地球上最強の生物「クマムシ」は新宿歌舞伎町に生息するのか? 前代未聞の探索結果に「これはアツい」「歌舞伎町、過酷で草」(1/2 ページ)

意外と身近なところにいるのがびっくり!

» 2024年03月19日 06時30分 公開
[神奈川はなねとらぼ]

 「新宿の歌舞伎町でクマムシ探してみた」という動画がYouTubeチャンネル「うごめ紀」に投稿されました。動画は記事執筆時点で16万再生を突破、4000件を超える“高評価”が寄せられています。

新宿の歌舞伎町でクマムシ探してみた
新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた

新宿歌舞伎町にクマムシはいるのか探す

 投稿主のうごめ紀さんは、昆虫や冬虫夏草(虫に寄生するキノコ)を中心にさまざまな生物を探し、写真や動画を撮影している生物系YouTuber。今回は新宿歌舞伎町にクマムシを探しに来ました。

 クマムシは緩歩動物門(かんぽどうぶつもん)というグループに属する小さな生物で、地球上で最強の生物とも呼ばれています。クマムシが最強なのは周りに水が無くなって乾燥し、乾眠(乾燥ワカメみたいに縮んで休眠する)状態になったとき。この状態をクリプトビオシスといい、極度の乾燥・高温・放射線などに強くなります(クリプトビオシス状態でなくなると、40〜50度のお湯でも簡単に死んでしまうそうです)。

新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた クマムシは地球上で最強の生物

 うごめ紀さんによると、クマムシは意外と身近な所にいるとのこと。うごめ紀さんは、「もし歌舞伎町という自然と対極にある環境にクマムシがいたら、日本中どこにでもいるといえることになるのでは?」と考えてこのチャレンジをすることに。

 早速歌舞伎町に入り、クマムシがいそうなコケを探していきます。コケを探すには街路樹の根元がねらい目なのですが、歌舞伎町の街路樹は根元がコンクリートで固められていて土がありません。

 しばらく歩いてコケを見つけましたが、道路ではなく敷地らしき場所なので諦めます(※私有地内では採取していません)。

新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた 歌舞伎町でコケを探します

 歌舞伎町2丁目に移動して、道路上に良さそうなコケを見つけました。パサパサした感じのコケはクマムシが好むそうで、親指の先くらいの量を採取して容器に入れます。

新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた 道路わきのコケを採取

 その後も歌舞伎町を歩き回り、歌舞伎町2丁目、ホストクラブ前、ホテル街の3カ所のコケを採取しました。歌舞伎町を歩くということはさまざまな場面に出くわすわけで、途中「ホスト狂いのクマムシ」「キャバクラ好きのコケ」といったパワーワードも飛び出しました。

新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた 3カ所のコケを集めました

 クマムシはコケの中で乾燥状態になっていると考えられるので、スポイトで少量の水を加えて復活するのを待ちます。

新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた それぞれのコケに水を与えます

 1時間ほど待って観察をスタート。クマムシは0.2ミリくらいのサイズなので肉眼で確認するのはちょっと厳しいサイズ。寒天培地の上に落として顕微鏡で見ていきます。

 寒天培地を使うのは、培養をしたいわけではなくてカバーガラスを使わずに水を広く伸ばすためとのこと。クマムシは緩歩動物なので、いるとしたらゆっくりノソノソ歩く姿が見られるはずです。

新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた 寒天培地の上に落とします

コケの中で発見した生き物は……

 歌舞伎町2丁目のコケの中から見つけたのは、動きが早い生物。100倍にして観察してみたら、ヒルガタワムシだったようです(ヒルガタワムシもクマムシと同じように乾眠状態になれる生物とのこと)。

 次に見つけたのはセンチュウ(線形動物門)の1種。クマムシはなかなか見つかりません。新宿歌舞伎町にクマムシはいないのか……?

新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた ヒルガタワムシのようです

 するとホストクラブの前のコケの観察中に、クマムシっぽい姿が。100倍に拡大してみると、特徴的な4対の太短い脚が確認できます。

 正確な種類は分かりませんが、体に突起がないため、真クマムシ網のクマムシで俗に「シロクマムシ」と呼ばれている種類だと思われます。

 残念ながらこのクマムシは死んだ状態でした。次に見つけた1匹と、ホテル街のコケの中にいたクマムシも死骸でした。

新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた 4対の太短い脚が特徴的

 結局、生きているクマムシを新宿歌舞伎町では採取できなかったため、視聴者に生きているクマムシを見せたいということで、うごめ紀さんが近所でコケを採取してきてくれました。

 顕微鏡で観察すると無事にクマムシを発見! 今度のクマムシはオレンジ色っぽい体でモゾモゾ、ムチムチと動いており、うごめ紀さんは「赤ちゃんみたいでかわいい」と喜んでいるようです。

新宿歌舞伎町でクマムシ探してみた 生きたクマムシを観察できました

 今回の動画で、クマムシが身近なところにいることがよく分かりました。コメント欄には「都心部や家の近所の苔にも生息しているのを初めて知って驚きました」「緩歩動物門って名前がもう良いよね」「うごめ紀さんの絵もモゾモゾ動いてるクマムシもどっちもかわいい」といった声が寄せられています。

 うごめ紀さんはX(Twitter)(@UgomekiMushi)でも情報を発信中。別の日のYouTube投稿では、ニュージーランドの洞窟で生き物を観察したときの様子などを見ることができます。

この水脈、何かいる。→ 網ですくうと…
野生のトリュフで狂うほど美味い料理を発明した
爆発しそうなクジラから寄生虫を採って食べてみる

画像提供:YouTubeチャンネル「うごめ紀

ねとらぼ生物部オススメ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  2. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  3. /nl/articles/2404/19/news128.jpg 「プロ野球チップス」で誤字 伊藤大海投手を「176m」と記載してカルビー謝罪
  4. /nl/articles/2404/16/news112.jpg 「ママ友襲来10分前」→さぁ、どうする……? 大爆笑の“あるある”再現が400万再生突破「腹ちぎれました」「バナナ食べんでもええやん」
  5. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  6. /nl/articles/2404/18/news032.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに手をスリスリされた瞬間…… 愛と幸せあふれる空間に笑顔になる「これぞ天使だ」
  7. /nl/articles/2404/18/news130.jpg 漂う違法感 東京に戻る息子へ持たせた“大量のブツ”に「九州人あるある」「帰省からの帰りいつもこれ」の声
  8. /nl/articles/2404/18/news176.jpg 「大型魚の餌に!!」 熱帯魚店の“思わず目を疑うPOP”に恐怖 「サメでも飼うの?」
  9. /nl/articles/2404/18/news015.jpg 【追記】クルマのヘッドライトを「魔法の水」で磨いてみたら…… SNSで話題「ダイソーのアルカリ電解水」の効果に「今日やってみます」「参考になりました」の声
  10. /nl/articles/2404/16/news135.jpg 鼻がムズムズの2カ月赤ちゃん、息を吸い込んだ次の瞬間……! まるで天使な8秒に「このくしゃみは何!?」「全てがかわいい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」