ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

初音ミク英語版は8月31日発売 「クリエイターが世界で活躍できるパスポートに」初音ミクV3は9月26日リリース(1/2 ページ)

初音ミクV3は日本語版、英語版、その2つを収録したバージョンの3形態をラインアップ。5種類の歌声ライブラリを収録した。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 クリプトン・フューチャー・メディアはVOCALOID 3に対応した初音ミクの新版に関する詳細を発表した。初音ミクV3は3つの形態でリリース。日本語歌声ライブラリを5つ収録した「初音ミクV3」、英語版である「初音ミクV3 English」、その2つを収録した「初音ミクV3バンドル」。この中で英語版のみ8月31日、つまり初音ミクの6回目の誕生日に合わせて全世界でダウンロード販売される。残りの2つは9月26日リリース。

画像

 「初音ミクV3」に収録される歌声ライブラリも決定した。ORIGINAL、SWEET、DARK、SOFT、SOLIDの5種類。LIGHT、VIVIDは外れることとなった。クリプトンのWebサイトでの販売価格1万6800円。初音ミクと初音ミクAppend登録ユーザー向けには優待販売が用意されている。

 「初音ミクV3 English」は日本国内でのパッケージ販売を予定しておらず、価格149ドル。英語日本語バンドル版は2万1000円。

画像

 ボーカルエディタとしては、MacとWindowsの両方に対応したPiapro Studioをバンドル。Piapro StudioはVSTiとして動作。付属するStudio Oneで動作する。また、Mac版はLogic ProやGarageBandの中から利用できるAudioUnitsにもアップデータで対応する。

画像

 いずれのパッケージもDAWであるStudio One APE、さまざまな楽器音源を収録したPreSonusソフト音源、SONICWIREボーナスサンプルが付属する。MacとWindowsの両対応でWindows版にはTiny VOCALOID Editor、MUTANT VSTi も付属する。

 

画像
       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る