魚をテーマにした本の帯に「ずるいやろ」「こういうセンスほしい」 秀逸なコピーに4.1万いいね(1/3 ページ)

これはずるい……。

» 2024年04月12日 13時00分 公開
[神田匠ねとらぼ]

 とある本の帯コピーがX(Twitter)上で4万1000件のいいねが付き、注目を集めています。

 ユーザーのナカヤマ皐月さん(@N_32tree)が投稿したのは、3月に出版された平凡社ライブラリー『増補 魚で始まる世界史』の帯。そこには大きく「目からウロコ」の文字が書かれています。魚とかけたシンプルすぎるダジャレを一言だけ配置するという、なんとも攻めた構図。ナカヤマ皐月さんも「帯のコピーずるいやろ」とコメントしています。

目からウロコ 目からウロコの文字

 副題に「ニシンとタラとヨーロッパ」とある通り、さまざまな魚の需要を通して、世界史をひもといていくという趣旨の同書。ナカヤマ皐月さんによると増補版では、タラの部分が大幅に書き直されているそうです。タラが世界史に大きな影響を与えていたとは……!

 それにしてもなぜこんなコピーになったのでしょう。平凡社にお話を伺いました。

なぜこのコピーになったの?

―― この帯コピーは誰がどのような意図で考えられたのでしょう?

担当者: 本の帯の文句はそれぞれの本の担当編集者が考えます。キャッチコピーを考えるときは、たいてい編集作業も最終段階に入ったところで、時間的にも精神的にもかなり追い込まれた状況の時が多いです。今回の帯も、同じく追い詰められた状況で考えていました。昔、忙しいのに隣でダジャレを頻発する同僚にキーッとなったものですが、最近歳のせいか、自分自身わりといつも頭の中にダジャレが浮かんで、この時もこれしか浮かばず決まったという経緯があります……。

興味を引く装丁 興味を引く装丁

―― 反響についてコメントをお願いします。

担当者: 今回帯に注目していただいた投稿には、4万件のいいねが付いたということで、大変ありがたいです。Xではその他にも、カバー図版についても注目していただいた方がいて、そちらには1万件のいいねが付いていました。合わせると5万件、単純計算でいいねしてくれた5万人のうち10分の1の方が買ってくださると5000部、100分の1としても500部……。はっ…これは重版の可能性が……。ちなみに平凡社ライブラリーは帯がつくのは初刷のみなので、ぜひ早めにご購入いただければ幸いです!


 本のテーマや表紙のみならず、コピーも読者を引き込むために欠かせないもの。まさに水魚の交わりですね。

 Xユーザーからは「『エジプト学の金字塔』みたいな」「『目からうろこ』が聖書由来で解説書としてバイブルだよ!という自信が表現されてるわけですな」といったコメントも寄せられました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評