これは大人気の予感……!! 6月11日発売「未来のレモンサワー」は、缶の中に本物のレモンスライスが浮かぶ“世界初”の缶チューハイ(1/3 ページ)

開けたらきっと「おおっ」と言っちゃう!

» 2024年06月03日 19時50分 公開
[家原ねとらぼ]

 アサヒビールは、缶チューハイの新商品「未来のレモンサワー」を首都圏・関信越エリアの1都9県にて、6月11日から数量限定で販売します。希望小売価格は税込298円です。

アサヒビール 未来のレモンサワー

 このレモンサワーの何が未来かって? なんと缶の中に本物のレモンスライスが封入されていて、開封と同時にシュワシュワ……と浮き上がってくるんです! そんな夢みたいな缶チューハイってある?

開封すると……シュワ〜っとレモンが登場!

 ねとらぼ編集部では特別に一足早く商品を入手。開封の瞬間を撮影しました。

「未来のレモンサワー」開封動画(※音が流れます)

 飲み口が全開になるフルオープン缶をぱかっと開けると、シュワシュワの炭酸の中から丸いレモンスライスが登場……!! これ、シンプルに楽しい!

 このレモンスライスはもちろん本物。じっくり液糖に浸してから乾燥させたドライレモンを缶の中に封入し、レモンそのものの酸味や苦みが甘みと混ざりあいながらチューハイの中に溶け込んでいます。アサヒビールによると、契約農家が生産したポストハーベストフリー(収穫後の薬剤不使用)のレモンを2段階のチェックで厳しく選別して使用しており、浮いているレモンをがぶっとかじって食べてもOKというのも、なんとも新しく楽しいポイントです。

アサヒビール 未来のレモンサワー 本物のレモンが浮いてる!!

「生ジョッキ缶」の技術を活かしつつ、さらに難しい「固形物封入」を実現

 フルオープン缶といえば、同じくアサヒビールが販売している「生ジョッキ缶」を連想した方も多いのではないでしょうか。直接口をつけても安全な飲み口の形状は、2021年に販売開始した「生ジョッキ缶」の技術を継承しているそうです。

アサヒビール 未来のレモンサワー 口をつけてごくごく飲める、フルオープンの飲み口

 しかし、それ以上に目を引くのはやはり「レモンスライスの封入」。アサヒビールによると、この「未来のレモンサワー」はフルオープンかつレモンスライスが入った世界初の缶チューハイなのだといいます(2022年12月Mintel社データベース及びアサヒビール独自調査による)。

王道のおいしさ「ORIGINAL」と、甘さひかえめ「PLAIN」

 フレーバーは、「ORIGINAL」(果汁5%)と「PLAIN」(果汁3%)の2種類が登場。どちらもアルコール分は5%となっています。

アサヒビール 未来のレモンサワー 黄色が基調のパッケージ「ORIGINAL」と、シルバーのパッケージ「PLAIN」

 「ORIGINAL」は甘さ・酸味・苦みがバランスよく“王道のレモンサワー”といった味わいですが、やはり本物のレモンスライスが口元にやってくるため、レモンの風味がより本格的に感じられました。フルオープン缶で一度にゴクッと口の中に含めるのもあり、味わいが濃厚! という印象がありました。

アサヒビール 未来のレモンサワー 「ORIGINAL」は王道の味わい

 「PLAIN」はサワー液に糖と香料を使用せず、甘さひかえめの味わい。さらにはっきりとレモン本来の酸味や苦みが感じられ、この“本物の果物”を味わうチューハイが缶で実現できるなんて……! という驚きがあります。居酒屋のメニューで見かける、本物の果物をつぶして飲むチューハイが好きな人はこちらもオススメです。

アサヒビール 未来のレモンサワー 「PLAIN」は甘さ控えめ

人気必至!? 気になる人は要チェック!

 「未来のレモンサワー」は、希望小売価格298円で6月11日から東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県にて販売予定。予定数量を出荷次第販売を終了するとしています。

アサヒビール 未来のレモンサワー パッケージデザインは2フレーバー×2種類で計4種類存在するそうです
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  2. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  3. /nl/articles/2406/21/news019.jpg “男は餌代0円で、大量の魚を釣り上げます” 驚きの釣果と予想外な料理への変貌に「この人凄いな〜〜」「てっきりお刺身と思いきや」
  4. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  5. /nl/articles/2406/22/news026.jpg 「ファッションなんか年齢関係無く自由だろ」 80代母の“好きを着る”姿が210万表示「カッコよすぎィィィイ!」
  6. /nl/articles/2406/22/news008.jpg 家族がランチを注文する中、おばあちゃんが頼んだのは…… 自分に素直な姿が1800万再生「私もあなたのおばあちゃんみたいになりたい」【海外】
  7. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  8. /nl/articles/2406/21/news151.jpg 「読める?」 セガが“謎の暗号”で挑戦状 → フォロワーがゲームのように“攻略”して盛り上がる 「画面傾けてみて」
  9. /nl/articles/2406/20/news203.jpg もしや「これは扉?」と思い手をかけたら…… 築100年超の実家での“まさかの新発見”に「すごい!」「隠れ家みたい」 現在はどうなったか聞いてみた
  10. /nl/articles/2406/20/news177.jpg なぜ作った……? “100時間”かけて制作した「コンクリキーボード」がもはや芸術 狂気の手作業が80万再生「笑った」「バカで最高」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」