「美人女子大生も大歓迎!!」「初体験遅れてる」広告に批判 不動産会社がのぼり撤去で謝罪 「時代錯誤」「セクハラ」の声(1/3 ページ)

公式X(Twitter)で撤去を明らかにし、謝罪しました【追記あり】

» 2024年04月15日 21時00分 公開
[ねとらぼ]

 「部屋が古くて初体験が遅れている。」――。SNS上で「時代錯誤」「セクハラ」などと批判されていた店頭ののぼりについて、不動産会社・のうか不動産(石川県金沢市)が4月15日に公式X(Twitter)で撤去を明らかにし、謝罪しました。

 のうか不動産の公式サイトによると、同社は金沢大学など市内の大学周辺の地域を中心に不動産物件を取り扱っています。SNS上では4月15日ごろから、「部屋が古くて初体験が遅れている。」「部屋がダサくて恋もできない。」などと書かれた同社ののぼりに対して、非難の声が広がっていました。

 加えて、同社の広告物にはビルに掲示された「美大生は歓迎! 美人女子大生も大歓迎!!(笑)」と書かれたものもあり、同じく批判が集まっていました。

のうか不動産 のぼり 広告 キャッチコピー 画像出典:ヴォイス公式サイト ※ヴォイスの公式サイトによると、ヴォイスがのうか不動産の広告戦略を担当しているという

 いずれの広告も2009年ごろから掲示されていたものの、今回複数のXユーザーの投稿が拡散され、批判の声が広がったとみられます。Xでは「不適切」「これはひどすぎる」「時代錯誤も甚だしい」「考え直したほうが良いと思う」などの声が寄せられました。

 こうした声を受け、のうか不動産の公式Xは同社の社名が記載された別ののぼりの写真を添付し、「お騒がせしておりました店頭ののぼりは撤収いたしました」と公表。「ご気分を害されたみなさまには心よりお詫び申し上げます」と謝罪しました。

【4月15日21時20分追記】

 ねとらぼ編集部では、該当広告の掲出開始時期や今後の対応などについて、のうか不動産に問い合わせ中です。回答があり次第、追記を予定しています。

【4月17日14時5分追記】

 ねとらぼ編集部の取材に対し、のうか不動産の広報企画室の担当者はのぼり広告、キャッチコピー看板ともに2009年ごろから掲出を開始していたと回答。「時代性やコンプライアンスなどを考慮せず、10年以上前に制作したのぼりを使用してしまっていたことに関しましては反論の余地はございません」などと謝罪しました。そのほか、取材の詳細は該当記事「『美人女子大生も大歓迎!!』『初体験遅れてる』広告にセクハラ批判 不動産会社が取材に『反論の余地はございません」と謝罪」をご覧ください。

 なお、本稿では初出時、「ねとらぼ編集部が確認したところ、いずれの広告も2010年代から存在した」と記載していましたが、正しくは「いずれの広告も2009年ごろから掲示されていた」でした。お詫びして訂正いたします。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  2. /nl/articles/2405/16/news184.jpg どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  3. /nl/articles/2405/16/news185.jpg “ジョジョ婚”じゃん! 結婚報告の「岸辺露伴」高橋一生&飯豊まりえ、“連名サインの本名”に集まる驚きの声「直筆見て初めて知った」「これが正解」
  4. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  5. /nl/articles/2405/17/news019.jpg リモート会議中の“マナー違反”に共感の声が殺到 「全く同感」「マナー講師はなぜこれを教えないのか」
  6. /nl/articles/2405/16/news123.jpg “1K8畳”の新居を一人暮らし男子が模様替え→“ホテル”みたいに大変身する様子に「シャレオツ」「センスよー!」と称賛
  7. /nl/articles/2405/17/news054.jpg 「これは罠」「本当に紛らわしい」 現役清掃員が教える「保冷剤」を捨てる際の“落とし穴”が話題
  8. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. /nl/articles/2405/17/news046.jpg 北陸新幹線に空のペットボトルを持って乗ると…… “あるもの”が見える実験に「知らなかった」「教科書よりわかりやすい」
  10. /nl/articles/2405/16/news194.jpg 牛丼チェーン「松屋」、深夜料金を導入 一部の店舗で
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評