子宮頸がん検診に使うブラシは“凶器”? 産婦人科医が真っ向否定&「どうして痛い人がいるのか」の解説が合計930万表示(1/3 ページ)

子宮頸がん検診は定期的に受けましょう。

» 2024年06月28日 19時00分 公開
[川上酒乃ねとらぼ]

 “子宮頸がん検診に使用するブラシは凶器のようなものだ”という投稿がX(Twitter)で拡散されたことを受け、現役産婦人科医である宋美玄(そんみひょん)先生が、実際に検診に使用するサーベックスブラシの柔らかさを確認できる動画を公開しました。この動画は大きな注目を集めており、記事執筆現在までに600万件表示を突破。「子宮頸がん検査は何をされているのか。なぜ痛いのか」の解説動画も投稿し、こちらは334万件表示を超えています。

 Xでたびたび議題にあがる「子宮頸がん検診が気絶するほど痛かった」という体験談。あるX(Twitter)ユーザーが、検診に使用するサーベックスブラシの画像を提示しながら、あたかも“強い痛みがあるのはブラシのせいだ”とする投稿が拡散されました。

 宋先生はこれを受け、「子宮頸がん検診のブラシが凶器だというデマを聞いて」とコメントしながら、実際に検診に使用するブラシの柔らかさを確認できる動画を投稿しています。

子宮頸がん検診のブラシと膣鏡 サーベックスブラシの柔らかさを伝える宋先生

 ブルーの持ち手に白いブラシ部分が付いているサーベックスブラシを手に、自身の手のひらに押し付けたり、指先でブラシ部分に触れたりしながら「やわらかい 優しく細胞を採るよ」「安心して受けてね」とその柔らさかを伝えています。

子宮頸がん検診のブラシと膣鏡 とても柔らかいサーベックスブラシ

 この動画には「こんなに柔らかいブラシだったのですね! 痛みを感じやすい部位だから凶器だって思ってしまう人もいるのかな……」「受けている方の感触としては、棒の強い(固い)綿棒でゴリゴリこすられている感じだったからブラシとは思いもしなかった!」と初めて目にして驚いたという声や「私は『痛み』というよりは『違和感』という感じです。癌になって死ぬよりよっぽどマシなので、毎年必ず受けています」という声が到着。

 他にも、「検診で痛い時とほとんど痛くない時の違いって何でしょう? 一昨年は大丈夫だったけど、今年の検診は痛かった」という質問も寄せられており、これに宋先生は「腟鏡の大きさ、入る方向とか開き方で痛み方は違ったりします」とブラシ挿入前に膣(ちつ)を広げるために使用する腟鏡が痛みの原因である可能性も伝えていました。

 サーベックスブラシ自体はやわらかく痛みを感じづらいものの、それでも検診時に痛みがあるという人の声が多く寄せられたため、宋先生はさらに痛みの原因となりやすい腟鏡について解説する動画も投稿。

子宮頸がん検診のブラシと膣鏡 閉じた状態の腟鏡

 膣鏡は、検診時に入れて開く際に痛みが出ることがあるそうで、痛みを感じやすい人には「腰をなるべく突き出して深呼吸すると力が抜けて痛みはマシになります」とアドバイス。また、サーベックスブラシ使用時は腟鏡を開く際よりも痛みが少ないとしながらも「人によっては血が出ることもある」「怖いサインじゃないです」と説明していました。

子宮頸がん検診のブラシと膣鏡 検診時に腟鏡を中で開くと痛みが出る場合も
子宮頸がん検診のブラシと膣鏡 腟鏡で開きサーベックスブラシを入れて子宮頸部(けいぶ)の細胞を採取するときの再現
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  2. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  3. /nl/articles/2407/22/news048.jpg 宿題にイラつく9歳長男→部屋から出てきたら…… “まさかの気分転換”に「すばらしい」「いずれ大成するでござる」
  4. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. /nl/articles/2407/19/news171.jpg 「なに目指してんねんw」 ギャップが激しい“JAL職員の理想と現実”が160万再生! 「おもろい」「意外すぎ」と反響続々
  6. /nl/articles/2407/19/news096.jpg ママが寝ている横で……? 赤ちゃんによる早朝の“秘密の遊び”に39万いいね「かわいい」「良い子すぎる」
  7. /nl/articles/2407/21/news008.jpg 大雨の直前、迷子の子猫を急きょ保護→家に連れ帰ったら…… 大胆なギャップに「大笑いしました」「これからが楽しみ」
  8. /nl/articles/2407/18/news017.jpg 知っていると一目置かれる“旅館浴衣のキレイな着方”に「これ知りたかった!」「わかりやすい」 一級着付け技能士が解説
  9. /nl/articles/2407/22/news115.jpg 橋本環奈「立ち直れそうにない」トラブルにいたわりの声続出 「絶望感ハンパない」「ほんとに号泣案件」
  10. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」