見てるほうも緊張するわ! コクヨ、三菱鉛筆、ゼブラ……有名文具メーカー社長が知育玩具で“ガチ対決” 令和の名勝負に「全てがおもしろい」(1/3 ページ)

仲良しな社長たち。

» 2024年06月19日 19時00分 公開
[川上酒乃ねとらぼ]

 日本の大手文具メーカーの社長が集まり知育玩具でガチ対決するという動画がYouTubeで公開されました。応援に駆け付けた社員たちに見守られながら真剣に勝負する社長たちの様子に注目が集まり、記事執筆現在までに15万回以上再生されています。

 この動画は神奈川や東京、千葉、兵庫に約40店舗を展開している書店「有隣堂」のYouTubeチャンネル「有隣堂しか知らない世界」が公開。「コクヨ」の黒田英邦社長、「三菱鉛筆」の数原滋彦社長、「ゼブラ」の石川太郎社長、そして「有隣堂」の松信健太郎社長が知育玩具でガチの対決に挑みました。

1回戦は「三菱鉛筆」数原社長 VS 「ゼブラ」石川社長

 1回戦は「三菱鉛筆」の数原社長 と「ゼブラ」の石川社長が、ジェンガのような知育玩具である「ボンバランス」で対決。ジェンガに似ていますが制限時間があることやサイコロを振って出た目の色をタワーから抜くことなどの違いがあります。2人はルールに沿って真剣に対決し、結果、数原社長の勝利となりました。

文具メーカー社長が知育玩具対決 タワーを倒して敗退した石川社長

2回戦は「コクヨ」黒田社長 VS 「有隣堂」松信社長

 2回戦は「コクヨ」の黒田社長と「有隣堂」の松信社長が「ゆらゆらタワー」で対決。これは赤と青のコインをそれぞれが9枚ずつ持ち、振ったサイコロの出た目と色をゆらゆら揺れる台の上に置いていくというルールの知育玩具です。倒してしまった場合、色に関係なく全てのコインを引き取ることとなり、早く手持ちのコインがなくなった方が勝ちです。

 このゲームでは途中で黒田社長の優勢となりましたが、逆転して松信社長が勝利を収めました。

文具メーカー社長が知育玩具対決 2回戦で勝利を収めた松信社長

決勝戦は「三菱鉛筆」数原社長 VS 「有隣堂」松信社長

 ついに迎えた決勝戦は「三菱鉛筆」数原社長と「有隣堂」松信社長の対決となりました。2人が挑むのは「タンブリンダイス」という知育玩具です。数原社長が赤、松信社長が青のダイスを担当し、扇型のボードに向かって指先でダイスを弾きます。ダイスは遠くに届くほど高得点となります。

文具メーカー社長が知育玩具対決 赤ダイスは数原社長、青ダイスは松信社長に

 ボードのエリアは手前から得点が「×-1」「0」「×1」「×2」「×3」「×4」となっており、それぞれのエリアに届いたダイスの目にこの数字をかけたものが得点となります。1セットは4投となり、2セット分の合計点数で競います。なお、相手のダイスをはじき飛ばしてもいいというルールもあるため、最後まで勝負の結末が見えないハラハラ感を楽しめるゲームとなっています。

 1セット目では、手堅い得点が望めるエリアを狙ってダイスをはじく数原社長に対し、最高得点の一方で難易度も高いエリアを果敢に狙っていく松信社長。4投目のラストでは松信社長が数原社長のダイスをはじくというファインプレーを見せ、数原社長が合計18ポイント、松信社長が合計17ポイントという接戦になりました。

文具メーカー社長が知育玩具対決 1セット目は接戦に!

決勝戦2セット目

 そして運命の2セット目。やはり最高得点エリアを狙っていく松信社長でしたが1投目で失敗し、2投目では数原社長の戦略を見習い手堅いエリアを狙います。応援に駆け付けた社員たちが固唾(かたず)をのんで見守る中、数原社長が3投目で松信社長のダイスを弾き飛ばし、自身のダイスを高得点ゾーンに押しやるビッグショットを放ちます。そのため、松信社長は逆転を狙って初心(しょしん)に返り最高得点を狙いますが、勢いよく飛ばしたダイスがボード外へ。その瞬間、数原社長の優勝が決定しました!

文具メーカー社長が知育玩具対決 数原社長のビッグショット
文具メーカー社長が知育玩具対決 優勝は数原社長!

 優勝した数原社長には3カ月の間「有隣堂の全店舗に特設コーナーを作れる権」が授与されました。なお、もし松信社長が優勝した場合には「有隣堂しか知らない世界」のステッカーを3人の社長が1年間スマートフォンに貼るという約束でしたが、番組MCが「こんだけ盛り上がったんで、御三方に1週間、携帯に(ステッカーを)貼っていただけないかなと」と提案。すると3人は「いいよ」「全然問題ないです」と快諾し、その場で自身のスマートフォンに貼ってくれていました。

 この対決で「三菱鉛筆」が勝ち取った特設コーナー設置の権利は、2024年6月20日から第1弾「三菱鉛筆どっち派?フェア」として「有隣堂」28店舗と「STORY STORY」 2店舗で展開定です。これは三菱鉛筆の推し商品のうち、同ジャンルのアイテム2点を比べて&試して楽しむフェアとのこと。また、現在開催店舗ではカウントダウンキャンペーンが実施中です。

 この動画には、「全然前ぶれなくとんでもない企画の動画アップされて笑っちゃった」「日本国民ほとんどが知ってる文具メーカーの社長対決ww 見てる視聴者も緊張するわww」と大物ゲストの登場に驚く声が到着。他にも「フットワーク軽い社長いいぞー」と気軽に出演してくれた社長たちを称賛する声や「ものすごい企画を考え出した、有隣堂は凄すぎる。笑」と企画者をほめる声も寄せられています。

動画提供:有隣堂しか知らない世界(@Yurindo_YouTube)さん

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」