ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「1月5日午前2時47分に地球が無重力になる」デマ広まる

元ネタは1970年代のエイプリルフールジョークでした。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 1月5日午前2時47分に地球が無重力になる――こんなデマがネットに広がりました。

 元になったのは海外のニュースサイトで、NASA(米航空宇宙局)が「惑星直列により重力が変動し、短い間無重力を感じられる」とTwitterに投稿したとする画像を掲載。さらに天文学者のパトリック・ムーア氏の、木星・冥王星重力効果のために地球が実質無重力になるというコメントを掲載しています。


NASAのツイートが掲載されているが、実際にはこのような投稿はない

 しかしNASAのTwitterアカウントには実際にはこのような投稿はありません。さらにパトリック・ムーア氏のコメントは、同氏が1976年にエイプリルフールのジョークとして英国のラジオで語ったもの。このとき同氏はリスナーに、ジャンプして無重力を体験してほしいと呼びかけ、ラジオ局には「重力が減ったのを感じた」という電話が多数あったそうです。

 デマと気づいた人もいましたが、午前2時47分にジャンプしてみたという人も見られ、信じていた人も少なからずいたようです。


Yahoo!のリアルタイム検索。午前2時過ぎに「無重力」の投稿が急増している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る