“地球で221年ぶり”、13年ゼミと17年ゼミの同時発生で1兆匹のセミが…… 渡米記録に「大人の自由研究レベル100」「生で見たら発狂しそう」(1/2 ページ)

すごい(虫が苦手な人は閲覧注意です)。

» 2024年06月14日 19時30分 公開
[三日月影狼ねとらぼ]

 アメリカで大量発生している“素数ゼミ”を追う様子がYouTubeチャンネル「うごめ紀」に投稿されました。動画は85万回以上再生され、2.3万件を超える高評価を獲得しています。

アメリカで「素数ゼミ」の大爆音を聞いてきた

一大イベント「13年ゼミと17年ゼミの同時発生」の年がやってきた

 投稿主のうごめ紀さんは、昆虫や冬虫夏草(虫に寄生するキノコ)を中心にさまざまな生物を探し、写真や動画を撮影している生物系YouTuber(関連記事)。今回は「素数ゼミ」と呼ばれるセミにまつわる1803年(江戸時代)以来の大イベントのため、アメリカ合衆国のイリノイ州・シカゴにやってきました。

13年ゼミと17年ゼミ こちらが13年ゼミと17年ゼミ

“素数ゼミ”を知っていますか?

 素数ゼミはその名前の通り幼虫として地面の中にいる期間が素数であるセミの総称で、13年地面にいる4種のセミを「13年ゼミ」、17年地面にいる3種のセミを「17年ゼミ」と呼んでいるのだそうです(参考資料:珍獣図鑑(11):17年に一度の大発生! 周期ゼミの遺伝子に仕掛けられた“時計”を探せ)。

 2024年は、アメリカの広い範囲でこの「13年ゼミ」と「17年ゼミ」が221年ぶりに同時発生する年なのだといいます。1兆匹ものセミが発生するといわれているのだとか。

13年と17年ゼミ3種ずつ 「13年ゼミ」「17年ゼミ」というセミがいる訳ではありません

 うごめ紀さんは「それだけのセミが集まるとどれだけの爆音になるのか知りたい」「素数ゼミに寄生する菌を見たい」「素数ゼミが一斉に羽化するところを見たい」「素数ゼミを食べたい」という熱い思いから、勢いで渡米したのだそうです。すごい行動力だ……!!

素数ゼミを探せ!

 アメリカ全土でセミが大量発生していると思っていたうごめ紀さんですが、セミはいるところにはいるけれど、いないところには全くいない様子。セミを求めて公園を巡っていると、民家の庭にとんでもない量の13年ゼミを発見します。とんでもない量がいる割に静かですが、どうやら素数ゼミは晴れると一斉に鳴き出すようです。

これが見たかったんだよ とんでもない量の13年ゼミが
羽化不全 羽を上手く広げられなかった「羽化不全」のセミも大量に

 セミといえば独特かつ大きな鳴き声が有名ですが、実は鳴くのはオスだけで、オスはメスへの求愛行動のために鳴いているのだそうです。13年ゼミは地面の中で13年間エネルギーを蓄え、地上で過ごす数週間でそれを使い切り次の世代をつないでいくのだと思うと、生命の神秘を感じますね。

マジでアメリカまで 大漁です

素数ゼミをゾンビにしてしまう菌を発見

 うごめ紀さんによると、素数ゼミの中にはまれに性病にかかる個体がいるのだとか。腹部を見るとすぐにわかるということで、ひたすらセミの腹部をチェックし続けるうごめ紀さん。探し続けること2時間、1000匹ほどチェックしたところでようやく素数ゼミの性病とも呼ばれる「マッソスポラ菌」に感染したセミを発見します。

マッソスポラ菌 マッソスポラ菌に感染したセミを発見しました!

 セミの腹部を見ると、生殖器がなくなって代わりに菌が詰まっていました。マッソスポラ菌はセミに感染すると覚醒作用のあるカチノン系化合物を出させ、「菌をばらまくゾンビ」に仕立て上げるのだといいます。感染したセミは腹部がなくなっても死ぬことはなく、羽を震わせる求愛行動を頻繁に行って性別も関係なく交尾し、菌をばらまき続けるのだとか……!

221年に1度しかできない奇跡の料理

 うごめ紀さんによると、セミは昆虫食の中でもかなり人気のある食材とのこと。今年は221年に1回しかない13年ゼミと17年ゼミを同時に食べられる貴重すぎる機会ということで、セミを捕獲して食べることに。

 本当は羽化したてのソフトシェルが一番おいしいけれど、羽がぐちゃぐちゃで飛ぶこともできず、死を待つだけの個体を食べてみることにしたうごめ紀さん。試しに生で食べてみると、苦くてあまり美味しくはなかったようです。

背中が割れ 羽化したてのソフトシェルの状態が一番おいしいのだとか

 その後紆余曲折ありつつもセミを油と調味料で炒め、完成した「221年の奇跡炒め」に舌鼓を打つうごめ紀さん。

人生で1回しか味わえない料理 人生で1度しか味わえない料理です

 ガーリックコショウとガーリックパルメザン味の奇跡炒めは苦みが消え、ピーナッツのようないい香りがしてサクサク、おつまみのようでとっても美味しかったとのこと。文字通り素数ゼミを味わい、丸ごと食べつくしたうごめ紀さんなのでした。

歴史を感じる ビールに合いそう……!

「ワクワクする」「この現象に遭遇できない科学者もいるんだな」の声

 こちらの動画には「大人の自由研究レベル100みたいでワクワクする」「一生に一度もこの現象に遭遇できない科学者たちが沢山いるって考えるとすごいな」といった、たくさんのコメントが寄せられています。

 うごめ紀さんは世界中を飛び回り、撮影した昆虫や冬虫夏草などの動画や写真を同チャンネルX(旧Twitter)で公開しています。

タイの洞窟で昆虫を探してみた
ニュージーランドで「生きた化石」を捕獲!
山林を相続したら……?

画像提供:YouTubeチャンネル「うごめ紀

三日月 影狼

オススメ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. /nl/articles/2407/14/news020.jpg 子どもが「エアコンつけたら咳が出る」と言うので掃除のプロを呼んだ結果…… 衝撃的な状態と結末に「言葉を失います」
  5. /nl/articles/2407/14/news046.jpg 「さすがワークマン」 6年前から“商品化”希望の声→発売された待望のアイテムに「ちょっと感動」
  6. /nl/articles/2407/14/news003.jpg 「せめて……」 有名中古品チェーンで1000円の商品購入→袋を開けて発覚した“衝撃の事実”に「変な声が出た」
  7. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  8. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  9. /nl/articles/2407/12/news075.jpg 【時間クイズ】「午後2時の9時間前」は何時?
  10. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」