ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

スギ花粉 そろそろ飛散ピーク突入か

つらい時期に突入。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-
Tenki.jp

 24日(月)は多くの所で穏やかに晴れるでしょう。スギ花粉の飛散ピークに入る地点は2月下旬が多くなる見通しです。ご注意下さい。


西〜東日本中心に青空


 24日(月)は、冬型の気圧配置が緩んで、南から次第に高気圧に覆われる見込みです。沖縄と九州から関東、北陸にかけて、日中は広い範囲で晴れるでしょう。風もきょうほど強まることはなく、3連休最終日は穏やかな天気の所が多くなりそうです。東北と北海道は日本海側を中心に雲がかかり、次第に降り方が弱まりますが、雪や雨の所があるでしょう。北海道では朝にかけてふぶく所がありそうです。

 朝は内陸を中心にきょう23日より冷えるでしょう。大阪や名古屋、高知では霜が降りるくらいです。早い時間からのお出かけは、真冬のコートが必要になりそうです。

 最高気温は全国的に平年より高く、3月から4月並みでしょう。九州から関東にかけては13度から16度くらいの予想です。風が比較的穏やかなので、昼間は寒さが和らいで日差しも暖かく感じられるでしょう。多くの所で朝と昼間の気温の差が10度以上ひらきますので、寒暖の差で体調を崩さないよう注意して下さい。


花粉対策忘れずに


 きのう22日から全国的に風が強まっていて、九州から関東を中心に広い範囲でスギ花粉が飛んでいます。人によっては、外にでると目が強烈にかゆくなるなどの症状が出ていて、「今年もこのつらい花粉症の季節がやってきたか」と、実感するくらいです。

 あすも西日本や東日本ではスギ花粉が飛んで、九州や四国から関東にかけては「非常に多い」所もありそうです。短い時間のお出かけでも、マスクなど、対策グッズを忘れずにご用意下さい。


辛い時期に突入


 福岡から東京にかけてはこの先、ほとんどの日が「多い」または「非常に多い」となっています。日本気象協会が発表した春の花粉飛散予測(第4報)では2月下旬はスギ花粉の飛散ピークに入る地点が多くなると予想しています。これから花粉症の方にとっては辛い時期に突入していきますので、花粉に負けないように万全な対策を心がけて下さい。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

ページトップに戻る