもらえたり、逆に自分からプレゼントを贈れたりする作品もあるわけで。それらの要素を一歩勧めて恋愛ゲームとしてシステム化しているだけなのだなと感じました。

 アクションシーンが本格的なことで「女性向けにそういうアクションゲームを用意するのは難しいのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、実際世間を見てみると「原神」のようなアクションゲームを遊んでいたり、「ファイナルファンタジーXIV」で高難易度戦に挑む女性ゲーマーは少なくありません

 ただし、このゲームにも自動戦闘モードはついていますのでアクションが苦手な人向けの配慮はあると思いました。どれくらいの難易度が待ち構えているのかはまだ分かりませんが……。

自動戦闘モードも一応ある

 なおこのゲームを開発しているのは、お着替えコーデRPGの「ミラクルニキ」「シャイニングニキ」を作っているPapergamesという中国の会社です。同社はシリーズ最新作としてオープンワールドの「インフィニティニキ」も予定しており、発表当初は「オープンワールドで着せ替えゲームやるの!?」とも思いました。しかし「恋と深空」をプレイしていて、このぐらいの技術力があれば次はオープンワールドゲームを作ってみたい、となるのも分かる気はしました。

 オープンワールド着せ替えゲームができるのなら、オープンワールドで恋愛ゲームも作れるのではないでしょうか。そういう形で恋愛ゲームが発展していくことに期待したいものです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」