ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「車いすが健常者・二足歩行が障害者」の世界が体験できるレストランに行ってきた もう理不尽すぎて泣きたい (1/2)

こんな社会だったら、私、引きこもってしまうかも……。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 もしも二足歩行者がマイノリティーだったら――そんな車いすユーザーが多数になった社会を疑似体験できるレストランに行ってきました。自分の足で歩ける人は、このレストランに入店した途端に障害者として扱われます。筆者はあまりにも胸苦しくて、途中で泣きたくなりました。どんな体験だったのか、レポートしていきましょう。


バリアフルレストラン入口の写真 バリアフルレストランへようこそ!

 まず、入店前に「車いすユーザーが暮らしやすい環境とは?」を考え、記入するよう促されます。あとで役に立つので、みなさんもここでいくつか考えてみてください。筆者は「段差がない」「商品棚が低い」……などなどを紙に記入しました。

筆者が考えた「車いすユーザーが暮らしやすい環境とは?」 「車いすユーザーが暮らしやすい環境とは?」をみんなも考えてみよう

 そして、レストランに入店します。レストランのオーナーを務めるのは車いすYouTuberの寺田ユースケさん。「いらっしゃいませー」と出迎えてくれます。ところが入口が低い。二足歩行者はかがまないと入店できません。もう少し高くしてくれればいいのに……と思いますが、車いすユーザーが多数の世界では、これがオシャレで流行ってるとか、天井を高くするとコストがかかるとかで、きっと高くする理由がないのでしょう。

 屈んで入店しようとすると、オーナーに「介助者の方はいないんですか?」と聞かれました。反応に困っていると、オーナーはけげんそうな顔をします。そして店内に案内されました。

狭い入口をかがんで入る人 かがまないと入店できない

 店内の天井の高さは170センチ。身長が低い筆者は気になりませんが、背が高い方は大変そうで、背中を常に丸めています。頭をぶつける危険がある人には、ヘルメットや車いすを貸し出していました。

 料理はビッフェスタイル。腰くらいの高さのテーブルに料理が置かれています。全てが車いすユーザーにピッタリな規格。座席にイスはなく、二足歩行者は立食です。「食器を持ち上げてはいけない」という謎ルールもあるので、背が高い人は腰をかがめて食べていて、本当に大変そうでした。

バリアフルレストラン店内の様子 天井は低く、イスがない

かがみながら食事をしている人 背が高い人は窮屈そうだった

食べ物が並んでいる様子 食事の提供は、ビュッフェスタイル

ビュッフェの前の寺田さん テーブルの高さも車いす仕様

かがんで食事をする人 食事をするにも一苦労

 車いすの人は車輪を漕ぐときに手が汚れるため、テーブルにはアルコールスプレーとおしぼり2枚が置いてあります。車いすの人が、普段困るのはドリンクバーなんだそうです。フタがないドリンクを車いすにセットして運ぶとこぼれてしまいます。ですので、バリアフルレストランではフタができるコップが標準になっていました。

車いすのドリンクホルダー 車いすユーザーはドリンクをホルダーに入れて運ぶ

フタがスライドできるコップ フタができるコップが使われている

配膳の様子 車いすユーザーは手が汚れるのでおしぼりが2枚ある

 筆者の個人の感想でいえば、天井やテーブルが低いといったハード面は受け入れられるものでした。イスがないのが標準な社会なら、折りたたみ椅子を持ち歩けばいいと思いましたし、筆者は身長が低いのでテーブルが低いのなんて普段の生活よりも使いやすかったくらいです。立ち食いそば屋の高いテーブルより、こっちのがマシと思うくらい。けれども、なんともしがたいと感じたのは人の対応でした。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る