ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

寝台特急「あけぼの」来年3月に運行取りやめに

ブルートレインは「北斗星」だけに。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-
advertisement

 JR東日本は12月20日、来年3月のダイヤ改正に伴い、寝台特急「あけぼの」(上野〜青森間)の運行を取り止めると発表した。今後は利用客の多い時期に臨時列車として運転される。

 利用者の減少と車両の老朽化が理由。「あけぼの」がなくなると、ブルートレインは上野から札幌間を運行する「北斗星」だけになる。

あけぼの 来年3月で運行取りやめに

 ダイヤ改正では秋田新幹線が新型車両E6系に統一され、最高速度を300キロから320キロ(宇都宮〜盛岡間)に引き上げることも発表された。今まで「こまち」と「スーパーこまち」の2種類で運転していたが、全列車の高速化に伴い3月からは「こまち」に統一される。

関連キーワード

JRグループ | 新幹線


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る