「また変わったのか」 キリン「生茶」発売24年でデザイン変更「18回」 定番なのに“イメチェン”繰り返す理由(1/5 ページ)

以前は緑色中心のパッケージでした。

» 2024年04月20日 11時00分 公開
[ねとらぼ]

 キリンの「生茶」が4月9日にリニューアル発売され、発売3日間で2500万本のヒットを記録した。従来の「緑色」のイメージを覆す、クリーム色を基調としたパッケージに生まれ変わったが、実は1年前にもパッケージ変更をしたばかり。なぜ、短期間での刷新に踏み切ったのだろうか。キリンに話を聞いた。

生茶 2024年リニューアル時の生茶(画像提供:キリン)

1年でパッケージ変更の背景

 4月9日にリニューアル発売された生茶のパッケージは、クリーム色をベースに、小さな「生茶」の文字としずくが描かれた、上品な印象のあるデザインだ。従来品は、緑色のラベルに葉があしらわれ、中心に「生茶」と大きく書かれたパッケージだったことから、その変化の大きさが分かる。

生茶 リニューアル前の生茶(画像提供:キリン)

 味わいの面でも「凍結あまみ製法」を新たに採用したことで、「苦渋みを抑え、新茶のような“あまみ”際立つ味わいに仕上げた」(ニュースリリースより)という今回の生茶。発売3日間での販売数量は2500万本と好調で、キリンによると「史上トップクラスの立ち上がり」だという。

 大幅な「イメチェン」を果たした生茶だが、実は1年前の2023年4月にもパッケージの変更を行ったばかりだ。なぜ、短期間での刷新に踏み切ったのだろうか。キリンホールディングスの広報担当者はねとらぼ編集部の取材に、こう答える。

「23年4月のリニューアル後にお客様調査を実施したところ、ペットボトル緑茶市場はコモディティ化(商品の品質に大きな差がないように見えること)が進んでいることから、緑茶に対する魅力が薄れてきてしまっていることが分かりました。そこで、私たちは、お客様の生活スタイルやニーズが急速に変化する中で改めてペットボトル緑茶の価値を見直し、今一度魅力的なものにすることで、ペットボトル緑茶市場を再活性化することが急務であると考えました」

 今回のリニューアルでは、朝や仕事中など、ペットボトル緑茶が一日中愛飲されるような存在であることに着目し、「日常を彩るようなパッケージ」に刷新したとする。

定番なのに刷新繰り返す理由

 お茶のうまみや甘みを感じられる「あたらしい緑茶飲料」をコンセプトに2000年に発売され、今やペットボトル緑茶のロングセラー商品となった生茶。発売当初は緑のグラデーションが印象的なデザインだったが、その後のリニューアルでは黄緑色のパッケージになったり、濃い緑色のデザインになったりと、度重なる「イメチェン」をしている。担当者によると、発売24年間でのパッケージ変更は、軽微なものも含めて18回にも及ぶという。

生茶 2000年発売当初の生茶(画像提供:キリン)
生茶 2015年リニューアル時の生茶(画像提供:キリン)

 2019年以降の直近5年間だけに絞っても、4回のパッケージ変更があり、ボトルの形状も丸みを感じるデザインから、スリムなものに変化している。「また変わったのか」――。今回のリニューアルでも、SNS上の消費者からそんな声が聞こえてくるほど、生茶の「イメチェン」イメージは強い。

生茶 2020年リニューアル時の生茶(画像提供:キリン)

 担当者は「生茶ブランドは『お茶のあり方を革新し続けることで、今の時代を生きるお客様の毎日の生活を豊かにしたい』と考えています。時代の変化に合わせて緑茶の在り方をアップデートし続けることは、生茶の使命だと考えています」と、時代に応じたイメージの変化こそが生茶の強みであると語る。

 未来の生茶は、今からは想像もつかない姿をしているのかもしれない。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  2. /nl/articles/2405/16/news184.jpg どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  3. /nl/articles/2405/16/news185.jpg “ジョジョ婚”じゃん! 結婚報告の「岸辺露伴」高橋一生&飯豊まりえ、“連名サインの本名”に集まる驚きの声「直筆見て初めて知った」「これが正解」
  4. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  5. /nl/articles/2405/17/news019.jpg リモート会議中の“マナー違反”に共感の声が殺到 「全く同感」「マナー講師はなぜこれを教えないのか」
  6. /nl/articles/2405/16/news123.jpg “1K8畳”の新居を一人暮らし男子が模様替え→“ホテル”みたいに大変身する様子に「シャレオツ」「センスよー!」と称賛
  7. /nl/articles/2405/17/news054.jpg 「これは罠」「本当に紛らわしい」 現役清掃員が教える「保冷剤」を捨てる際の“落とし穴”が話題
  8. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. /nl/articles/2405/17/news046.jpg 北陸新幹線に空のペットボトルを持って乗ると…… “あるもの”が見える実験に「知らなかった」「教科書よりわかりやすい」
  10. /nl/articles/2405/16/news194.jpg 牛丼チェーン「松屋」、深夜料金を導入 一部の店舗で
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評