【クリストファー・コロンブス】無関係のMV炎上でなぜかSOUL'd OUTがトレンド入り 歌詞を解説したYouTubeコメントも話題に(1/3 ページ)

» 2024年06月14日 10時50分 公開
[福田瑠千代ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 人気ロックバンド「Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)」が6月13日、クリストファー・コロンブスの名を冠した楽曲のミュージックビデオを巡り炎上(関連記事)。それに関連して、歌詞に“クリストファー・コロンブス”が登場する楽曲「COZMIC TRAVEL」に注目が集まり、同曲を手掛けたヒップホップグループ「SOUL'd OUT」がX(Twitter)のトレンド上位にランクインする現象が発生しました。

今回話題になったSOUL'd OUTの「COZMIC TRAVEL」

 SOUL'd OUTは曲調やミュージックビデオのエキセントリックさで知られるグループで、2024年7月に解散10周年を迎えます。「COZMIC TRAVEL」は2007年11月にリリースされ、ミュージックビデオでは「クリストファー・コロンブス!」の歌詞と共に突如現れる宇宙服姿のコロンブスがインパクト抜群。当時は月周回衛星「かぐや」の公式サポートソングとしても話題になりました。

 今回の炎上で、「ミュージックビデオにおけるコロンブスといえば……」と、同曲を連想した人は多かったようで、Xでは「SOUL'd OUT」のグループ名が記事執筆時点でトレンド6位にまで上昇。さらに、歌詞にコロンブスが登場する理由の解説(後述)も拡散中です。

6月13日21時ごろのX上のトレンド
画像出典:Amazon.co.jp

「コロンブス」をモチーフに炎上

 コロンブスは長らく大航海時代を代表する探検家として知られていましたが、近年では先住民に対する侵略行為や、その後数世紀にわたる奴隷制度の悲劇を生み出すきっかけにもなった人物として、評価の見直しが進んでいました。

 そんな中、「Mrs. GREEN APPLE」の楽曲「コロンブス」のミュージックビデオでは、コロンブスに扮したバンドメンバーが、動物の“サル”の姿の先住民を“啓蒙”“使役”する描写などが物議を醸すことに。

 コロンブスの負の側面に無頓着、あるいは肯定していると見られかねない演出に批判が殺到し、レコード会社の「ユニバーサル ミュージック」、所属レーベルの「EMI Records」、所属事務所の「所属事務所Project-MGA」が連名で謝罪する事態にまで発展。さらに、バンドのボーカル・ギターを務める大森元貴さんも「ある事象を、歴史を彷彿とさせてしまうMVであったというご指摘を真摯に受け止め猛省しております」と謝罪文を公開しています。

 

「COZMIC TRAVEL」とクリストファー・コロンブス

 このように、現在は安易な参照がしづらくなっているコロンブス像ですが、「COZMIC TRAVEL」ではどのような文脈で登場していたのでしょうか。今回、楽曲が再注目されるのにあたり、その背景にまつわるトリビアも話題になっています。

 まず、「COZMIC TRAVEL」でコロンブスの名前が登場する直前の歌詞を見てみると、次のような内容になっています。

I love Elizabeth But 振る舞え like Jo = Josephin So, you say like this "Oh, Christopher Colombus!"

 

 直訳すると、「私はエリザベスを愛している しかしジョー=ジョセフィーンのように振る舞え だからこう言え “クリストファー・コロンブス!”」といった感じでしょうか。

 突然女性の名前が並び、「クリストファー・コロンブス!」と叫ぶ、独創的すぎる歌詞。一聴しただけでは意味が分かりませんが、これが実は「『若草物語』を下地にしていると考えれば筋が通った歌詞になる」とのYouTubeコメントがXなどで拡散され、話題となっています。

Xで注目を集めた、3年前に書き込まれたYouTube上のコメント(SOUL'd OUT オフィシャルYouTubeチャンネルの「COZMIC TRAVEL」MVコメント欄より

 『若草物語』はアメリカの作家ルイーザ・メイ・オルコットによる自伝的な小説で、南北戦争時代を舞台とした作品。その主要登場人物である4姉妹の内2人として、ベス(エリザベス)とジョー(ジョセフィーン)が登場します。

 ベスは内気なのに対し、ジョーは活発な性格。まさしく歌詞の内容に符号しており、さらに、日本ではあまり知られていませんが、ジョーは原著では驚いた拍子に「ジーザス・クライスト!」のような感嘆詞として、「クリストファー・コロンブス!」と発言する場面まであるのです。

 『若草物語』の舞台となった19世紀後半では、淑女がスラングを口にするのは“はしたない”とされていたようで、作中ではジョーがそのようにコロンブスの名を口にしないようたしなめられる描写もあります。ミュージックビデオでは宇宙服を着込んだコロンブスが唐突に登場するのが衝撃的ですが、こうした演出は、周囲から浮いても自分の表現を貫いたジョーへのリスペクト……だったのかもしれません。

 まさかの『若草物語』との関係性に、Xでは「マジで知らなかった……」「若草物語からきてるなんて今日知ったよ 何年も聴いてたのにな」「レベルが高すぎるし意味がわからない、言語プロセッサ」と驚く声が多数。一方で、訓練されたS.O Cru(ファン)の間では比較的知られた説だったようで、「色々含蓄の深い曲なんだよな」「若草物語が元ネタの感嘆詞だよ!って説明されるまでがワンセット」といった投稿も見られました。


 なお、SOUL'd OUTは2022年にもなぜかTwitter上で爆発的に話題に。その際はスターバックスの新商品売り切れを嘆いた人たちが「Sold out」ではなく「SOUL'd OUT」とツイートしたことが発端と思われる謎のトレンド入りを果たしていました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」