【後編】今一番熱い“器楽奏者とボーカル融合”ガールズユニット「C;ON」を取材 異例尽くしのメジャーデビュー記念ライブで魅せた決意を1万7000字レポート(1/3 ページ)

【後編】1時間のロングインタビューで語られた彼女たちの覚悟と未来とは――。

» 2024年06月22日 12時00分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 今、音楽シーンをにぎわせている“器楽奏者とボーカルを融合”させたガールズユニット「C;ON(シーオン)」をあなたは知っていますか。2000人規模の「LINE CUBE SHIBUYA」での公演を無料開催するなど異例尽くしの活動を行う中、「avex(エイベックス)からのメジャーデビュー」を活動7年でやっとつかんだ彼女たちをねとらぼ編集部がインタビューしました。

C;ON ライブレポート

C;ONをねとらぼ編集部が初インタビュー

 そんな今勢いに乗る「C;ON」をねとらぼが初インタビュー。メンバーのC;ON加入から7年越しに掴んだメジャーデビュー決定に至るまでを余すことなくお届けします。

――今日はよろしくお願い致します。さっそくですが、C;ONを一言で説明するとどんなグループでしょうか。

栞音器楽奏者とボーカルが融合したユニットです。

C;ON ライブレポート

――C;ON最大の強みといえば。

杏実普通のアイドルと違って、ダンスボーカルユニットじゃなくて、ダンスとボーカルに楽器も加わっているのが一番持ち味かなって思います。ボーカルもアイドルの枠にとらわれてない、それ以上のボーカル力もあるというか。

C;ON ライブレポート

聖奈「C;ONってアイドル? バンド?」ってよくいわれるんですが、ジャンルにとらわれずただ演奏して歌ってるだけじゃなくてダンスも加わっているので、見ていて面白くてインパクトあるんじゃないかなって思いますし、今アイドル現場も結構出ていて、ファンのみんなと一緒に声を出したり、ペンライトでも楽しめたりっていう文化もあって、アーティストとアイドルのハイブリッドみたいに良いとこどりできているんじゃないかって思います。

C;ON ライブレポート

栞音アイドルフェスにもロックフェスにも出演させていただけたり、最近だとBillboard-Liveに出演させてもらうこともできたりとか、本当にジャンルレスにいろいろな活動ができるのは強みになってきたなと思います。

――みなさんがグループに加入したきっかけはそれぞれどんな形だったのでしょうか。

栞音母がオーディション情報を見つけてくれて、応募しました。大々的にネットでオーディションの告知をしていたのがきっかけですね。

佳子私は途中加入なんですが、「アーティスト 楽器」で検索したらちょうどC:ONのMVが出てきて、「このグループ良いなぁ」って思ってオーディションを受けました。

C;ON ライブレポート

愛佳私は初期メンバーオーディションの2カ月後くらいに、お声がけをいただいて。栞音ちゃんと一緒に初期メンバーとしてデビューすることになりました。

C;ON ライブレポート

杏実私は佳子ちゃんと高校の同級生なんですけれども、私が教師になろうか、音楽の道をまた進むかで迷っていたときに、佳子ちゃんのSNSを見て、すごくキラキラして憧れたので、佳子ちゃんに相談して加入しました。

C;ON ライブレポート

聖奈私もネットで「楽器奏者 アーティスト」と検索したり、テレビにC;ONが出ているのを見たりして、興味がわいて調べてみました。

――メンバーから見てのC;ONの好きなところ、ポイントを教えてください。

聖奈誰1人も欠けられないところ。1人いなくなったらみんなバタバタしちゃうし、音も歌もみんながいないと成立しないで、誰一人欠けることができないなと思います。

愛佳みんなきっとまじめなことをいうと思うので、私は路線を変えて「みんなよく食べるところ」が好きです! 私から見るとメンバーはお姉さんのような存在なんですが、毎日努力して顔も体もすごくきれいで、本当に尊敬しているんですけど、めちゃくちゃよく食べるんですよ(笑)。プライベートでも結構仲良くて、よくライブ終わりにご飯とか行くんですけど、本当によく食べるのがすごく良いなぁっていつも思います。

佳子年齢を気にせずなんでも言い合える関係がいいかなと思います。愛佳が18歳で他のメンバーは25、6歳なんですけれども、年に関係なく愛佳がダンスを教えてくれることもあるし、大人組も年齢近いからってバチバチすることもないし、本当に仲良しです。

杏実メンバーみんな個性があるところですね。顔の雰囲気も5人全然違うなって思うし、演奏に関しても佳子ちゃんはジャジーだったり、聖奈ちゃんは正統派だったり、ボーカル2人も全然違う声質だからこそ2人がハモるとよかったりとか、個性がそれぞれ違うからこそ、5人がまとまって1つになるのがすごく面白い、いいところだなって思います。

栞音人間的な面でいうと、5人のノリがすごく合うところ。普通に友達だったとしても楽しめるような5人だから、ライブになったらそれに集中できるし、楽屋では5人でワイワイ一緒にやれるのが一緒にいて心地いいなと思います。

 最近思うんですけど、大人組は個々自立しててなんとかなりそうなタイプなんですよ。でも1人だけ年下で「やるぞー!」「がんばるぞー!」っていう愛佳がいてくれるおかげで私たちもそれに巻き込まれて熱血系でやっていけているというか、そこがやっぱり18歳がいるならではで、逆にケンカにならないというか。なりすらしないんですよ(笑)。

CANDY TUNE・立花琴未さん出演のMVが話題の新曲「もしも」について

C;ON【もしも】MV

――4月25日リリースの「もしも」はC;ONの皆さんにとってどんな楽曲ですか。また聞きどころなどがあれば教えてください。

愛佳私自身そういう恋愛はしたことがまだないんですけど、この楽曲はめちゃくちゃつらい恋愛の曲なので、「どうやったらこの楽曲の主人公の女の子に寄り添って歌えるのか」を試行錯誤しました。レコーディングでも初めてブースを真っ暗にして歌ってみたり、楽器のみんなも吹き方をちょっとずつ工夫してみたりと、全員で新しいことに挑戦できた曲だと思っています。

C;ON ライブレポート

 聞きどころはラスサビの直前の栞音ちゃんのパートで「キミはすべてを受け止める愛を最後に捧げて消えたの」っていうところです。私は2番からの“どうしようもならないこの感情”みたいなパートを感情を爆発させてがむしゃらに歌っているんですが、そのあとに来るこのパートの栞音ちゃんの声がめちゃくちゃ好きなので、皆さんにもぜひ聞いていただきたいです。

栞音基本的にはC;ONって“サビは2人で歌う”っていうのが多い中、この曲は1番と2番で完全に歌が分かれているので、1番が私、2番が愛佳になっています。1番を歌った後に2番の愛佳の歌を聞いていると、もっと感情移入できるので、涙が出てきちゃうんですよね。そういうのもこの曲ならではで私の好きなポイントです。

聖奈C;ONでは色んなジャンルの曲を演奏しているんですけれども、この曲はシンガーソングライターの方が書いてくださっていて、スッと胸に入って来る物語のような楽曲になっています。ボーカルチームと楽器チームは別々でレコーディングしたんですが、ボーカルもすごい感情移入しながら泣きながら歌ったって聞いて。楽器はそれを邪魔しないようにナチュラルな演奏の仕方を心掛けました。

佳子C;ONの楽曲は1人1人の音が際立つように作られてるんですけど、先ほど聖奈ちゃんも言ってくれたように、「もしも」は楽器が少し後ろに聞こえる形にして、より歌詞が聞こえやすくなっていると思います。

本当に5人一人一人の音が際立つように作られてるんですけどこの曲はより音楽と歌詞が聞こえやすいように作られてるかなって思います。

 楽器チームの聞きどころとしては、サビ前に8分音符で「パパパパ」って4音で音階を上げていくところがあるんですが、その音がすごく好きです。そこの小節だけ一気に音が消えて楽器だけの空間になるので、サビが際立つ感じがします。

――「もしも」はどんなシチュエーションで聞いてほしいですか。

杏実この曲は確かに失恋の曲ではあるんですけれども、最後までずっと落ち着いた雰囲気なので、心を落ち着かせたいときとか、夜とか1人のときとかに聞くのもいいんじゃないかなって思います。

聖奈1人称が“僕”なんですが、MVの主人公は女の子なので、どんなシチュエーションでも聞けるのが魅力ですね。また最近色んな方が協力してくださってボーカルチームにイヤモニが導入されるなど環境が良くなってきているんですが、これによって今までできなかった“会場の静寂”を演出として使えるようになったのがすごく大きいなと思います。「もしも」は特にそうした演出が際立つ曲ですし、今まで演奏してきた楽曲もこれまでとは違った伝え方ができるようになったので、本当にうれしいことです。

――さきほどMVのお話が出ましたが、今回のMVにはCANDY TUNE・立花琴未さんが出演されています。別のアイドルグループの方が出演するってかなり珍しい形だと思うのですが、どういった経緯でプロジェクトが進んだのでしょうか。

栞音CANDY TUNEさんとC;ONがすごく仲良くさせていただいていて、ストーリーのイメージに立花琴未さんが合うんじゃないかと思ってお願いしたら快く「やりたい」と言ってくださったので、引き受けていただきました。

 演技とかもあんまりやったことないみたいだったんですが、すごくナチュラルに撮れて、いい作品にしてもらいました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  3. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  4. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  7. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」